動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

動画作成にはどれくらいかかるのが一般的?動画制作の費用相場について

このエントリーをはてなブックマークに追加

高いマーケティング効果を発揮する動画広告ですが、ノウハウのない企業が自作するのは至難の業です。そのためほとんどの場合、動画広告は映像制作会社に制作を依頼することになります。しかし、会社ごとに制作にかける費用やその内訳は違うため、費用の相場が把握しづらいことが問題です。ここでは、動画制作依頼を検討中の方のために、一般的な費用の相場と、それぞれの予算に応じた制作の手順と内訳を紹介します。

動画制作の見積もり相場

動画制作ではなぜ費用が異なるのか?

動画制作で同じ尺の長さで、同じ内容の依頼をしたとしても、見積もり額が大きく異なることがあります。どちらかが相場から外れているということもありますが、大抵の場合はそうではありません。各社ごとにメインとする制作手法は異なります。そのため、依頼する側は同じ条件を出したつもりでも、何が最適かという判断や見積もり額も違いが出るケースが多いようです。こうした行き違いを避けるために、動画制作会社では、あらかじめ予算額に応じたプランを用意していることもあります。

動画制作の見積もり例

制作会社ごとに違いはありますが、エントリープランなら20万円~、スタンダードなプランなら50万円~、ハイグレードなプランなら100万円~という料金プランが相場です。動画制作を依頼する際は、こうしたプランを目安に必要な条件とそうでない条件を足し引きして、実際の予算を考えると良いでしょう。そのため、正確な見積もり相場を知るには、作業内容の内訳を知ることが不可欠です。ここからは、この3つのプランを例にとり動画制作の手順と内訳を見ながら、金額にどのように影響するのかを解説していきます。]

動画制作の手順

動画制作の見積もり内訳を比較するためには、動画制作の手順について知っておくことが不可欠です。納品までにかかる作業工程の内容をご紹介します。

1.ヒアリング

まずは動画制作の方向性の確認を行います。何を目的として動画制作をするのか、予算はいくらなのか、といった点を確認します。動画を見てもらいたいターゲットや、その動画を見たターゲットに何をして欲しいのか、といった目標を明確にしておきましょう。これらの目標が明確なら、動画の具体的なイメージや方向性が決まっていない場合でも、ヒアリング担当者が最適な制作方法を提案してくれます。

2.企画構成

ヒアリングで確認した方向性を元にして、動画制作の企画を構成します。動画制作の根幹となる部分なので、チェックはしっかり行いましょう。低料金のプランなら、既存のテンプレートにあわせて企画構成を行います。専門のプランナーを手配する必要がなく、これまでの制作手法を使いまわせるため格安です。その反面、ターゲットに対する訴求力も一定のものになります。

新規で企画を構成したり、ターゲット分析などのプランニングをしたりする場合は、専門のプランナーやシナリオライターを用意することが一般的です。スタンダードプラン以上なら、ターゲット層の選定やマーケット状況のリサーチなどを行ない、綿密に企画を練っていきます。さらに大企業向けの最高級プランならコンペを開催して、各地から優れたプランナーを募集することもあります。

3.撮影

スタジオやロケ地の選定から、実際の撮影までを行います。企業の公告用の動画制作の場合は、企業の敷地内で撮影を行うこともあります。おさえていた日程をずらすとキャンセル料が発生することもあるため、日取りは慎重に行いましょう。撮影日数は簡単なものなら数時間で完了しますが、本格的な撮影を行うなら短い動画でも数日にわたって行うこともあります。

撮影の進行は、プロデューサーとディレクターが担当します。プロデューサー動画制作全体の予算やスケジュールの管理を行い、ディレクターあるいは撮影監督は撮影現場での指示を行う役職です。エントリープランの場合は、プロデューサーとディレクターは兼任することで費用を節約していることが多く、簡単な撮影の場合ならカメラマンも兼ねていることがあります。

4.編集

編集は、撮影した映像をつなげたり、カットしたりする仮編集と、動画にCGやテロップなどの映像効果や音声を加える本編集の2段階に分かれています。本格的な編集を行うためには、編集スタジオの手配が必要です。効果音やBGMを加える場合は、制作会社が所有している著作権フリーの素材を使用することが一般的です。簡易的な編集で充分足りる場合は、制作会社のPCで編集を行うこともあります。

5.納品

完成した動画を依頼主に納品して制作完了です。納品方法はDVDやBDディスクなどに収録するか、依頼主のサイトに埋め込むなどの方法で納品します。ディスクでの納品の場合は、ジャケットなどのデザインを行うこともあります。

 

動画制作費用の内訳

動画制作費用は、各社の方針やプランによって内訳が大きく変動します。ここでは動画制作費用の内訳がどういった理由で変動するのか紹介します。

1.企画構成費

企画構成は、動画制作の目的にあわせてシナリオを構成するため、どの程度オリジナリティを発揮したいのかで相場が変動します。エントリープランの場合は、既存のテンプレートに沿った構成をしたり、自社でコンセプトを用意したりすることが一般的です。新規で作成する場合は、動画の長さとプランナーの知名度、プランニングのための調査時間などに比例します。動画の長さは15秒、30秒、それ以上といったように秒数によって分けられていることが一般的です。またアニメーションの場合は、キャラクターデザイン費用などの費用もかかります。

2.人件費

人件費は全体を統括するプロデューサー、ディレクターと、それぞれの現場を担当する撮影スタッフの人件費がかかります。プロデューサーやディレクター以外のスタッフとしては、カメラマン、録音スタッフ、美術スタッフなどが主です。さらに撮影の規模によっては、照明スタッフや出演者、メイクスタッフなどが加わる場合もあります。これらのスタッフは日給制であることが多いため、撮影日数の長さによって人件費が変動します。

3.撮影費

撮影にかかる機材やスタジオのレンタルにかかる費用です。インタビュー形式の動画など小規模な撮影なら、ハンディタイプのビデオカメラでも撮影できる場合もあるため、低い費用で済みます。本格的な撮影を行うためには、業務用カメラや録音機材、照明機材などが必要になるため、それらの機材費が必要です。さらに撮影の規模によっては、映画などで使うような高級機材を使用する場合もあります。撮影は簡単なものなら数時間で済み、本格的な撮影なら数日かかります。当然、撮影日数に応じて、必要な費用も変わってきます。アニメーションの動画制作を行う場合は、作画、背景など複数の担当に分かれて作製を行います。

4.編集費

編集スタジオを借りるかPCで作業するかで大きく変動します。編集スタジオを手配する場合、仮編集なら1時間単位のレンタル費用が必要で、本編集で必要になる費用は、作業の内容によっても変動しますが仮編集の倍の金額が相場です。さらにナレーションを入れる場合は、録音スタジオのレンタル費やナレーターへの人件費が発生します。効果音やBGMの費用は、3つのパターンが考えられます。制作会社が持っている著作権フリーの素材を使用する場合、既存の楽曲の使用、あるいは新たに必要な素材を収録する場合の3パターンです。既存の楽曲を使用する場合は、著作権料の支払いと申請にかかる手数料がかかり、新しい効果音などを用意する場合は収録費がかかります。

5.納品費

完成した動画を納品するためにかかる経費です。納品するメディアによって変動します。DVDでの納品なら、マスターディスクの作成費やダビングなどの費用が必要です。さらにディスクやケースのパッケージを印刷する場合はデザイン費と印刷費が必要で、簡易的なデザイン・印刷なのか販売用などの本格的デザイン費なのかによって相場が変動します。その他に、WEBサイトに埋め込む場合ならコーディング費、テレビCMで放送するなら、放送局用の納品を行うためにプリント費が別途必要です。

動画制作はコストと効果のバランスが重要

動画制作を依頼するときはコストだけではなく、完成した動画がもたらす効果についても考えましょう。重要だと判断した部分には、相場だよりにするのではなくしっかり費用をかけることが必要です。ここでご紹介してきた作業内容と内訳を参考にして、どの部分が重要か、どの部分を安いものに置き換えて良いか、という点を制作会社としっかり相談して決めていきましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ