動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

人と人を繋ぐPiKAPiKAムービー

このエントリーをはてなブックマークに追加

【PiKAPiKA】ムービーを知っていますか?始めにこのムービーと出会った時の衝撃は今でも忘れられません。楽しい!嬉しい!面白い!が画面いっぱいに溢れていて見ているだけで笑顔になる。そんなハッピーな映像なのです!

 

PiKAPiKAムービーとは何?

デジタルカメラによる長時間露出とコマ撮りアニメーションの手法を融合し、空中にペンライトの光で絵を描くアニメーション映像。さて、何の事でしょう?いまいち、どんな映像かピンときませんよね。そんな時は実際の映像をご覧下さい。

やっぱり、映像で見て確かめるのが一番!暗闇の中で懐中電灯やペンライトの光を利用して空中に文字や絵を描く様子をカメラのシャッタースピードを通常より遅くして撮影した何枚もの写真をつなげてパラパラ漫画のように見せるムービーの事なのです。今では結婚式などの余興ムービーの演出手法のひとつとして目にする機会が多いのではないでしょうか。

 

PiKAPiKAムービーの産みの親は誰?

ナガタタケシとモンノカヅエによる映像ユニット『TOCHKA(トー チカ)』実験的手法を用いアニメーション・コミック・イラストなどの制作活動を行っており商業フィルム、現代美術など業種の垣根を超えて活動。TOCHKAはこのPiKAPiKAムービーで第10回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞しています。

 

1

さて、前置きが長くなってりましましたがなぜPiKAPiKAムービーが人と人を繋ぐムービーなのでしょうか。

 

まとめ

PiKAPiKAムービーはまず、集まった人々がみんなで光のラクガキを描く事から始まります。その中で自然とコミュニケーションが生まれ、楽しい!面白い!をみんなが共有。人と人が繋がる。そして、それを見た人が共感し、さらに自分達でPiKAPiKAムービーをつくる。人と人が繋がる。

 

PiKAPiKAムービーという映像を通して人と人は繋がり、その輪は大きく広がっていきます。映像とは人と人を繋ぐコミュニケーションツールであり人をハッピーにさせるステキなツールだと私は思います。

 

動画共有サイトでPiKAPiKAと検索してみて下さい。
とてもステキなPiKAPiKAムービーがたくさんUPされています。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ