動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

クリスマスのサプライズ演出で多くの人に感動を与える航空会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。日々冷え込んできて、やっと冬らしくなってきました。年末のご予定はすでに決められましたか?の時期になるとみなさんが気になるのはクリスマスだと思います。そんなクリスマスにぴったりな動画を今回はご紹介します。

 

みなさんいかがでしたでしょうか。これはカナダにあるLCCのウェストジェット航空が行っているサプライズ動画になります。こちらは2013年のクリスマスシーズンにおこなったサプライズイベントです。

 

このウェストジェット航空は、毎年クリスマスの時期になると、サプライズ演出を行い、乗客の方々やお客様を喜ばせています。ちなみに2014年はこちら。

動画はそれぞれ、大きな再生回数を叩き出し、注目を浴びています。では、なぜこの動画に注目が多く集まるのでしょうか?

 

⒈非日常的な演出ができる

みなさんだれもが1回ぐらいサプライズプレゼントは経験したことあるのではないでしょうか。しかし、ここまでの規模を行うことができません。このだれもがやったことある内容しかし、ここまでは現実的にできないというものを、実際に行っているので、大きな共感を得るのかもしれません。

 

⒉凝りすぎていない撮影方法

この動画は、どちらかというと綺麗に撮影するというよりは、実際に急ぎながら計画を実行したことを強調するために、ライブ感を重視した撮影やカメラ映像の質になっています。その映像の質が、逆に広告っぽさをなくし、多くの人を引き込む映像になったのかもしれません。

 

⒊ウェストジェット航空の人たちの笑顔

最後は、実際にサプライズを行っている人たちの笑顔をうまく表現できていることです。サプライズを行うのに、ここまで全員が楽しそうに行うことは中々難しいです。しかし、その計画を楽しんでやること、そしてそれが、お客様へのおもてなしとして、多くの人に喜ばれているのかもしれません。

 

さらにここで面白いのは、ウェストジェット航空の企業理念です。「すべての社員が経営者の目線で」という企業理念を持っています。

つまり、ウェストジェット航空は、企業の利益を損なわない限り、社員がやるべきだと思ったアイデアを実現させる環境を用意しているのです。そういった環境が、このような動画や計画を生み、結果として多くのお客様に利用されているのだと思います。実際にウェストジェット航空は、国際線も開始させ、会社としても伸びている状況にあります。

 

このように、最近は企業精神、サービスの考え、思いなどを、まったく企業色をなくし、擬似的に表現するプロモーション映像が増えてきています。そして、それは、結局WEB動画はコンテンツが面白くなければ見られないということにも繋がってくるのかもしれません。

 

ぜひみなさんもこの動画をきっかけにクリスマスにサプライズを計画してみてはいかがでしょうか?

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ