動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

乗り遅れるな!中堅・中小企業こそ動画広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画広告の幕開けと言われる昨今、中堅・中小企業の経営者、マーケティング担当者はどのように感じていらっしゃるだろうか。

もしかすると、潤沢な資産を持つ大企業の特権だと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。今回のテーマは「中堅・中小企業こそ動画広告」と題して、その動向、事例について紹介いたします。

 

1、動画広告の市場の動向

ご承知の通り、スマートフォンやソーシャルメディアの普及により、急速に動画広告市場は拡大しています。オンラインビデオ総研とデジタルインファクトの共同市場調査では、以下の結果が出ています。

スマートフォン動画広告需要は前年対比2倍の成長を遂げ、動画広告市場全体の約7割に到達。2022年には2,918億円に達し、うちスマートフォン比率は約84%を占めると予測。※1

s_図1引用:サイバーエージェント、国内動画広告の市場調査を実施

 

このように日本国内の動画広告市場が盛り上がりをみせておりますが、動画広告のパイオニアである、アメリカの企業、その中でも中堅・中小企業はこの動向をどのように捉えているのでしょうか。

 

2、アメリカの中堅・中小企業が抱く動画広告への期待

magistoが実施した調査では、以下のデータが分かっています。

いくつか抜粋して紹介いたします。※2

 

①中堅・中小企業の85%が動画の活用に前向き

「現在動画を活用している」「近い将来活用する意向がある」と回答した割合が85%に達しています。

 

②ミレニアル世代のマーケターはブランディング動画を取り入れている

中堅・中小企業に在籍するミレニアル世代(1980年〜2000年世代)の58%が拡散性の高いブランディング動画を取り入れています。一方、ベビーブーマー世代(1950〜1960年世代)は従来の商品紹介動画を多く活用している傾向があります。

s_図2

以上のような関心度の高さが物語るように、2016年3月の1ヶ月間でFacebookに動画を投稿した中堅・中小企業は200万社に達しているというデータもあります。

 

では一体彼らは、どういった動画コンテンツを制作、配信しているのでしょうか。その内訳を見ていきましょう。

 

下記の通り、ハウツー動画やナレッジを提供する動画(hou-to/educational)が50%と大きな割合を示しています。

ついで多いのが、従来からの商品サービス紹介動画(product service/overview)です。ハウツーやナレッジを提供する動画が多い傾向としては、前回の記事でも述べた、「宣伝色が強すぎるプッシュ型コンテンツは購買意欲を下げてしまう」ことが要因なのかもしれません。※3

 

s_図3

 

3、日本の中堅・中小企業における動画活用事例

①株式会社グッデイ

九州地方にホームセンターを展開する株式会社グッデイの動画活用事例です。

グッデイのyoutubeチャンネルには、DIYノウハウ動画が格納されております。まさにアメリカの中堅・中小企業が実践している通りのハウツー動画です。

s_図4

https://www.youtube.com/channel/UC4XMgG-mQIyj75AQvO0OHPg

 

「かんたん網戸張り替え講座」

s_図5

https://www.youtube.com/watch?v=Dbv0Tvt3vEk&index=5&list=PL23CE0E2F876E408C

 

九州出身の方ならお馴染みの「グッデイならできる♪」という掛け声から動画がスタートします。その後、社員の方が登場し、網戸張り替えの手順が流れていきます。張り替えの過程で登場する器具は、グッデイで全て揃いそうですが途中で宣伝をすることはありません。スムーズな作業にみとれている間に、無事に網戸の張り替えが完了します。

 

こういった動画で、潜在客、見込客をナーチャリングすることで、網戸張り替えの時期に思い出していただき購買に繋がりそうです。

 

②二宮祥平ホワイトベース

東京武蔵村山市に店舗を構えるバイクショップの事例です。

こちらのyoutubeチャンネルには、バイクの紹介は勿論、教習で役立てて欲しい豆知識、自分でできる簡単な整備等、バイク乗りの方なら気になる情報が溢れています。

s_図6

https://www.youtube.com/channel/UC0mhOaiTObQ9hsCIBQM7Hnw

 

「初めてのクラッチの繋ぎ方」

s_図7

https://www.youtube.com/watch?v=hSFBk7eUukw

 

こちらの動画も宣伝色は一切なしです。

発進時にエンストしない方法を徹底的に学べます。

免許取得中の方がこの動画でトレーニングをして、免許取得直後のツーリングでこのバイクショップに立ち寄る、そしてちょっとしたパーツを購入していくといったようなこともありそうです。

 

4、まとめ

今後動画市場が拡大していく中で、自社にどう動画広告を組み込んでいくのか、今回ご紹介したような中堅・中小企業の事例を参考にしながら、スモールスタートで始められるのも良いのではないでしょうか。

 

参考

※1 サイバーエージェント 「国内動画広告の市場調査を実施」

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=12795

※2 magisto 「Unlocking The Most Powerful Shift In SMB Marketing

https://blog.magisto.com/wp-content/uploads/2016/05/Magisto_SMB_Survey_Report_FINAL.pdf?utm_medium=pr&utm_source=104w&utm_campaign=mg_smbsurvey

※3 G000D 「「お客様の声」動画を作成する際の5つの流儀」

http://goood-b.jp/goood_blog/2675

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ