動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

IGTVとは?あのInstagramが手がける縦型フルスクリーン動画アプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月20日、人気SNSであるInstagramから縦型フルスクリーン動画アプリ「IGTV」がリリースされました。このIGTVとはどういったアプリなのか、そして業界でも珍しい縦型フルスクリーン動画を採用したその意図は何なのかを解説していきます。

IGTVの特徴は3つ

IGTVはInstagram とは切り出された別のアプリとしてリリースをされています。まずはIGTVの特徴について3つのポイントから解説をしていきます。

 

縦型フルスクリーン動画

まず、何と言っても縦型フルスクリーン動画が最大の特徴です。従来であれば、動画を見る時は、手持ちのデバイスをわざわざ横向きに変えたり、縦のままで見るにしても、画面上部・下部に黒い帯が表示されたままやや小さい画面で見ていたりした方も多いのではないかと思います。

IGTVは縦「限定」で、フルスクリーンで動画を楽しむことができ、わざわざデバイスを横にする必要がなく、またフルスクリーンで画面いっぱいに動画を楽しむことができます。

 

動画の尺は最大で1時間

Instagramの動画と言えばストーリーであり、ストーリーであると最大でも15秒しか動画をアップロードすることができず、24時間経つと消えてしまう仕様でした。しかし、IGTVでは尺は最大で1時間、そしてアップロードした動画は消えることがありません。

 

チャンネル機能が搭載

IGTVでは、YouTubeと同じように独自のチャンネルを持つことができます。独自のチャンネルを持つことで、そのチャンネルを作成したクリエイターの動画を楽しむことができます。
また、実際にアプリをダウンロードし、起動してみると、動画が最初から流れ始め、まさに使用感としてはTVに近しいものがあるのではないでしょうか。

 

縦型フルスクリーン動画の狙いとは

次に、なぜInstagrmは新しくIGTVをリリースしたのかを考えてみたいと思います。

そもそも、Instagrmのビジネスモデルは広告型であり、売上(月次)はMAU×ARPUと分解することができます。

※MAU:月間ログインユーザー数
※ARPU:月間ログインユーザー数あたりの売上

MAUという観点では「いかに新しいユーザーを連れてくるか(新規獲得)」「いかにユーザーに継続をしてもらえるか(リテンション)」がポイントであり、ARPUという観点では「いかにユーザーにマッチした広告を表示できるか」がポイントになってきます。

今回のIGTVのリリースはリテンション観点、特に「ログインしてからの利用時間を伸ばす」という狙いがあるのではないかと筆者は考えます。利用時間を伸ばすことで、単なるログインユーザーではなく、長時間利用する優良ログインユーザーとなり、結果として(現時点でIGTVに広告は表示されていませんが)ユーザーが広告を目にする機会が増え売上に寄与するのではないでしょうか。

そこで、この「利用時間を伸ばすには」という課題に対して採用されたのが上記でも解説した3つの特徴です。

  • 縦型フルスクリーンにすることで、デバイスをわざわざ横にする必要がない=「動画を見るぞ」という心理的ハードルの軽減
  • TVのようにチャンネルを選ぶことができ、点けたら最初から動画が流れ始める仕様
  • 動画自体も最大で1時間楽しむことができる

と「利用時間を伸ばす」ために、こういった特徴付けをしているのではないかと考えます。

恐らくIGTVが目指す世界観として「TVを見るようにIGTVを見る」といったもので、「より自然に動画を見ることができるようにする」ということを意識しているのではないでしょうか。

 

IGTVで動画を投稿する際のポイント

そして、何よりも肝心であるのが「コンテンツの質」であり、どういった動画が投稿されるかです。そこで、動画を投稿する際のポイントも合わせてまとめたいと思います。

 

動画を見てくれるのはあなたのフォロワー

上記で説明した通り、IGTVではチャンネルというものが存在し、アプリを開くと動画が自ずと流れ始めます。その際に、流れる動画の1つとして「ユーザーがフォローをしているチャンネル」があります。

したがって、動画を見てくれやすいのは「あなたのことを知っており、既に興味を持ってくれている人」、つまりフォロワーです。

そのため、奇をてらっていつもと違うことやキャラクターに合わないことをやってしまうと、フォロワーからしたら期待外れなものとなってしまいます。

「フォロワーが見てくれている」という意識を持ち、動画を作成することが1つのポイントになるのでは無いでしょうか。

 

しっかりとテロップをつけて無音でも楽しめるようにする

TVの場合であれば、点けた際に音が出ることが分かっており、心構えができていますが、スマホの場合、音声をデフォルトでOFFにしているユーザーが多いことが想定されます。

そのため、そういったユーザーもしっかりと想定をしつつ「無音でも楽しめるように」テロップを付けてあげるとユーザーとしてもより動画を楽しむことができるのでは無いでしょうか。

 

今後の課題とマーケティングへの活用

今後の課題として、

  • IGTV自体はユーザーによりCGM型であり、コンテンツの質がどうなるか
  • そのコンテンツの質はYouTubeに勝るものであるのか
  • 縦型フルスクリーンで動画を見るといった文化が根付くかどうか

といった点が上げることができます。

コンテンツに質に関しては、「クリエイター」と呼ばれる人たちが既に存在し、Instagramのストーリーのように「日常の一風景をアップロードする」というよりも、しっかりと作り込んだ動画がアップロードされるような仕掛けとなっています。

また、「縦型フルスクリーンで動画を見る」といった点に関しても、あくまで「TVのように自然と動画を見ることができるようにする」といった課題に対するソリューションであり、もしかしたら今後変更があるかもしれませんが、「横にする」というハードルを取り除く取り組み自体は非常に面白いし、その結果を見守りたいと思います。

そして、マーケティングへの活用方法として、まだまだその効果が未知ではあり、参入しているプレイヤーは決して多くありません。
しかし、参入しているプレイヤーが多くないからこそ、逆に言えば競合と差をつけることができるチャンスであり、差別化を図ることができることができるタイミングであると言えるのではないでしょうか。

以上、IGTVに関する解説を行いました。この成否自体も非常に見どころではあり、自社のマーケティングにどう活かすことができるのか、ぜひ検討をして見てください。

参考

出典元:IGTVへようこそ

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ