動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

『就職活動での笑顔』は本当に必要だろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今街にでると、リクルートスーツを着た学生を多く見かけます。内定をもらうために、カフェや電車の中、いたるところで、必死に準備をし、企業研究をしている姿を見かけます。そこでは、みんな同じ髪型、服装、表情をし、どれだけ応募企業に好印象に持ってもらえるかを考えています。

 

そんな日本の就活生の姿を、外から見た視点で表現した動画があります当時、東京藝術大学大学院の学生だった方が描いたアニメーション動画があまりにも日本の就活生をうまく表現しています。

この動画は、最初は自分らしさを持っていた学生も、内定がなかなかもらえず、周りの友人が内定が出るにつれて、どんどん自分自身も就活の波にのまれていく様子をうまく表現しています。

 

この動画の中では、作られた笑顔や媚びへつらっている様子を極端に表現し、あえて皮肉な表現をしています。その意図として、単に周りに流されるのではなく、自分自身の意志を持って、就職活動を行って欲しいという制作者の意図があるのかと思います。

 

まさに美大芸大の方が本質を描くアニメーション動画になっています。
自分らしさを見失わないために重要な問いかけとは?

 

経済的安定か周りへの見栄か自分のやりたいことか?

就職活動で問われるのはこの3つの質問に対して、自分自身がどこに価値を置くかを腹をくくって納得できるかが重要です。

 

人間、結局お金が重要という人もいれば、友人や家族への見栄があり、有名企業に行かなければと自分に枷をかける人もいれば、自分のやりたいことをどうしてもやりたいと思う人もいます。

 

これはなにが一番正しいはないですし、そんな常識もありません。ただし、どこに価値を置くとしても、その基準を自分で決めずに周りの意見に左右されて決めると何もうまくいきません。

 

何を重要視するのでもいいので、就活生には、どんな自分でも受け入れられるように自分自身と向き合って欲しいと思う最近の日常でした。本当の笑顔が出る自分を見てもらいたいと思っています。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ