動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

ドローンで空撮した大迫力の花火大会5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはもうこの夏に花火大会に行かれましたか?日本の夏の風物詩である花火大会は、江戸時代中期に日本で初めて開催されて以降、現在でも夏の定番イベントとして多くの人々に親しまれていますよね。私も大好きな夏のイベントの一つではあるのですが、今年はまだ行けていないのが残念なところです。

 

花火大会の魅力はあの【迫力】と【花火の美しさ】や【独特な雰囲気】だと思います。ただ・・・私はどうも花火大会の時の尋常じゃない程の人混みが苦手です。なので、「前日から場所取りするぜ!」という気持ちにもなれないですし、人混みが多い場所(いわゆる特等席)で見るより、正直少し離れた穴場を探してゆったり見るのが好きなタイプです。

 

私の花火についての考えはさておき、同じように「花火は好きだけど、あの人混みはちょっと・・・。」という方や、「行きたいけど、なかなか都合がつかなくて行けない。」「各地の花火大会を予習して、どの花火大会に行こうか決めたい!」という、とにかく花火が好きな方にオススメなのが、ドローンで撮影されている花火大会の空撮動画です!これを見るだけで全国各地の花火を堪能できるような気分になれます。

 

是非この動画を見て、いつも下から眺める映像とは一味違う花火を味わって頂けたらと思います!それでは早速、全国各地の様々な花火映像を見ていきましょう。

 

距離を保ちつつ花火大会を空撮

まずは、ある程度離れた上空から撮影された映像を紹介していきます。地上から見上げる花火大会と比べ、どのように違って見えるのでしょうか?

 

近くで撮影されている映像に比べて、周りの風景や空の色の移り変わりなどが見えて全体像を把握することが出来る映像になっていますよ。

 

▼富士山を背景に輝く花火

接近度:★
迫力度:★

こちらは山中湖で開催された花火大会の動画です。地上から普通に撮影した映像とドローンで空撮した映像、両方を比較しながら見れるように編集されています。

 

湖面に映える”ダイヤモンド富士”も見事。地上からの視点とあまり変わらず、空撮ならではの迫力には欠けますが、周囲の景色も含めて楽しむならこのくらいの距離がベストなのかもしれませんね。

 

 

▼花火大会と夜景の美しいコラボ

接近度:★★
迫力度:★★

茨城県水戸市「水戸黄門まつり花火大会」を空撮した動画です。空から花火大会を眺めれば、このように街の夜景も同時に堪能できます。花火との距離が近く、迫力も楽しめる映像になっています。

 

 

▼花火大会を斜め上から見下ろす

接近度:★★★
迫力度:★★★★

こちらは、高知県宿毛市「市民祭宿毛まつり」で行われた花火大会を撮影した動画です。花火に接近し、斜め上から撮影した映像は迫力抜群。花火が残した白い煙まではっきりと見えます。

 

花火の中へドローンが突入!

さらに花火に接近したら、どのような世界が見えるのでしょうか。いよいよ、打ち上げられた花火の真っ只中へ突入です!

ドローンによる空撮動画のなかには、無人機だからこそ撮影できたと思える映像が数多くあります。花火大会もそのひとつで、通常、有人飛行機が近寄ったら危険な距離でも、ドローンだからこそ撮影が可能となったと言えます。是非、そんなドローンならではの迫力満点の映像をご覧ください!

 

▼花火大会の中を縦横無尽に飛ぶ

接近度:★★★★
迫力度:★★★★

こちらは、北海道小樽市銭函サンセットビーチで開催された花火大会を超間近で空撮した動画です。全編ではないですが、花火が打ち上がる様子を真上から見た映像や、散った花火の真横を通り過ぎる映像など、迫力のあるシーンが満載です!

 

 

▼花火大会を内側から空撮した衝撃映像

接近度:★★★★★
迫力度:★★★★★

ラストは、徳島県徳島市「吉野川フェスティバル」で行われた花火大会。完全に内側から撮影しています。この動画は、まさにドローンでなければ撮影は不可能でしょう。打ち上がった花火を、真上や真下、あるいは真横からなど、あらゆる角度で捉えています。画面いっぱいに様々な散り方をする花火たちが幻想的で、まるで別の世界のようです!

 

花火大会とドローン

花火大会を空撮した動画をその距離感ごとに5つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ドローンを利用し、これまでとは全く違った視点で花火大会を撮影するというのは、とても面白い試みですよね。さらにそれを動画で公開することによって、日本はもちろんのこと、世界中の視聴者にも、日本の花火の魅力を伝えられたり、花火の雰囲気を楽しめるというのは素晴らしいことだと思います!

 

ドローンの撮影には危険を伴うこともあるため、安全面には充分に配慮する必要がありますが、今後、どんな迫力満点のドローン映像が出てくるのか、空撮のこれからにもぜひ期待したいところですね!

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ