動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

今、話題のタイムラプス動画!撮影の仕方と活用方法を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、トレンドになりつつある「タイムラプス」

I phoneの機能に追加されてからは、個人的な利用も増えてきました。しかし、実際どう使うのか。また、企業として活用するにはどうすればいいのか。わからない点も多くあるかと思います。

今回は、タイムラプスの使用方法から活用方法までまとめていこうと思います。

 

タイムラプスとは

「風景は何も変わらないが、雲のみ動いている」こういった動画を見たことはありませんか。


出典元:https://www.youtube.com/watch?v=IRZgUMUmxvw&t=28s

このような動画がタイムラプス動画になります。

タイムラプスとは、同じ場所で一定の間隔を空けて撮影した静止画をつなぎ合わせて動画のような映像を作る手法です。少し大変そうなイメージもありますが、現在はiphoneなどでも簡単に撮影ができます。iphoneで撮影するタイムラプスは、通常の動画をギュッと凝縮して倍速再生する手法で撮影します。

 

タイムラプスの撮り方

今回は、一眼レフとiphoneでの撮影方法について簡単にまとめていきます。

一眼レフで撮影する場合

一眼レフで撮影する際に、あると便利なのが「三脚」「リモコン」の二つです。

一定時間、固定し同じ間隔で撮影をする必要があります。機材の準備ができたら構図を決め、三脚でカメラを固定します。リモコンでは、一定間隔に撮影機能に設定し撮影をしましょう。

カメラにインターバル機能があれば、それを設定し同間隔で撮影できます。

撮影後、編集ソフトでコマ撮りした写真を繋ぎ合わせる事でタイムラプス動画ができます。

iphoneで撮影する場合

iphoneで撮影する場合、カメラ機能の中にあるタイムラプスを使います。こちらも三脚など固定して撮影できるものがあれば綺麗に撮影できるでしょう。iphoneの場合、通常の動画をギュッと凝縮して倍速で再生をしてくれます。風景は変わらず空や人の動きが多い場所に固定することで、綺麗なタイムラプス動画が撮影できるでしょう。

 

タイムラプスの活用方法

タイムラプスの活用方法についてまとめていきます。

・景色の動き

・人や街の動き

・成長過程

・作業工程

・メイキングムービー

景色の動き

カメラを固定し雲や光の動きを撮り続ける時に使用します。日の入、日の出によって空の色も変われば、天候で雲の動きも変わってきます。景色の動きを撮影するのに適しています。

例:日本の映像

こちらは、日本の景色をタイムラプスで撮影しています。人の動きや、車の動き。また雲の動きや、光の変化などがタイムラプスを使うことで、短い映像として表現されています。


出典元:https://www.youtube.com/watch?v=zOBfofzr0_c

人や街の動き

都会やテーマパークなど人や交通量の多い場所は、タイムラプスを使用して撮影するとおもしろいでしょう。人の動き、流れだけではなく、時間別の利用差も見る事ができます。

例:ディズニー:テーマパークの1日

こちらは東京ディズニーシーが15周年の際に公開した「ディズニーシーの1日」をまとめた動画です。1日を150秒間で収めました。車の出入り、人の動き、アトラクションの動き、ショーなどをまとめる事で人の導線や人気エリアもわかります。この150秒でディズニーシーの魅力が伝わるよう、朝から夜まで盛り沢山の内容でまとめています。


出典元:https://www.youtube.com/watch?v=P93x1GJQ3J4

成長過程

人や植物が成長するまでの映像を撮り続ける事で、1本の動画となります。撮影には長い日数がかかりますが、見返してみると著しい成長を感じられます。

例:植物の生長過程

こちらはアサガオの成長の様子と開花の様子をタイムラプスで撮影しています。芽の出るタイミングや、花の咲くタイミングがわかるので植物がどのような過程で成長していくかがわかります。

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=qBP-5TrkUCY

作業工程

物ができるまでの流れや、完成までの手順を説明する際にタイムラプスを使うことで早送りで説明することができます。

例:東京スカイツリーが完成するまで

東京スカイツリーが、634mになるまでを撮り続けたタイムラプスです。完成までの約2年間で少しずつ高くなる過程を撮り続けています。5000枚以上のコマ撮り写真を使い制作されているようです。


出典元:https://www.youtube.com/watch?v=ezKJU4Vn-YI

例:十二単の着付けの着付け

複雑な十二単の着付けの着付けをタイムラプスで早回しで流しています。実際、30分の映像です。大体の流れだけを知りたい時などにはこういった風に早送りで動画を見る事で理解できるのでオススメです。


出典元:https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=HhVa_HL4ciM

メイキングシーン

制作の過程を動画で表現していきます。

最近では、料理やDIYなどの制作過程を動画で撮影しSNSやアプリなどで共有するのが流行っています。その際に、このタイムラプスを使い、早送りで撮影することで短くメイキング工程を伝える事ができます。

例:無印食品様

自社商品の作り方について、タイムラプスを使用して紹介されています。このように作り方の工程も簡単にわかると、気軽に作ってみようという気持ちになりますね。


出典元:https://www.instagram.com/p/BBYjZZExQLM/?taken-by=muji_global

 

まとめ

今回は、タイムラプスについて記事にしてきました。今回だけでも様々な利用方法がありました。比較的簡単に撮影できるタイムラプス。

企業の動画担当者も用途に合わせてタイムラプス動画の使用を取り入れられてみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ