動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

モバイル全画面広告サービス「Canvas」をFacebookが提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBマーケティングの世界では着実に動画広告がメインのコンテンツへとの成長してきています。特に最近注目を浴びているのはFacebookです。先日動画配信(詳しくはこちら記事)をはじめたばかりですが、矢継ぎ早に次のサービスをローンチしました。

 

Facebookがリッチメディアの全画面広告「Canvas」を正式ローンチ
その名も「Cancas」という広告主向けの動画制作サービスです。

 

スクリーンショット 2016-03-26 23.39.26

広告主はこのサービスを利用すれば、ユーザーがFacebookを閲覧中であっても、Facebookから離脱することなく、全画面での動画広告が表示されるようになります。

 

スクリーンショット 2016-03-26 23.54.47スクリーンショット 2016-03-26 23.54.58スクリーンショット 2016-03-26 23.55.11

従来はこのような動画再生は、画面から一旦離脱するために敬遠されがちだったのですが、Canvasでは、Facebook立ち上げ時にデータを読み込むことで、一般的なモバイルWebの読み込みより10倍速くコンテンツを表示することができます。ユーザーを待たせることなく、より強く商品やサービスに引きつけることができるように工夫がされています。

 

FacebookによるとCanvasの初期テストでは、ユーザーは広告を見たい、体験したいと考えていることが示されたという。Canvas広告を開いた53%のユーザーは少なくとも広告の半分以上を閲覧し、平均視聴時間は驚きの31秒だった。一番のCanvas広告はユーザー毎70秒以上の視聴があったという。

 

Googleが切り開いたAdSenseやAdWordsのようなネット広告。それは莫大な利益を生みだしGoogleは大成功を収めてきました。しかしスマホの世界規模の普及により、その流れは確実に変わってきています。

 

現在その最先端を行こうとしているのは間違いなくこのFacebookです。次の時代の広告は、動画広告で成功を収める企業がネット広告の王者になるのではないでしょうか。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ