動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

次にインフルエンサーマーケティングの形?! Vtuberの制作方法や活用方法を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年に流行が始まったVtuber。現在では国内に限らず、海外でも人気を博しています。そんなVtuberに関して、今回はその制作方法や動画マーケティングへの活用方法を解説して行きます。

 

Vtuberとは

みなさんはVtuberという言葉を聞いたことはありますか。

VtuberとはVirtual Youtuberの略語であり、その名の通りバーチャル(仮想)のユーチューバーを指します。具体的には、3DCGで制作したキャラクターに動きをつけ、声を入れたキャラクターです。

UserLocal社の「バーチャルYoutuberランキング」やニコニコ大百科「バーチャルYoutuber四天王」などによると、主に以下の5名が2017年より盛り上がりを見せるVtuberの普及の立役者であると言われています。

  • キズナアイ
  • 輝夜月
  • 電脳少女シロ
  • バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん(ねこます)

また、Vtuberの人気は国内に留まらず海外でも人気を博し、Youtubeのコメント欄には、外国語のコメントで溢れている様子が見て取れます。

今回はそんなVtuberの制作方法や動画マーケティングへの活用方法を解説していきます。

 

Vtuberの制作方法

Vtuberの大まかな制作手順は「キャラクターの外観を作る」「動きと声をつける」の2つに分かれます。

 

キャラクターの外観を作る

外観を作る際には、2Dでのイラスト作成、そして立体的に見せるようにMayaなどのソフトを用いた3DCGでの制作がなされています。

以下では、3DCG制作の様子を動画で簡単に紹介をしています。

動きと声をつける

動きをつけるには、3Dモーションキャプチャーやフェイスモーションキャプチャーという工程があります。
具体的には制作した3DCGのキャラクターに顔の動き、そして体の動きをつける工程です。

次に、声を吹き込む際には、人それぞれであるみたいですが、アニメキャラクターの声優が行うように、スタジオで声の吹き込みを行うことが多いようです。

具体的な様子を以下のような動画で紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

バーチャルYouTuberの作り方大公開!3Dモーションキャプチャーが凄い……!【よきゅCH】

以上のように、イラスト、3DCG、モーションキャプチャー、声の吹き込みなど、まるでアニメ制作さながらの工程によりVtuberは制作されています。

具体的な制作費用に関しては、千差万別ではありますが、「ピピピピピの爽やかな日記帳」というブログを運営しているピピピピピさんが制作したVtuberは制作費用が50万円とのことです。

ピピピの爽やかなゲーム実況

 

Vtuberを活用した動画マーケティング

Vtuberの動画マーケティングの活用、という文脈で考えると、Vtuberは新たなインフルエンサーマーケティングの1つになりうるのでは無いでしょうか。

ここでは「インフルエンサーマーケティングの歴史」と「Vtuberがどうインフルエンサーになり得るか」を解説していきます。

 

インフルエンサーマーケティングの歴史

「インフルエンサー」という言葉自体は非常に今的な言葉ではありますが、もっと噛み砕いて還元するのであれば「人気者」です。

そういった意味で、日本におけるインフルエンサーマーケティングの歴史は古く、江戸時代の浮世絵などでは、役者絵と呼ばれるジャンルがあり、そこには人気の歌舞伎役者の絵が描かれており、江戸市民がこぞって買い求めていました。

また、TVが普及をしてからは、各社スポンサーは人気の芸能人を用いて、ドラマやお笑いなどの番組を放映し、視聴率を獲得、TVCMにより購買促進を図っています。

そして、現代では2017年には流行語大賞にノミネートされた「ユーチューバー」が新しい人気者の形としてフィーチャーされており、UUUMを始めとして、Youtuberマネジメントを生業とする、まるで芸能人事務所のような会社まで誕生をしています。

 

Vtuberがどうインフルエンサーになり得るか

そして、次に「来るかもしれない」と考えられているものがVtuberです。

Vtuberの特徴としては、

  • 顔出しでは無い仮想のキャラクターである
  • (画一的には言えないものの)アニメ制作費用よりも安価である

ことです。そのため、リッチな自分だけのキャラクター制作の垣根が今までよりもぐっと下がったと言うことができます。

現在では、上記の5名のような、どちらかというとサブカル色が強いVtuberが活躍をしていますが、Youtuberと同じように「何かしらの専門特化」という形で尖り始めるトレンドになると考えられます。

例えば、可愛らしい外見をしたVtuberが法律に関して事細かに語る弁護士Vtuberなどが誕生したら、ミスマッチ感が逆に話題を呼ぶのでは無いでしょうか。

また、インフルエンサーマーケティングへのビジネスの絡み方としては、Youtuberと同様に、

  • Youtubeのような動画配信プラットフォームへ掲載し、広告収入によるマネタ
  • Vtuberへの商品・サービス紹介の依頼による購買促進

が考えられます。

以上、Vtuberについてその製作方法や動画マーケティングへの活用について解説を行いました。2017年に流行が始まり、まだまだ参入しているプレイヤーが多くなく、制作するにせよ、商品・サービス紹介をしてもらうにせよ、チャンスであるかと思います。今後も市場が拡大する可能性があるVtuberの分野にアンテナを貼り、自社のマーケティングに活かすことができないか注目をしていきましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ