動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

【知らないと怖い】フリー素材を利用する際の注意点。著作権はどうなっているの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、フリー素材サイトに関するまとめ記事を目にする機会が多くなってきました。動画アカデミー内でも数々のフリー素材サイトをご紹介させていただいておりますが、実は利用時には注意をしなければいけない点が多数存在する事をご存知でしょうか。

フリーだから…商用利用OKだから…と、何も確認せず使われていた方も多いかと思います。意外と著作権の問題があったり、その他のルールが多いのがフリー素材。

今回は、知っておきたいフリー素材に関しての【注意すべき点】についてまとめたいと思います。

  • 著作権がどうなっているかを確認する
  • 商用利用可能かを確認する
  • 2次加工が大丈夫か確認する
  • 著作者が定める利用上の注意をきちんと理解する

まず、詳しい説明に入る前に、フリー素材と著作権とは其々どういったものなのか説明していきたいと思います。

 

フリー素材

フリー素材は、無料で自由に利用できる素材だと思われている方も多いかと思いますが、きちんとした定義は存在しません。フリー素材だからと言い、著作権が放棄されているわけではなく、使用料は無料であっても、著作者によりルールを設けされている場合が多いです。

 

著作権

簡単に説明をさせて頂くと、『著作者が著作物を守ることのできる権利』です。

著作物とは、皆さんが利用するイラストや写真、音楽、書物等、各個人の感性や表現など、「個性」の光る作品のことを言い、この作品たちを作った人の事を著作者といいます。この著作者には必ず著作権が付与され、作品を守る事ができます。

著作権にも大きく2つの種類があります。

1、著作権(財産権)

著作者が自分の「制作物」に対し、利益を得る機会を守るための権利です。

2、著作者人格権

著作者の人格的な利益を保護する権利です。自分が生み出した作品で対価を得られる機会を著作者にきちんと保証するができます。

1、2の権利が付与される事で、第三者が著作物を用い利益を得るような事や、著作物が無断で改変されている事があると、「著作権侵害」にあたり、懲役刑や罰金刑が科されます。

では、前提をご理解いただけた上で、フリー素材利用時の【注意すべき点】について説明していこうと思います。

 

著作権がどうなっているか確認する

基本、著作権は著作者が持っています。最近は、著作権フリーのものも多いですが、著作権フリーと一言で言っても、意味は様々です。

  • 著作者が 著作権を放棄した
  • 著作権は放棄しないが、自由な利用を許諾している
  • 著作権の保護期間が終了した

などのケースが存在します。著作権の放棄や利用の許諾は、著作権所有者しかできません。フリー素材サイトで素材を使う時も、著作権がどうなっているかをきちんと把握した上で利用するようにしましょう。

 

商用利用可能かを確認する

商用利用は、個人、法人に関わらず利益を得る目的で、営利目的で、利用することを言います。個人利用の場合であっても、アフィリエイトと連携することで商用利用と判断されることがあります。また商用利用可能と記載されていても「商用利用の場合には有料」や「著作者名の記載が必要」など利用範囲が定められていることもありますので、きちんと確認しましょう。

 

2次加工が大丈夫か確認する

フリー素材だから画像の編集や加工が可能だと思われている方も多いかと思います。しかし、加工に関しても基本的には規約に記載がない場合は禁止されています。また、加工可能と記載されていても、範囲が決まっている事が多いです。人物写真で、人物が特定できない範囲での加工などは禁止されていたりします。こちらに関しても利用の前に、必ず規約内容を理解しましょう。

出典元:アマナイメージズ 写真を安全に使うには写真の権利について 人物編

著作者が定める利用上の注意をきちんと理解する

フリー素材を提供しているサイトには、多数規約があります。クレジット表記の有無や、素材によっては会員登録をして利用しないといけないものなど様々です。最近増えてきているのが、人物が写っている素材を利用する時です。基本的に写っているモデルにも肖像権があります。勝手にモデルの名前を変更したり、実際にモデルのイメージを損なうような出会い系サイトやアダルトサイトで使用した場合は罰則となります。

 

例)アマナイメージズ様の利用規約より

素材のクオリティが高いと評判のアマナイメージズ様は、ロイヤリティフリーの素材が多く大変利用しやすいサイトです。こちらも人物素材が多数あり、この素材を利用する際にも禁止事項があります。当たり前ですがアダルトサイトや出会い系サイトへの使用、風俗産業、暴力団関連、公序良俗に反する内容での使用は一切禁止されています。

また、特定の病気に関する広告や、宗教・政治に関連する広告に人物写真を使用する場合に使用されることを好まないモデルや作家の方もいらっしゃるようで、そういった用途での利用は事前に相談にのって頂けるようなので、お問い合わせください。

まとめ

今回は、フリー素材を利用する際の【注意すべき点】についてまとめてまいりました。知らないで利用していると大きな落とし穴に落ちるかもしれません。きちんと規約を守り、利用していきましょう。

参考

公益社団法人著作権情報センター CRIC
http://www.cric.or.jp/index.html

ビジネス著作権検定の情報なら塩島武徳先生の「みんなの著検」
https://www.biz-shikaku.com/mincho/

アマナイメージズ
http://amanaimages.com/home.aspx

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ