動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

動画広告の効果とは?市場が拡大する要因と成功のポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画広告の市場は年々賑わいを増し、その市場は拡大を続けています。これから動画広告を取り入れる企業も、既に始めている企業にとっても、その効果は無視できません。そこで、ここでは動画広告の現状とさらに効果を高めるためのポイントを紹介します。

 

動画広告は本当に効果をだしているのか

動画広告の現状

スマートフォンで1日に利用される時間が最も長いコンテンツはゲーム、その次が動画だという調査結果はご存知でしょうか。モバイル機器の登場によって、動画をいつでもどこでもみられる状況は当たり前になりました。そのため、多くの企業がWeb上に動画広告を打ち出しています。中でも、動画広告の効果が高い媒体がSNSです。SNSで視聴した動画が商品購入につながるかを調査したレポートでは、74%の人が「商品購入の意思決定に影響している」と答えていました。SNSはほかの動画サイトや、Webサービスよりも拡散性が高いことも、広告効果を高めている要因かもしれません。

動画広告の効果が伸びている理由

動画広告が成長している背景には、テレビCMの訴求力低下が要因にあげられます。テレビを1日に15分以上視聴している人の割合は年々減少しており、特に若い層の視聴率は休日であっても高まりません。そして、テレビCMではアプローチできない層が拡大している状況は広告主側でも理解しています。だからこそ、視聴しているユーザーの多い動画配信サイトやSNSを使った動画広告市場は拡大しているのでしょう。

動画広告は他の広告コンテンツと何が違うのか?

Web上で行われているマーケティングは動画広告だけではありません。それでも動画広告が多くの企業に注目されているのは、動画に詰め込める情報量の多さが要因です。動画広告では、映像・音・文章を組み合わせてユーザーにアプローチできます。実際に商品やサービスを利用している状況をみせて伝えられるので、ユーザー側がイメージをつかみやすくなるメリットが得られます。動画広告のメインストリームとは一言で「動画広告」とまとめていますが、いくつかの種類があるのはご存知でしょうか?それぞれの特徴を紹介しますので確認してください。

動画広告には3つの種類がある

インストリーム広告

動画サイトでよくみかける、動画の視聴前や途中でCMのように表示される動画広告です。動画を強く訴求でき、ブランディングの費用対効果が高いことがメリットになります。クリックすることで簡単にホームページや商品サイトに誘導できるので、顧客の流入・商品やサービスの利用につながりやすい点も魅力です。そして、現在利用されている動画広告の約7割がこのインストリーム広告と言われています。その効果は衰えずに成長していくと見込まれているので、今後もメインの動画配信方法として活躍していくでしょう。

インバナー広告

Webサイト上のバナーに埋め込まれた動画広告です。最近はカーソルをあわせると拡大表示され、インパクトのある動画広告が流れるものもみかけるようになりました。インバナー広告の強みは動画サイト以外の広告枠に表示できる点です。そのおかげで、普段動画サイトをあまり利用しないユーザーにも従来のバナーと同様にアプローチできます。

インリード広告

動画広告の中でも新しいフォーマットです。ユーザーがWebページをスクロールしているときに、設定された箇所が表示されると動画が自動再生される仕様になっています。メインコンテンツの中にあることが条件となり、単にスクロールして表示される場合はインスクロール広告と呼ばれます。インバナー広告と違い、画面内に正しく表示されたときにだけ再生されるので、効率的な訴求が可能です。

動画広告はどこに出すべきか

動画広告を打ち出してる主な媒体は、Youtubeなどの動画配信サイトや、FacebookなどのSNSになります。それぞれ特徴やユーザーの属性が違うので、自社の商品・サービスにあった媒体に動画広告を打ち出しましょう。

【Youtube】

ユーザー数が最も多く、老若男女問わず利用されている媒体です。インストリーム広告も多く利用されています。

【Facebook】

SNSの中では利用者の年齢層が高めになります。実名メディアになるので、ターゲット層の調査がしやすい点がメリットです。

【Twitter】

10代~30代のユーザーが多く、日本ではFacebookよりもアクティブ率の高い媒体。何よりも拡散性が高い点が特徴で、目を引く動画は企業の知名度を高める効果も期待できます。

【Instagram】

20代~30代の女性ユーザーによく利用されています。フィード内動画広告だけでなく、24時間で消えるストーリーと呼ばれる機能を使うことで期間限定の動画広告を打ち出すことも可能です。

動画広告も具体的な目標にもとづいた分析が重要

動画広告で目的を達成するためには、打ち出して終わりではなくコンテンツとして最適化し続けなければいけません。閲覧数だけでなく、何秒程度視聴しているのか、どのシーンで離脱することが多いのかを分析し改善していきましょう。注意する点として、認知を広めたいのか、購入させるため誘導したいのか、目的によって改善する内容が変わります。閲覧数を重視するかコンバージョン率を重視するのか、目標と課題をしっかり把握してPDCAサイクルを回すようにします。

動画広告の効果を上げる!その4つの対策方法とは

動画広告の効果を得るためには、NGとなる要素もあります。それらの要素を排除していくことで、ただ動画広告を打ち出すよりも高い効果を得ることができます。

1.強制はNG!みたいと思わせる工夫を

インストリーム広告によくみられる、数秒たつとスキップ可能な動画広告。最後までみてもらえないので、ほんとに効果があるのか不安と思う方もいるかもしれません。せっかく広告費を出しているのだから、スキップされず確実にみてもらえる動画広告を重視したい気持ちもわかります。ですが、スキップできない広告はユーザーのストレスとなり反感を買う可能性があるのはご存知でしょうか。広告に興味を持ってくれたユーザーにとっては、情報量が多い動画広告は最適なアプローチです。一方で、興味のないユーザーに強制的に動画広告をみせるとネガティブな反応が返ってきます。まずは興味を引く動画を作り、その上でユーザーの快適性を考え広告をスルーできる仕組みも大切です。

2.長い動画は面倒!要件は手短に!

アメリカで行われた動画マーケティングの調査では、約90%のユーザーが「動画広告が商品・サービスについて理解を深めるのに役立っている」と答えていました。ただし、95%近くのユーザーが動画の長さは「2分未満であるべき」だとも答えています。特にインストリーム広告はユーザーが別の動画をみにきたときに流れるので、ユーザーの行動を制限することになります。そのため、長時間の動画は好まれません。短い再生時間でアプローチできるように、要点をまとめた動画広告を心がけるようにしましょう。

3.広告はあくまで手段。目的を忘れずに!

「とりあえず動画広告を打ち出す」ことが目的であれば、その効果や結果については考えなくても良いでしょう。実際には商品やサービスをより認知してもらいたい、利用してもらいたいといった目的で動画広告を打ち出していると思います。動画広告の効果を最大限に発揮するためには、その目的にあわせたプランニングが必要です。プランニングができていないと、実施した効果がよくわからない、PDCAサイクルが回せないといった事態になりかねません。動画広告は目的達成のための手段であることを常に意識し、実施後の分析・改善を繰り返しましょう。

4.WEBマーケティングに強い制作会社を選ぶべき

自社のみで動画広告を打ち出すのは、可能ですが限界があります。そのため、外部の企業に依頼するケースが一般的ですが、商品・サービスを熟知していなければその魅力を伝えるのは難しいでしょう。制作会社に依頼するときは「制作」に力を入れていることはもちろん、「マーケティング」にも力を入れている企業がおすすめです。ビジネススキルを持つ人間が、市場、競合調査を行い企画・提案ができるのであれば高い広告効果が期待できます。

 

市場拡大を続ける動画広告の活用

動画広告は強いインパクトで、多くの情報をユーザーに伝えることができます。テレビよりもPC・スマートフォンの動画視聴率が高まっている今、その効果は無視できません。しっかりと効果を得るために、目的にあわせたプランニングを立て、PDCAサイクルを回していきましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ