動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

アプリ制作会社なら抑えておきたい!アプリ紹介映像制作の切り口を教えます

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は、業務効率化・ヘルスケア・イケメンゲーム・婚活など、様々なアプリケーションが注目されています。皆様の中にもWEBやアプリ購入サイトで、
アプリ紹介映像を見て、インストールされる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、「アプリ紹介映像制作の切り口」と題して、アプリ紹介映像制作のコツをお伝えしていきます。

アプリ紹介映像とは

アプリ紹介映像とは、その名の通りアプリサービスの特徴やメリットを紹介する映像です。昨今は多くのアプリ紹介映像が存在していますが、そこにはしっかりとした理由があります。
サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZの調査では、スマートフォンゲームの動画を視聴した直後、インストールした経験があるユーザーは。59.8%という結果が出ています。※1
こちらのデータはゲームに限られておりますが、ゲーム以外のアプリーケションでも同じことが言えるでしょう。

アプリ紹介映像のポイントとは

アプリ紹介映像のポイントは大きく3つです。
(1)無音でも伝わるように!
(2)尺は極力短く!
(3)筐体を使ってイメージづけ!
この背景には、アプリ紹介映像がユーザーに見られる環境や活用される場所が関係いたします。

(1)無音でも伝わるように!

スマートフォンで動画を見る際に、無音で見る人は9割近くになると言われています。※2私自身も通勤中や移動中に無音でみることは多いです。
そうなると、無音でも伝わるように、特徴となるポイントはテロップや字幕でしっかりと目で見てわかる内容にする必要があります。
是非、以下の映像を無音でご覧下さい。

|freee
 
出典元:会計freee アプリ紹介動画

いつでも、どこでも使えるのか!ということが、頭にすっと入ってきますね。
これがテロップ活用の効果です。

また、ちょっとしたコツになりますが、この映像の「スピード感」も重要です。
電車内だとそこまでゆっくり映像は見ないですよね。
しっかりポイントを訴求しようとして、ゆっくり表現することもありますが、離脱される可能性が高くなります。是非このスピード感も心がけましょう。

(2)尺は極力短く!

尺の理想は、20秒〜2分です。
理由は2つです。

1つ目は、離脱の関係です。
WEBでの理想尺は、離脱の関係で1分半までと言われますが、
ほぼ同じ感覚だと考えていただいて問題ありません。

2つ目は、掲載場所の関係です。
アプリ紹介映像は、Google playやApp store等のアプリ購入サイトに
掲載することもあります。実はここに尺制限があるんです。

Google playは特に尺制限はないですが、App storeの場合は、15秒〜30秒という尺制限があります。このフォーマットに合わせる必要があります。
その他、いくつかフォーマットがあるので以下記載いたします。

|App storeの動画フォーマット ※2

・15秒〜30秒
・500MB以下
・900 x 1200 pixels か 1136 x 640 pixels
・M4VまたはMP4、MOV形式
・H.264(推奨)かApple ProRes videoコーデック
・30 fps フレームレート
・ステレオ 256kbps AAC オーディオフォーマット
・画面の向きはportraitかlandscapeどちらでもOK

|Google playの動画フォーマット
・尺の規定はなし
・YouTube URL を使用

Google playの場合は、YouTubeからリンクを貼れば問題ないですが、
App storeは規定が多くあるので、活用の際は要チェックです。

(3)筐体を使ってイメージづけ!

アプリの特徴は、何と言ってもそのアプリ操作で何ができるかということです。
そのため、実際の画面を紹介する際に、筐体というスマートフォンの画面素材を使用し、演出することが重要になります。

では、この3つのポイントを活かした、具体的事例を見ていきましょう。

アプリ紹介映像の種類

アプリ紹介映像は、前章の3つのポイントを踏まえつつ、どういった目的があるのかでも、見せ方が変わります。

主な目的な以下の通りです。
(1)アプリの注目度を上げる!
(2)アプリの利用イメージを分かりやすく紹介!
(3)アプリの使い方を紹介!

(1)アプリの注目度を上げる!

アプリ自体の注目を上げるためにPR活動を行う必要があります。
リリース前に、ティザーサイトやWEBCMを公開することで、
リリース初日のダウンロードを加速させることが目的となります。

JINS PAINTと呼ばれる、自由にメガネをデザインし、世界に1本だけの
オリジナルメガネを作ることができるアプリの事前告知映像です。

|JINS PAINT

出典元:JINS PAINT – スマホでオリジナルメガネを作ろう。

具体的な内容や、使い方の詳細は説明されていませんが、世界観が伝わってきます。
映像の冒頭に、「世界に1本だけのオリジナルメガネをつくろう。」
とテロップを一言いれるだけでも、より良い映像になりそうです。

(2)アプリの利用イメージを分かりやすく紹介!

実際にアプリリリース後は、そのアプリ使うとどのようなことができるのかのコンセプトをわかりやすく紹介します。

|パーソナルコーチAIアプリ「FiNC」


出典元: FiNC(フィンク)アプリ「Start with FiNC」篇

利用イメージがわいてくる映像です。
わかりやすい映像に仕上がっている理由は、マギーさんの演技力は勿論ですが、シナリオが大きく影響しています。

シナリオの大枠は、以下の通りです。
・ニーズ喚起
・アプリの利用開始
・アプリの特徴紹介
・アプリによって変化した姿
・キャッチコピー、ロゴ

|ニーズ喚起
マギーさん、お困りです。アプリを使う前の本人の姿を紹介し、不便さや困りごとなどをイメージで紹介しています。

|アプリの利用開始
不便さや困っていたことに対して、対象アプリをダウンロードし、
操作をはじめていくイメージです。

|アプリの特徴紹介
カロリー計算等の特徴をイメージで訴求していきます。

|アプリによって変化した姿
これで、バッチリ!

コストを抑えて制作する場合は、利用イメージを、アニメーションで表現する方法もあります。
ご興味のある方は、2:11以降の利用シーンをご覧下さい。

|弁護士トーク

 (3)アプリの使い方を紹介!

アプリには様々な機能があります。さらには、機能自体もバージョンアップしていくことが多くあります。
そこでその機能の特徴などを短くシンプルに複数本作成することで機能特徴がイメージできるようにします。

|paymo

出典元:paymo(ペイモ)の使い方

まとめ

アプリ紹介映像のポイントは大きく3つです。
(1)無音でも伝わるように!
(2)尺は極力短く!
(3)筐体を使ってイメージづけ!

そして、目的に応じて制作することです。
(1)アプリの注目度を上げる!
(2)アプリの利用イメージを分かりやすく紹介!
(3)アプリの使い方を紹介!

是非、今後のアプリ紹介映像制作のご参考にされて下さい。

参考

※1 CyberZ 「スマートフォンでの動画視聴動向調査」
https://cyber-z.co.jp/news/research/2014/0618_1627.html

※2 App Previews
https://developer.apple.com/app-store/app-previews/

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ