動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

動画の著作権は誰が持っているのか?著作権トラブルを防ぐための方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、トラブルを防ぐために知っておくべき、動画の著作権についてまとめていこうと思います。

早速ですが、こういった事象ってありませんか?

動画制作会社に依頼して動画の制作をしました。後々、少し動画を変更したい箇所ができてきました。少しくらい編集しても大丈夫だろうと動画編集を自分達で行おうと考えています。

実は、この行為かなり危険です。今回は、なぜ危険なのかを含み動画制作後、誰にどんな権利があるかをご案内しようと思います。

 

今回のケース、危険な理由は著作権にあります。

著作権とは?

著作権とは、簡単にいうと『著作者が著作物を守ることのできる権利』です。著作物とは、イラストや写真、音楽、書物等、各個人の感性や表現など、「個性」の光る作品のことを言い、この作品たちを作った人の事を著作者といいます。この著作者には必ず著作権が付与され、作品を守る事ができます。

動画の著作権の保有者は?

動画制作時、関わってくる3者を基に説明していこうと思います。

 

【依頼主】から【動画制作会社】に動画制作の依頼を。
映像の制作は会社所属の【クリエイター】が行います。

今回、クリエイターが制作しているのでクリエイターに著作権がありそうですが、制作会社に所属している場合は少し違います。仕事の職務として作品を作ることを職務著作といい、職務著者では、著作権は雇用者側にあります。ですので、法人(会社、国、地方公共団体、学校など)に従事する者(社員・従業員等)が、法人からの依頼の基、職務上で制作した著作物の著作者は法人となります。クリエイターが複数名いても同様です。著作権は雇用側にあります。

3者の権利

■制作会社:著作権を保有。動画の加工、利用方法の決定ができる。

■依頼者:所有権が付与。許可をされていれば二次利用も可。

■クリエイター:個人的な修正はできず、会社からの指示で修正できる。

今回のようなケースだと、動画制作会社に著作権が付与されますので、依頼者側には著作権はありません。少しの修正だからと、依頼者側で勝手に二次修正をしてしまうと、著作権侵害となります。

また、余談ではありますが、制作時にもう一つ存在するのが【著作隣接権】です。著作隣接権とは、動画への出演者・ナレーター等の「実演家」、「レコード製作者」など、制作時にご協力を頂いた方に、著作者ではないものの、その著作物の制作において重要な役割を果たしたとして発生する権利です。録画や複製をしたり、インターネット上で公開する権利があります。

 

依頼側に著作権を移したい時はどうすればいいの?

著作権譲渡契約を結ぶ

著作権(財産権)は、他人に譲渡する事ができ、これを「買い取り」という方も多くいます。

著作権の譲渡は全体でも、分割でも譲渡することもできます。また、企業間や個人間でも譲渡は可能です。場合によって異なりますが、大体動画制作金額の10%~30%が著作権買い取りの平均料金となります。

こういった契約を結ぶことにより、依頼主は初めて著作権を得る事ができ、修正や加工などを行うことができます。場合によっては、著作権譲渡や買い取りを許可していない制作会社もありますので、制作前に確認をされてみるといいかもしれません。

ちなみに、著作権譲渡契約を結んだからといい、【著作権(財産権)】は譲渡できても、【著作者人格権】は、譲渡することができない権利となっています。【著作者人格権】は制作者の人権を尊重するものなので、著作権(財産権)を得たからと、買い取った側が制作をしたと発言するのは禁じられています。

また、「すべての著作権を譲渡する」といった内容だけだと、不十分の場合もあります。翻訳権や翻案権など(著作権法27条)と二次的著作物の利用に関する原著作者の権利(同法28条)は譲渡されません。契約書を結ぶ際も内容をよく確認し、きちんと譲渡してほしい権利を明記する必要があります。

 

まとめ

今回は、動画の著作権保有者についてと、著作権譲渡についてまとめてきました。

著作権を理解せずに、動画の利用、加工はかなり危険な行為です。依頼側は、少しの修正でも制作会社に対応をしてもらうようにしましょう。また、著作権を譲渡してほしい場合は、制作会社に相談する事をオススメします。自分の事を守るためにも、きちんと理解したうえで動画制作に挑戦してください。

 

参考

外注して制作した映像の著作権者は誰なのか
https://business.bengo4.com/category5/practice269

公益社団法人著作権情報センター
http://www.cric.or.jp/index.html

著作権業務サポートオフィス
http://www.chizai-furukawa.jp/article/13942700.html

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ