動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

「Twitterインスタントウィン」でマーケ担当者が抑えるべきポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterのインスタントウィンという言葉を聞いたことはありますでしょうか。

日本コカ・コーラ株式会社が実施した【ヨーグルスタンド】の懸賞キャンペーンが有名で、Twitterで見かけた方も多いのではないでしょうか?本日はTwitterのインスタントウィンの概要をメリット・懸念点を踏まえてご紹介いたします。

 

インスタントウィンとは何か?

Twitterのインスタントウィンについてお話する前に、まずはインスタントウィンについて確認したいと思います。

インスタントウィンという言葉は耳慣れないかもしれませんが、一言でいうと、その場で当選結果がわかる懸賞のことです。大きく分けるとリアルで実施される場合とインターネットを利用した場合の2つに分けられ、以下のような懸賞のことを指します。

 

リアルで実施される場合の代表例

(1)あたり・はずれクジ付の商品

赤城乳業の「ガリガリ君アイス」のアイスの棒についているクジはあたるとお店でもう1本もらえる仕組みです。

(2)特定の商品、購入金額に応じて店頭で配布されるスクラッチカードやくじ

コンビニで○○○円以上購入するとレジでくじ引きをひき、商品や割引券などをもらえる仕組みです。つい購入金額に足りるように多めに購入してしまった、なんて方もいるかもしれません。または、○○社のお菓子を3点以上購入すると人気アイドルやキャラクターのノベルティがもらえるといった仕組みもあります。

 

インターネットを利用した場合の代表例

(1)専用WEBサイトに入力するコード付きの商品

ドリンクについたコードを専用WEBサイトに入力し、当選すると音楽がDLできたり、商品をもらえたりする仕組みです。

インスタントウィンという言葉になじみは薄くとも、上記の懸賞に参加した方もいるのではないでしょうか。残念ながら懸賞にはずれてしまってもその場で当選結果がわかるため「次は当たるかもしれない!」という消費者の期待感を高めるため、消費者に商品の購入を促進する効果があります。

 

Twitterのインスタントウィンとは

Twitterの国内利用ユーザーが4500万人と増加していることから、Twitterを利用したインスタントウィンを実施企業が増えています。Twitterのインスタントウィンの仕組みは以下の通りです。

【Twitterのインスタントウィンの仕組み】※一例です

(1)企業アカウントをユーザーにフォローしてもらう

(2)懸賞投稿をユーザーにRTしてもらいその場で当選結果がわかる

(3)当選者にはDMで専用フォームを送り入力してもらうことで景品を発送できる

 

Twitterのインスタントウィンを実施するメリット

以下の3つがあげられます。

<短期間でフォロワーを獲得できる>

Twitterのインスタントウィンの参加条件をフォローとリツイートにしているケースが多いです。そのため、短期間でフォロワーを獲得できます。ただし、キャンペーン終了後はフォローを解除される可能性もあるため、オーガニック投稿の内容などフォロワーを飽きさせない工夫が大事です。

 

<商品・サービスの紹介や告知を拡散できる>

上記(1)と似ていますが、フォロワーが何度でも何回でもインスタントウィンに参加できるため、リツイートによる拡散が期待できます。

 

<ブランディングに寄与する>

フォローしたユーザーが商品・サービスへのポジティブなリツイートを見た別のフォロワーは、自分の知っている人が良いと思っている商品・サービスという事実が信頼性を高め商品・サービスのブランディングに寄与します。

 

以上3点がTwitterを利用したインスタントウィンのメリットです。魅力的な手法ですが、どんな施策も長所と短所があるように、インスタントウィンを実施するためには気を付けなければならない点もあります。気を付けるべき点と対応策を合わせてご紹介いたします。

 

インスタントウィンを実施するうえでの懸念は?

<抽選にはずれたユーザーから「本当にあたるのか!?」など感情的・ネガティブなリツイートをキャンペーンが盛り下がる可能性がある>

対応策:当選者の喜びの声を積極的にリツイートし、キャンペーンを盛り上げる工夫を忘れない!

日本コカ・コーラ社のヨーグルスタンドキャンペーンでは、当初の想定よりも参加者が増えたことで当選確率が下がってしまいました。インスタントウィンは【参加条件の手軽さ】と【当たるかもしれないという期待感】が重要です。そのため、当選者の喜びの声を積極的にリツイートし、キャンペーンを盛り上げる工夫をしています。

 

<インスタントウィン参加者からの問い合わせが増える可能性がある>

対応策:問い合わせ担当の増員・または、工数確保を調整する!                       

インスタントウィンを実施すると、当選者からの「商品の発送はいつか?」落選者からは「本当にあたるのか?」「何度挑戦しても当たらないのはなぜ?」など普段とはことなる問い合わせが想定されます。大量の問い合わせに対応できるよう、事前に回答のポリシーや可能であれば専任の担当者を決めておくと安心です。また、企業の対応に不備があるとTwitterを利用したネガティブキャンペーンになってしまう可能性もあるため、しっかり準備する必要があります。

 

<ユーザーへのリプライが公式アカウントの投稿にすべて返信されるため、フォロワーのフィードがキャンペーンで埋め尽くされやすい>

対応策:キャンペーン中のオーガニック投稿は控えるようにする

企業用アカウントではフィードと返信は別のページになっていますが、一般ユーザーは同じになっています。そのため、インスタントウィン実施期間にオーガニック投稿をしてもフォロワーの目に留まりにくいため、投稿は控える方が賢明です。

 

Twitterインスタントウィンはどんな企業に合うのか~企業実例~

では実際に、日本コカ・コーラ株式会社が実施したインスタントウィンの実例をご紹介いたします。

ヨーグルスタンドの告知キャンペーン

<キャンペーンの結果>

  • キャンペーン参加者:50万人
  • ユニーク参加者:10万人
  • リツイート数:27万

 

ユニーク参加者が10万人ということは、一人当たり約5回はインスタントウィンに参加している計算になります。

また、他にも以下の商品・サービスでもインスタントウィン利用されています。

アクエリアスウォーター、ジョージア ザ・プレミアムシリーズ、カルピスソーダ、プレミアムモルツ、ファンタ、キリン、キットカット、マクドナルド、ジョンソンボディーケア、ナチュリエ、リステリン、ファッションセンターしまむら、IRobotJapan、Panasonic、ギャラクシー、JAL、ANA、TOEIC、Minimo(脱毛サロン)、Ymobileなど。(敬称略・順不同)

上記の企業実例をみてくるとインスタントウィンと親和性の高い商材・サービスはB2B向け日用品が多いように感じますが、Twitterのユーザー層にマッチする場合は、日用品に限らず、幅広くマッチするのではないでしょうか。

ぜひ、Twitterのインスタントウィンを活用し、自社のPRに活用していきたいですね。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ