動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

事前予習!結婚式で使用するムービーの種類と事例

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式にゲストで出席して、何度も泣かされているはずの心温まる映像。しかし、式で使用される映像の種類について、意外と自分達が式を挙げることになるまで、答えられない方が多いのではないでしょうか。
今回は、ホテルや会場で披露宴を行う際に使用される映像の種類についてお伝えします!

 

オープニングムービー

ゲストの皆さんが会場に入られ、新郎新婦の入場を待っています。そこで、お二人が入場する前に流れる映像になります。入場を盛り上げるために、明るいアップテンポの曲を使用する場合が多く、お二人の写真を使用した映像や、比較的時間が短いため自作されるという方もいらっしゃいます。

 

プロフィール映像

新郎新婦がお色直しのため退場してから、しばらく歓談の時間となりますが、その間に流れるのが、プロフィール映像です。写真などの静止画を流していく映像であったり、事前に新郎新婦自身の映像を撮影してもらってドラマ仕立てに動画を流すというオリジナリティ溢れるものもあります。

 

また、鉄拳さんのパラパラ漫画のようなアニメーションで作成することも。プロフィール映像は、他の映像よりも自由度が高いので、色々な映像パターンから選ぶことが出来ます。

 

エンディングムービー

エンディングムービーは、披露宴が終わり、新郎新婦が退出してから、会場で流す映像になります。この間、新郎新婦と両親はお見送りの準備を会場の外で行います。エンディングムービーでは、式当日のメイクルーム(準備)から披露宴までを撮影してもらい、その場で編集して当日流すというものや、事前に写真を準備してそれを音楽と一緒に流していくというものがあります。

 

どちらも、ゲストへの感謝を込めて名前や一言を記載した文も映像に付け加えます。ゲストに皆さんはこの間に結婚式の余韻に浸りつつ、帰りの準備をします。

 

その他

当日の映像を「式から披露宴の最後まで撮ってもらいたい!」というご夫婦もいらっしゃるかもしれません。その場合は、エンディングムービーの撮影依頼だけでは、最後まで撮影してもらえないケースが多いので、別途相談するのがいいでしょう。

 

おまけ

カメラマンの撮り方には、やはりそのカメラマンの個性や好みがとてもよく出ます。くっきりと人物を撮る方や、ふんわり撮る方などなど。安いことを優先して映像制作を依頼してもイメージしていたものと違うと「安い」というメリットよりデメリットが上回り、ガッカリしてしまうので、事前にその人がどんな映像を撮る方なのか実績を確認したり、自分達はどういう映像を撮ってもらいたいのかということを伝えておく必要があります。

 

結婚式は決して安くない、夫婦として経験する初めての高額な支払いではないでしょうか。金銭面も含めて、結婚式の映像についても余裕を持ってご夫婦でしっかりと相談しながら進めていくことが大切です。

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ