動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

Youtube広告は最初の5秒が勝負!見られる動画広告のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtubeを見るときに、誰もが嫌うものがあります。それが”最初の5秒”の広告です。自分が見たいと思ってクリックしたのにも関わらず、広告がでてきて、「早くスキップしたい!」そんな経験誰もがあると思います。中には、スキップができないようにしている広告もあり、「早く終われ!」と誰もが思っているでしょう。

 

しかし、実は、ある調査によると、国内の4割以上が最後までYoutubeの広告も見ているという調査がでているんです。

 

s_2

 

本当に?と思われた方も中には多くいると思います。そうは言っても邪魔だよと思われる方もいると思います。誰もが嫌いなものを好きにさせるのは、恋愛でも、仕事でも、本当に大変なことです。

 

だからこそ”こだわる”ことが非常に大切になってきます。では、何に”こだわる”ことが必要なのでしょうか?それは、「つかみ」です。

 

普段のコミュニケーションでも、人の第一印象は3秒で決まるとよく言われます。しかも、その印象が決まってしまうとその印象を覆すことは中々できません。実は、これは動画も一緒なのです。最初の印象が悪ければどうしても最後まで見られません。反対に最初の印象がよければ最後まで気になって見てくれます。よく”Youtube広告は最初の5秒が大切”と言われますが、まさにその通りです。

 

では、各社どんなこだわりがあるのか見てみましょう。
まずはあのグーグルから。

「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ」
「ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ」
思わず二回言ってみました。いったいここはどこなんでしょう?

 

そんな答えが気になり、場所を検索した人は多くいるかもしれません。つまり全くどこか検討つかないけど、なぜか気になる。そんな人の心理をぐっとつかんだ映像になっています。検索というわかりやすいサービスですが、それを見てもらうために、駅の場所にひたすらこだわっているという視点が伺えます。

 

次は、コカ・コーラのスプラッシュです。

これは、今ではスプライトの鉄板のCMになりましたが、これが最初のスプラッシュシリーズになります。いきなりばかでかい自販機が出てきます。

 

そこで「これは一体何?」と思わせ次の展開を気にさせる作りになっています。普通ではあり得ないものを見せることで、印象を残し、見たいと思わせる映像です。いまでは、スプライトはスプラッシュカートやスプラッシュスライダーなど、様々なシリーズを作りイベントも開催しています。

 

最後は、世界のトヨタです。

最初の質問が深すぎます。誰もが考えざるを得ない質問が投げかけられることで、一瞬広告かどうかも忘れさせてくれます。そして、他の人はどう思っているかが気になるので、そのまま映像を見てしまうというこだわり方をしている映像になっています。

 

いかがでしょうか。
意味不明な言葉、見たことのない物、そして、誰もが考えさせられる議題。いろんな表現で動画を作り上げています。単なる広告といっても、最初の5秒にその企業のこだわりが見えてきます。その5秒に全力を注いでいるといっても過言ではありません。そういったこだわりを見抜くことで、Youtubeの最初の動画も見え方が変わってきます。

 

ぜひ動画広告をこれまでとは違った視点で見てみるのはいかがでしょうか。意外と面白い映像に出会えることがあるかもしれません。

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ