動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

【映像の可能性】今、注目のアニメーション作家さん

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続きアニメーション作家さんを紹介しながら、映像の可能性を考えていきます。

 

水江未来 さん

 

ノンナラティブアニメーション

ナラティブの作品には物語がありますが、ノンナラティブには物語がありません。意味は持たせず動く映像。海外にもそういった作品は多数ありますが、水江さんのノンナラティブアニメーションはエンターテイメントとして制作しているそうです!

 

動いているものがどんどん増えて、色もカラフルになり、物語がなくとも、見ている受け手の気持ちや、テンションをどんどん上げていきます。画面中が動いている光景は圧巻です…!今後もアニメーションの可能性を先立って広げていく水江さん活動から目が離せません!

 

デコボーカル さん

 

手書きアニメーション

上甲トモヨシさんと一瀬皓コさんによるユニットで制作させれています。色彩豊かで、キャラクターも愛らしく、子供達と一緒によく拝見しています。世界観の描き方がとても素敵で、愛らしいものは更に愛らしく、神秘的なものはより神秘的に見せるカメラワークと動かすものの強弱が見る人の心を鷲掴みします。

 

手描きアニメーションでここまでの疾走感や安定感を感じることができるのは、お二人の得意分野が分かれているからだそうです。上甲さんは「中割」が得意だそうで、丁寧で滑らかな動画を描くそうです。これが見ている人に安心感安定感を与えます。一瀬さんは「送り描き」を得意で、リズミカルでダイナミックなアニメーションを描くそうです。

 

勢いがあるスカッとした感覚を与えるのも納得です。お二人のいいところ尽くしのアニメーションは本当に高いクオリティーと感性が詰まっていると思います。子供番組でも活躍されているお二人の作品は子供達の感性を刺激し、日本人の感性を育てていくのだと思います。

 

若見ありさ さん

≪chorus≫

砂絵アニメーション

私が大学時代にお世話になった助手さんの若見さん。テレビ番組のエンディングアニメーションやタイトルブリッジ等のアニメーションも制作しています。作品制作以外にこども向けのワークショップを行っていおり、在学中ご一緒させてもらっていました。近年は主にガラス台を使用した叙情的な砂絵アニメーションを制作し発表しています。

 

新作
「Birth-つむぐいのち- 女性監督によるアニメーション上映と展示」

冒頭の新幹線の車窓のシーンで、一気に物語に入り込みます。その後も時間経過とともに、物語にドンドン引き込まれていく感覚があり、カットが変わる瞬間の動きがとってもおもしろく、合間合間も全く飽きることがなく、”砂を使ったアニメーションをみているんだ”という感覚を感じさせません。
色も単色なはずなのに、様々な色彩を感じることができるのは、シーンによって砂の種類を変えているそうです!

 

アニメーションの素材として、砂を選んだ理由を直接伺うことができました。

 

「アニメーションは様々な技法がありどれも楽しいのですが砂をつかったアニメーションは情緒的な表現やメタモルフォーゼ(変形)を得意としているので自分が描くテーマと合う事が多く、頭にあるイメージそのままアウトプットできるので選ぶ事が多いです。ドローイングや切り絵などは制作し撮影した現物が残るのですが、砂絵はなにも残りません。そういう部分も人が産まれて生きてやがて灰や砂になる。という儚さを感じそれも魅力です。」

 

生命を描くときにその素材自体も儚く止まることのない砂を使用していることに大きな意味を感じます。

 

最後にアニメーションについて、アニメーションのあり方についての若見さんの考えを伺いました。

「アニメーションのもつ豊かさ、奥深さ、創造性を存分に引き出す事が出来ればいいなぁといつも思っています。そして様々な人が様々なバックグラウンドを持ち様々な問題を抱えて同じ町に生きている現代のような複雑な世の中でこそ、芸術の役割は大きいものだと思います。」

とても感性を突き動かされるお話を伺うことができました。

 

若見さんありがとうございました!

 

様々なアニメーション表現がある中で、自分が表現したいものをどんな表現の仕方を選ぶか。
アニメーションの歴史はまだ浅いのですが、その分、新しい可能性と、人々を突き動かす力を持っていると思います。

 

日本のアニメーション作家の方々は皆さん個性と実力を兼ね備え、日々新しい何かを求め、そして挑戦していっています。

 

今後もアニメーションのあり方は大きく変わっていくと思いますし、その波を尊敬するアニメーション作家の皆さんと、私自身も精進し作っていこうと思います。

 

いかがでしたでしょうか。日々の生活にもっと溶け込んでいき、様々な可能性を広げていくであろうアニメーションという表現についてお話しさせていただきました。この記事をご覧くださっている方々の何かの参考やいとぐちになれれば嬉しいです。

 

 
site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ