動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

伝えたいことはシンプルに。今注目の『ハンドクラフト動画』

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が伝えたいことをお客様に動画を通して完璧に伝えきるというのは、凄く難しいことです。しかし、全てのお客様に直接説明出来る機会を作るということもまた難しいものです。
この様な状況では、いかにシンプルに分かりやすくお客様に伝えられるかが大切になります。そこで、現在多くの企業が利用し、多くの人がサービスを探すうえで見ているのが、『ハンドクラフト動画』です。

この記事の読了時間 5

 

ハンドクラフト動画とは

『ハンドクラフト動画』は、手作りの素材で作る動画の手法で、アメリカやヨーロッパ等でとても人気のスタイルです。
具体的には、以下の動画の様に、絵や文字を書いた紙を動かし、ペンや手を使って補足しながら説明していきます。

 

*参照:株式会社フリーウェイジャパン

 

『ハンドクラフト動画』を考え出したのは、Lee LeFever(リー・ラファーバー)さんという男性です。
彼は2007年にこの『ハンドクラフト動画』を活かしたコモンクラフトという映像制作会社を設立しました。

 

ハンドクラフト動画の人気はどこから来るのか

元々『ハンドクラフト動画』がここまでの人気を得る大きなキッカケとなった事柄の一つとしては、DropBoxやGoogleが説明動画にハンドクラフトを使用して動画を作成したことが挙げられます。

*参照:Dropbox Intro Video

 

『ハンドクラフト動画』が多くの企業の説明動画に使用されている理由としては、「無駄なものがない」という点でしょう。『ハンドクラフト』の特徴として3つ説明したいと思います。

 

シンプルさを押し出す事で、本当に伝えたいサービス・狙いを目立たせる。

手作り感がライトな雰囲気を作り出し、心理的障壁を下げることが出来る。

ゆっくりと絵を動かしながら説明が出来るので、複雑なことでも理解がしやすい。

この様な特徴から、どんな業界の商品でもこの動画の特徴を活かして活用することが出来ます。

 

『ハンドクラフト動画』の活用方法

ここまで説明してきた様に『ハンドクラフト動画』は、分かりやすく簡潔に説明することが出来る為、商品の説明の際には最適です。 しかし、その他にもこの動画スタイルの活用方法は存在します。それは、「海外のサービスの発掘」や「海外ユーザーの発掘」です。
『ハンドクラフト動画』には、各国の特徴が存在するわけではなく、世界中に通用する分かりやすさがあります。映像の中に言語が沢山出てくるシーンも無いため、イラストから人は物事を理解することが出来るのです。その為、日本の人々は自分達が真に必要な海外のサービスを吟味することが出来ますし、日本のサービスを必要とされている海外のお客様も簡単にサービスを理解することが出来ます。
このことから、『ハンドクラフト動画』は海外進出にも役立つ動画スタイルということになります。

 

最後に

『ハンドクラフト動画』は、現段階で多くの企業が商品説明動画として使用しています。しかし、いくら簡単で分かりやすい動画を作ったところで、見てくれる人がいなければ、その動画は企業に効果をもたらすことは出来ません。
今後、何かを知るために動画を見るという行動が習慣化することで、これらのB to B向けの動画スタイルはより飛躍していくのではないかと思います。

 

参考

NEVERまとめ「世界中で流行中!ハンドクラフト動画って?」
https://matome.naver.jp/odai/2143806913579503801

わかりやすく説明する動画サービス CraftClip
http://craftclip.jp/

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ