動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

カメラを売りたい?だったらをそのカメラで撮影した写真や動画で魅せなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに告白します。この文章を書いている私は大のGoProファンです。

 

GoProを知ったきっかけはもともとアウトドアスポーツ(主にスキー、登山、自転車)が大好きで、一緒にそのスポーツを楽し友人がGoProを使い始めたことががきっかけです。

 

GoProは、基本的には自撮り専用に設計されています。iPhoneやデジカメで何でも撮れてしまう現在の状況では、その良さはなかなか伝わらないのですが、例えばスポーツをしている自分を撮った時などは、今まで見たことのない映像が撮れます。そう、今まで見たことのない映像です。

 

自分がそのスポーツをしている時に見えている映像を撮影すること自体はiPhoneやデジカメでも撮れます。しかし実を言うとGoProは、自分の見ている映像以上に視界が広くかつ美しく映し出されているのです。それが今まで見たことのない映像です。

 

 

それに気づいてしまうと、GoProなしには考えられません。スポーツをする時は必ず携帯したくなります。だって、自分が思う以上にかっこいい映像が撮れてしまう可能性があるので。

 

さらに、GoProにはさらなる魔力があります。そのかっこいい映像が、自分のものだけでなく、WEB上で常に更新されているのです。自分と同じカメラ、同じスポーツをしている人の映像が必ずあって、それらでテンションが上がります。「オレもそんな映像撮りてー」と。

 

s_1

https://jp.gopro.com/channel/video-of-the-day

 

 

そのスポーツをしている人であれば必ず惹きつけられるであろう映像が揃っています。

 

そして、これらは最大の宣伝材料となりうります。GoProがスペックや使用方法の簡単さを文字でいくら説明するよりも、その映像そのものを見せてしまえば、その製品が何か?ということを雄弁に語ってくれているのです。まさに、百聞は一見に如かずです。

 

他のカメラメーカーでこのようにユーザー目線で映像を毎日更新しているサイトはほとんどありません。多くのメーカーは、ハウツー系の動画になっていて、毎日更新もされていません。実際、アクションカメラは従来のカメラの機能を絞っただけのコモディティ化しやすい製品です。

 

しかし、このように既存ユーザーへのブランディングを続けることを忘れないGoProには、現在すでに世界中にヘビーユーザーがいますので、現在、経営的には苦境に立たされていると言われていますが、私はやはり勝ち抜いていくのではないかと思っています。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ