動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

マンガは1分間の情報量が2000字!「マンガ×動画×広告」で最強PR

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ動画マーケティングとは

マンガ動画マーケティングとは、動画という媒体を使って広告等のマンガを作成し、発信するものです。下の表をご覧下さい。この表は『人間の脳が1分間に処理出来る情報量』を4つの行動を比較して数値化したものです。書く、話す、読むの3つに比べて、マンガは1分間の情報量が2000字となっており、最も量が多いことが分かります。

 

<人間の脳が1分間に処理出来る情報量>

図1
※1

 

これはなぜでしょうか。それは、マンガは左右の脳を使って情報処理をするからです。人間は左脳で言語解析を行い、右脳で画像解析や空間把握を行います。マンガはこの人間の2つの脳を上手く活用させることが出来るので、人間に伝えるのに優れたコンテンツということになるのです。

 

一方、動画は近年デバイスの多様化が進んだことによるユーザーの視聴時間の増加や、SNS上で拡散されやすいことから世の中の人の目に留まりやすくなっています。この2つを掛け合わせたらどうなるでしょうか。人間に伝えるのに効率的なコンテンツであるマンガを世の中の目に留まりやすい動画を通して作成したら、より多くの人に確実に伝えることが出来るようになります。そこで生まれたのが「マンガ動画マーケティング」です。

 

マンガ動画マーケティングの効果

皆さんが動画を作成する上で気にする点は何でしょうか。おそらく「どうすればより多くの人に見てもらえるだろうか。」「どのようにしたら考えていることがきちんと伝えられるだろうか。」といったものではないでしょうか。このような場合に、マンガによる動画の使用はとても効果的です。マンガ動画マーケティングの活用効果として以下の3点上げられます。

 

世代関係なく顧客を楽しませる

現在、私達が手にすることが出来るマンガは子供向けのものばかりでしょうか。そんなことはありません。本来なら子供向けのコミックであるはずの「少年ジャンプ」ですら多くの大人が虜になり読んでいることでしょう。それ以外にも大人向けに作成されたコミック版のビジネス本も最近では販売されています。これらはマンガが年齢・性別・職種関係なく、人を魅了させることが出来るということを表しています。

 

複雑な内容でも読みやすく分かりやすく伝える

マンガは人に文字を読ませるのではなく、見せることが出来ます。映像があることにより、難しいことでも目で見て分かるようになっています。また、マンガによる動画はアニメーションとは異なり、登場人物の台詞としてアニメーション以上に文字を端的に使用するため、見ている人の心により響きやすくなっています。

 

見た人にインパクトを与え記憶に残す

文字が並べられた動画や一般的なアニメーションに比べ、文字数も少なくイラストのクオリティもアニメーション以上に高いことが多いため、見ている人は自然と先を読もうという意欲が生まれてきます。

 

その他にもマンガ動画マーケティングは、外国人の顧客に対しても大きな効果を発揮します。世界では日本のマンガは大人気です。そのため、マンガによる動画は海外市場ではとても効果的であり、特に10代~20代から高い注目を集めることが出来ます。

 

 

過去の事例

それではここで実際にマンガ動画マーケティングを活用した3つの例を紹介します。

 

▼株式会社フォーサイト「通信教育サービス」プロモーション動画

 

▼株式会社サカタ製作所「金属ネジの錆取りソケット」商品説明動画

 

▼ホシデン株式会社「アジア地域でのUSB端子携帯電話充電器」商品説明動画

 

上の動画を皆さんは最後までご覧になったでしょうか。おそらく、見入ってしまって気付いたら終わってしまったという方が多数いらっしゃったのではないでしょうか。また、その他の方も難しい説明が延々と記述されている案内書より断然分かりやすいと思われたのではないでしょうか。

 

この様な人を惹きつけるマンガの効果は、下記の1つの企業様の実績をご覧になってもご理解頂けるのではないでしょうか。また、この下記の表はマンガ広告による効果の数値であるため、マンガ動画マーケティングではより効果が上がると考えられます。

 

 

今後の可能性について

現在、動画を再生する「端末」やその中で実現出来る「表現」を意識して作成されたコンテンツはほとんどありません。多くの動画が世の中に放たれている中で、今後動画は、アイデアやクリエイティブさ等の動画自体のクオリティが問われるようになり、またモバイルやタブレットの端末に最適化された動画が必要とされ始めています。その様な状況の中でマンガ動画マーケティングは、これらを満たすものとして今後より一層注目を集める様になるでしょう。

 

参考資料

※1 引用:山口 弘明「説得工学」
株式会社シンフィールド
ランサーズ株式会社 SHAREBIZ
MANGAnimation(マンガニメーション)
株式会社コミックアニメーション コミックアニメーションとは  
Invodo VIDEO STATISTICS : The Marketer’s Summary 2014
グローバルデザイン株式会社Webマンガソリューション
株式会社 オッヂピクチャーズ 

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ