動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

【動画クリエーター必見】デザインに困らない、オススメの配色ツール21選

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは日々、視覚で好みを判断したり、イメージを決めたりするのではないでしょうか。

視覚で判断する際、重要になってくるのがデザインと配色です。

今回は、HPや動画制作する際に使える配色ツールをご紹介致します。

Adobe color


https://color.adobe.com/ja/create/color-wheel/

Adobe colorはAdobe製のオンラインカラースキーマで、カラーテーマを作成したり他の人が作ったカラーテーマを見ることができます。また、写真から色を抽出する事もできます。

 

Color Hexa


http://www.colorhexa.com/

Color Hexaは、指定した色の補完、類似、トライアディック、テトラダイまたはモノクロのカラースキームなどを出してくれます。また、指定したい色の構成まで出してくれます。

 

Color Scheme Designer3

http://paletton.com/#uid=35f0O0kl1Wx1x+IcEXDsUWkWEVB

Color Scheme Designer3はWEBサイトの配色を決めてくれます。また、その色を作ったWEBサイトのデモ画面まで表示してくれるのでサイト制作時に色の使い方に困ることもありません。

 

color hailpixel


https://color.hailpixel.com/#

color hailpixelは自ら直感的に配色ができるソフトです。

画面いっぱい色が変わるのでそれを見ながら組み合わせる色を追加していくことができます。色の指定はカーソルを動かす事でできます。

 

Material Palette


https://www.materialpalette.com/

自分でカラーパレットを作れるサイトです。メインとなる色とアクセント色の2色を選ぶだけで、そのほか活用できる色もパレットとして提案してくれます。

 

0 to 255


http://www.0to255.com/

0 to 255は指定した色のグラデーションをすぐ確認できるサイトです。

こちらを利用する事で統一感のあるデザインができると思います。

 

HUE/360


http://hue360.herokuapp.com/

ワンクリックでベストな配色を教えてくれるソフトです。Brightnessで明るさ設定をし、カラーホールからメインとなる色の決め、それにあった色がカラーホールに残るのでそこから更に色を追加下さい。シンプルですが使いやすいツールです。

 

Browse Palettes

http://www.colourlovers.com/palettes/most-loved/all-time/grid

Browse Palettesはお気に入りのカラーパレットを探せるサイトです。ほかの人が作ったカラーパレットを見ながら自分自身のアイディアを刺激する事ができます。

 

Color Hunt

http://colorhunt.co/

数多くのカラーパレットがあるサイトです。色の組み合わせに困った際や、いつもと違うデザインにしたい時など参考になりそうです。気に入ったものにはイイネを付ける事ができます。

 

LOL COLORS

https://www.webdesignrankings.com/resources/lolcolors/

4色のカラーパレットを紹介してくれるサイトです。メインカラーのほか、アクセント色を

3色組み合わせてくれます。色の部分にカーソルを動かすとカラーコードも出てきます。

パレットも雫のようなデザインでかわいいです。

 

COLORION


https://www.colorion.co/

こちらもカラーパレットを提案してくれるサイトです。自分でメインの色を決め、それにあったパレットを紹介してくれます。色を指定しなくても、人気のパレットをみることもできます。

 

color hunter


http://www.colorhunter.com/

写真から、色を抽出できるサイトです。直感で気に入った写真がどういった色の構成でできているのかを知ることができます。また自動的にカラーパレットを作成してくれるので写真に合わせてカラーも構成できます。

 

ColorFavs


http://www.colorfavs.com/

こちらも好きな画像やサイトのURLから5色の色を抽出してくれるサイトとなります。イラストや写真、サイトなどから色を抽出したい!参考にしたい!という方にはオススメです。また、色合いなどを指定しランダムにカラーパレットを作成する事もできます。

 

Web Colour Data


http://webcolourdata.com/

気に入ったサイトの配色を抽出してくれるサイトになります。おしゃれなサイトを見つけた際、こちらを使うことで配色の参考になりそうです。TOPページには有名なサイトのカラー構成を参考に作ったカラーパレットもあります。

 

Hexu.al


http://hexu.al/

カラーコードを意味のある単語に置き換えたサイトです。ロゴ背景のストライプの色を選ぶとカラーコードまでわかるので、直感的に好きな色を見つけやすいですね。

 

Bada55


http://bada55.io/

様々な色の名前を掲載しており、一覧で見ることができるサービスです。色に迷ったとき、いつもと違う色を使いたい時、色の種類を知りたい時、使えるかと思います。

 

日本の伝統色


http://nipponcolors.com/#kikujin

日本の伝統色が一覧ででてきます。その色の構成や色コードも出てきますのでそれを利用して、伝統的なデザインを作成する事ができます。和テイストで制作したい際にぜひ参考にしてみてください。

 

色の名前と色見本(和の色)


http://irononamae.web.fc2.com/colorlist/wa.html

色の名前と色見本が一覧になっています。和の色・日本の色をまとめてくれています。また、他国の言語でも色を表現しているので外国の方でもご利用頂けると思います。

 

HTML CLOUR CODE


http://html-color-codes.info/japanese/

HTMLカラーコードは、HTML のカラーを探すためのツールです。 HTMLカラーチャートとHTMLカラーピッカーは、色探しの作業を手軽にしてくれます。

 

uiGradients


https://uigradients.com/#MasterCard

美しいグラデーションをまとめたサイトです。左上のボタンからすべてのグラデーションを見る事ができます。インスピレーションの向上に役立ちそうです。

 

COLOURCORE


http://www.colourco.de/

カーソルを動かす事で、色を変える事ができます。スクロールすることで彩度の変更も可能です。また、メインの色を決めるとその色にあったカラーパレットも提案してくれます。直感で作成する事もできますし、パレットづくりの提案もしてくれるツールです。

 

まとめ

いくつかの配色ツールをご紹介してきました。

自分でカラーパレットを作れるものから、参考になりそうなカラーパレットを紹介してくれているサイト、また写真やサイトからカラーパレットを抽出できるサイトなど…。

デザインを考える際に、使えそうなツールばかりです。こういったサイトを使うことで、インスピレーションを感じ、オリジナルのデザインを生み出してみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ