動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

動画広告を効率よくターゲットに配信 動画DSPの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティングに関わっている人であれば、DSPという言葉、一度は耳にしたことがあると思います。むしろWeb広告を効率的に運用するにあたって、DSPはマーケターにとって欠かせない存在になっています。最近では動画広告でも多く運用され、メディアを限定せず、低価格で、ターゲットにピンポイントに情報発信することが可能になります。今回はそんな動画DSPの特徴とそのメリットをご紹介します。

 

動画DSPとは?

まず、動画DSPの基礎知識やメリットをご紹介します。 DSPとは「Demand-Side Platform」の略です。Demand-Sideとは広告主のことで、端的に言うと、「広告主が、広告効果を最適化するためのツール」がDSPです。DSPでは、メディア来訪者の情報(性別、年代、嗜好性、行動履歴)に合った広告を表示させる仕組みがDSP やSSP(サプライサイドプラットフォーム)にあるため、効率的に広告配信を行うことができます。また、接続先のSSPやアドエクスチェンジによって配信先を日々変化するのも特徴です。

 

つまり、広告主側は広告を配信したいターゲットと予算さえ設定すれば、後はDSPが自動的に最適な広告配信を行ってくれるので、コストパフォーマンスを高めることができるということになります。

 

動画DSPのメリットとは?

1.興味関心の高いユーザーに絞りこんだ配信を行うことができる

動画DSPを利用することで、狙ったユーザーに広告を配信することができます。動画DSPはユーザーのCookie情報(「性別」「年代」「嗜好性」「行動履歴」など)をもとに、セグメントをかけることができ、自社の製品やサービスに興味関心の高いユーザーにターゲットを絞りこんだ広告配信を行うことができます。

 

2.類似ユーザーをターゲティングして、広告配信することが出来る

動画DSP広告のなかには、過去に製品の購入や資料を請求したユーザーと類似した行動をとるユーザーをターゲティングして、広告配信することができます。これを利用することにより、広告の費用対効果を良くすることにつながります。

 

3.広告運用者の工数削減ができる

これまでGDN(Googleディスプレイネットワーク)やYDN(Yahoo!ディスプレイネットワーク)では、手作業で入札単価の調整や広告配信の調整を行っており、運用工数がかかってしまっていました。 動画DSPを使えば、そのような作業を半自動で最適化してくれるようになります。その分、広告のクリエイティブや効果分析といった思考することに時間を使うことで、DSPの利用が広告の成果最大化にさらに繋がるでしょう。

 

動画DSPを選ぶ際のポイント

動画DSPの特徴やメリットがわかったところで、今度はどの動画DSPを選べば良いか、その選定方法を確認していきましょう。実は動画DSPサービスにもさまざまな種類がありますので、実際に導入する際の参考にしてみてください。

 

在庫(インベントリー)数と広告の種類

まず、動画DSPを運用するとなっても、その広告が表示できる在庫がなければ意味がありません。在庫数が多く、ユーザー数も多い広告枠に配信することで、リーチを高め多狙っているユーザーと接触することが可能になり、さらには広告単価も抑えることが可能になります。 在庫数と種類は動画DSPが接続しているSSPやアドエクスチェンジに左右されます。大手の動画DSPどうしでは、さほど在庫数に大きな差は見られませんが、一方で独自の入札先となるメディアを在庫として保有している動画DSPなどもあります。

最近では、PCだけでなく、スマホやタブレットなどのモバイルに対応しているものもあります。広告を配信したいターゲットの年齢層や性別などによって、大きくデバイスの特徴が変わるので、どのデバイスがよいかはターゲットを軸にして考えるとよいでしょう。

 

最適化が行えるか?(オプティマイゼーション)

動画DSPでは、配信した広告から得られたデータを蓄積することができ、そのデータを基に次の配信を調整することができます。これを最適化と言います。「どの時間帯にクリックされやすいか」「どのターゲットが最もクリックされやすいか」などのデータを分析し、より効果が高くなるような運用調整を行うことができます。

 

ターゲティング機能

広告を配信するにあたり効果的なのがターゲティング機能です。Cookieの情報を基にさまざまな層に絞ってアピールすることができます。 オーディエンスデータをもとに、性別や年齢という属性だけでなく、WEB閲覧履歴など、興味関心でセグメントすることも可能です。さらにデータを拡張し、コンバージョンした類似ユーザーを抽出する機能を備える動画DSPもあります。

 

おすすめ動画DSP

TubeMogul

世界15地域に拠点をおく米国トップクラスの動画広告配信プラットフォームで、実績広告主は200社を超える大手動画DSPになります。日本にも拠点があり、YouTubeをはじめとする多くの配信先を保有しています。TubeMogulでは再生前に広告が流れる「プリロール動画広告」、再生中に挿入される「ミッドロール動画広告」、再生後に表示される「ポストロール動画広告」など広告のタイプも様々で目的に応じて選定することができます。

また、TubeMogulでは、独自に提供している定量調査「Brand Sights」を使うと、プリロール広告枠でマクロミルなど他社のサービスを利用せず、ブランドリフト調査を行うことができます。これによりブランド認知のリフトアップなどを確認することができ、ブランド認知やブランディングを目的とした広告主向けの機能が充実しているといえます。

Yahoo!プレミアムDSP

Yahoo!JAPANが運営する動画DSPサービスです。日本トップのユーザー数を誇るYahoo! JAPANのページに広告を出すことができるという大きなメリットがあり、特に30代以上のユーザーが多い為、M2層(35歳~49歳の男性)F2層(35歳~49歳の女性)をターゲティングしたい場合におすすめです。 月間3億以上のユニークユーザー数とそれに基づくデータを分析して広告効果を最適化することができます。

Unruly

Unrulyは世界展開するアドテクノロジー企業です。DSPだけでなく自社でSSPも持っていることが特徴。ソーシャルでどのくらい拡散するかなども予測でき、ただ広告を配信するだけのインフラとは一線画したインテリジェンスを持っています。また、ユーザーの動画に対する感情反応や動画シェアのモチベーションに関するパネル調査なども行えるのが特徴です。

 

何度もお伝えしているように、動画DSPは効率的にターゲットへ動画広告を届ける上で有効な手段です。しかし、目的を間違えればただのツールになってしまします。改めて自社のマーケテイング課題、そして狙いたいターゲットを明確にした上で、最適な動画DSP、そして媒体にあったクリエティブを考えることが求められます。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ