動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

PPAPピコ太郎は何故売れた?SNS拡散力の偉大さを証明した男

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、世界的に爆発的な人気を誇っている動画:PPAPをご存知でしょうか?PPAP とは Pen Pineapple-Apple Pen(ペンパイナッポーアッポーペン)を意味しています。

 

YouTube上でいろいろ複製されているのでどれが原作なのかはわかりませんが、最も再生回数の多い動画で約2,000万回となっております(9月30日時点)あのJustin BieberにMy Favorite Videoと称賛されるほどの破竹の勢いです。数年前に大ヒットした江南スタイルを彷彿させます。

 

s_2

こちらピコ太郎という芸人さん?シンガーソングライター?、パンチパーマにヒョウ柄の服、サングラスと怪しいオーラ全開の姿でピコピコという独特の音楽に合わせてノリノリな感じで英単語をつなげている。ただそれだけです…

 

んーなんかペン持ってるんだね。

s_3

 

ほお、右手にはパイナップル持ってるのね。

s_4

 

おお、パイナップルにペンを突き刺してしまったら、うん。パイナップルペンだね。

s_5

 

リンゴでも同じことをやっており、最後にはアップルペンとパイナップルペンを混ぜてしました。s_6

 

…シュール、シュールレアリズムとしか言いようのない内容ですw

 

火付け役は女子高生!?

まずは日本の10代を中心に人気が出たようです。「りかりこ」「まこみな」という双子がMix Channelで非常に人気で有名なようですが、彼女たちがピコ太郎さんのPPAPのパロディ動画をアップしたところ、200万回再生を超えて、PPAPの認知が一気に上昇。

日本で人気が出た後に海外へ派生した模様です。

 

継続的な人気なるか?

下記をご覧いただくとピコ太郎さんはすでにいくつもの動画をまとめてアップしています。視聴回数を見てみるとPPAPの再生回数はものすごい数になっていますが、その他の動画は数十万回再生止まり。

s_7

 

同じポコ太郎にも関わらず、ここまで大きな差があるのはなぜでしょうか。

 

PPAPのみ動きが単純で真似がしやすい。意味はわからないがなんか面白い。これが人気爆発の最大のポイントでしょう。江南スタイルだって歌詞の内容わかっている人はほとんどいないのではないでしょうか、でもとりあえずダンスは単純で真似しやすい。それに尽きるのでしょう。

 

私の妄想でしかないですがMC HammerのU can’t touch thisを感じさせる風貌とリズムが海外で人気がでた要素なのではないかと思います。PPAPの音楽を踏襲しつつ、シリーズ化していくことで継続的な人気を得ることが可能かもしれませんね。世の中移ろいやすく、熱しやすく冷めやすいので、8.6秒のようにならないことを祈ります。

 

まとめ

「ヒョウ柄の服着た怪しいおっさんが、意味不明な英語を話して、踊る」実は結構バズ要素をしっかりと抑えています。

 

・コンテンツ:インパクトのある容姿
・感情:真似したくなる独特のダンスと音楽
・メッセージ:なし

 

共感を超えて、「真似をしたくなる」というところで影響力のある人に派生することが最大のポイントでしょうか。音楽とダンスは単純すぎてもダメで、PPAPのように一度見ると鮮明に覚える、中毒的という人の記憶を科学することが今後のバズ領域では重要になってくるのではいかと思います。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ