動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

相性抜群!?360度動画と賃貸物件のプロモーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手動画共有サイトYouTubeが360度動画に対応して以降、様々なジャンルで360度動画が投稿され話題となっています。これからもさらに勢いを増していくであろう360度動画ですが、従来の一般的な動画と比べどのような特長があるのでしょうか。

 

360度動画の2つのメリットとは?

360度動画の主な特長としては、次の2つのポイントが挙げられます。

 

1.360度全方向で見たいところを見れる

360度動画が従来の一般的な動画と決定的に違うのはこの点でしょう。撮影者ではなく、視聴者の意思でアングルを自由に変更でき、見たい方向、見たい部分を好きなだけ見ることができます。ちなみに横方向の360度だけでなく、上下方向にも画面を動かせるので、動画をまさに立体的に視聴できるようになっています。

 

2.視聴者維持率の向上を期待できる

視聴者が画面を自由に操作できるという点で遊び心のある360度動画は、動画の視聴者維持率の向上を期待できます。YouTubeでは、視聴者がより長い時間再生した動画が検索結果において上位表示されやすいといわれていますし、また、サイトへ埋め込めば、360度動画によってそのサイトにより長く滞在してもらえる可能性があるため、360度動画はSEOにも効果的といえそうです。

 

360度動画と賃貸物件の相性

周囲の全てが映ってしまう360度動画においては、従来の一般的な動画のような演出は難しい部分があります。さらにスタッフは邪魔にならぬよう隠れなければならず、照明を含め機材も出してはおけないという制約も。

 

しかし賃貸物件を紹介するにあたり大切なのは、その物件のありのままを見せることです。もともと演出などは必要でなく、スタッフもごく少人数な場合が多いのでほとんど映像の邪魔にはなりません。そして何より、室内の景観を余すところ無く見せられるという点で360度動画は賃貸物件のプロモーションにおいて相性が抜群といえます。

 

実際、既に現在YouTubeには、物件紹介というジャンルにおいても多数の360度動画が投稿されています。

 

賃貸物件紹介の360度動画実例

360度動画で実際に賃貸物件を紹介するとどのような感じになるのか、また、どのように撮影されているのか、Webに上げられている実例を見てみましょう。

 

▼自撮り棒で撮影した360度動画

こちらは自撮り棒を使って撮影しています。スタッフは1人のみ。自撮り棒なのでそのスタッフもそれほど映像の邪魔にならず、どのシーンでもほぼ部屋の全景が見渡せます。

 

▼スタッフが1人も映ってない360度動画

続いては、人が誰も映っていない360度動画です。比較的に高い位置から撮影されているところを見ると、どうやら頭の上にカメラを乗せているようですね。物件のみに集中して見ることができる動画です。

 

▼静止画を編集し360度動画に

360度静止画をスライドショーにしたこんな動画もあります。静止画といっても全方向なので、普通に写真を撮ったら超膨大な枚数になるほどの情報量です。上下左右360度、遮るものがなく見放題。

 

360度動画は物件紹介のスタンダードになる?

360度動画の場合、不動産業者が意図したアングルや見せ方で見せられるのではなく、その物件に興味のある視聴者が自分で画面を操作し見たい部分を見ることができるので、実際に下見に行ってみたらイメージと全然違った、なんてことも少なくなるかもしれません。

 

対応のカメラさえ用意すれば意外に手軽に撮影でき、また、視聴者も簡単に画面を操作できるということから、360度動画が今後の不動産業界のスタンダードになる可能性は充分にあり得るでしょう。

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ