動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

広告代理店の違いは?各タイプ別の特徴や依頼する上でのポイントを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく耳にすることが多い「広告代理店」の仕事はテレビCMや駅にある看板広告の作成などをしているイメージが多いかもしれません。しかし、それは数ある広告代理店の仕事の一つで、他にも多くの種類の広告代理店が存在しています。

今回はそもそも世の中にはどのような広告代理店の種類があり、依頼する場合の注意点等を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

広告代理店とは?

 

 

出典元:就活に役立つ情報が集まるメディア

広告代理店とは、広告主がテレビや新聞などのマスメディアやWEBメディアなどの媒体を利用して、外部へ情報発信をする際にその間に入り、広告主の情報発信をサポートする役割となります。広告代理店へ依頼する際のメリットとしては、

  • 広告配信のノウハウを理解しているため、最適な広告配信が可能である
  • 広告配信を実行する際に必要な運用や販売を代理で実施してもらえる
  • 希望の配信先がある場合、確度が高くその媒体先へ依頼することが可能になる

などが考えられます。現在広告代理店には「総合広告代理店」、「専業広告代理店」、「ハウスエージェンシー」と大きく3タイプが存在しています。それぞれどのような違いがあるのか、説明していきます。

広告代理店の種類は?

総合広告代理店

総合広告代理店とは、テレビや新聞、ラジオ、雑誌などのマスメディアを中心に幅広い媒体を取り扱っている代理店になります。有名な企業としては、電通、博報堂、アサツーディケイなどがあり、広告代理店の売り上げランキングでは上位を占めている企業になります。

歴史が古くからあり、芸能事務所などとの繋がりも深いため、芸能人等を利用することは比較的容易にできる反面、発生するコストは高くなる傾向があります。予算をかけ、ブランディングなどを目的に大々的な広告を配信させたい場合は総合広告代理店に依頼することが良いでしょう。

専業広告代理店

専業広告代理店では、最近だとネット広告代理店などインターネット広告に特化した企業が多く存在しており、有名な企業だとサイバーエージェントやオプト、セプテーニなどが存在しています。

近年多くのコンシューマーがマスメディアからインターネットと触れる時間が増えており、従来のマスメディアを利用した広告から、インターネット広告を利用する広告主も増えています。それに伴い、ネット広告代理店の企業も増えています。

出典元:株式会社電通「2016年 日本の広告費|媒体別広告費」

インターネット広告配信は広告主自身での配信も可能なので、広告代理店には依頼せずにインハウスで広告配信をしている企業も存在しています。一方でインターネット広告の知見があまりなかったり、自社運用する余裕がなかったりする企業はネット広告代理店の利用をしています。

インターネット広告に特化しているため、総合広告代理店よりもインターネット広告に関する知見やノウハウは蓄積しているケースが多いです。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーは、総合広告代理店と同様に幅広い媒体を扱いますが、親会社やグループ会社専属の広告会社になるため、基本的には外部の広告を扱うことがないということが違いになります。

有名な企業だとジェイアール東日本企画や東急エージェンシーなどがあり、それぞれJR東日本グループ、東急グループの専属広告代理店となっています。同じグループ会社であるため、仲介手数料が安くなる点や同じグループ会社なので、意思疎通が比較的容易にできる点が特徴になります。

広告代理店に依頼する上での注意点は?

広告を実際に配信しようと考える際に、進め方をどうすれば良いかわからない方もいるかと思います。代理店にまる任せでお願いすることも一つではありますが、広告を成功させるためには代理店と私たち広告主はパートナーとしてプロジェクトを進めていくことが重要です。

目的を明確にする

広告代理店は同じ目的を達成するためのパートナーとして向き合いましょう。広告を配信する上での背景や狙い、ターゲットなどを明確にすることが、広告代理店側もその目的達成のためにベストな方法は何かという視点で動いてもらえます。

目標数字を伝えるだけですと、あくまでその数字を達成するための提案になるので、本来狙っていたターゲットからずれた対象に配信するリスクもあります。事前のすり合わせは丁寧に行うことが重要となります。

目標設定をする

目的が広告代理店と共通になった上で次は目標を設定します。広告にかけるコストに対して、求めている効果が得られるかどうか不安になることもあるかと思います。まずは広告主側で目標としている数字を代理店に伝えましょう。

代理店はその道の専門になるので、その目標数字を達成するために必要な予算などを相談することも良いかと思います。

役割とスケジュールを明確にする

目的と目標、使う予算が明確になりましたら、最後に実行するまでのスケジュールとそれぞれどの役割で動いていくかを明確にしましょう。広告代理店側で役割やスケジュールを設定することもありますが、もしその内容に不備や不明な点があると後々のトラブルに繋がる可能性もあります。

不明なままでとりあえず始めるのではなく、抜け漏れなく、不安な点は無くした上でプロジェクトをスタートさせましょう。

まとめ

現在広告代理店は全国に9,000社以上存在すると言われており、非常に多くのタイプがあります。広告を配信するという手法はマーケティングする上で必須になりますが、その中で広告代理店を利用することも必要になってきます。

目的に合わせた広告代理店選びが重要になるので、まずはなぜ広告を配信するのか?配信して、何を獲得したいのか?を明確にした上で、どの広告代理店がベストか考えることが良いでしょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ