動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

IR動画、決算説明会動画で投資家を惹きつけるヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

1、IR動画とは

IRとは「investor relations」の略で、企業が株主などの投資家に対して行う情報提供などの広報活動のことを指します。

 

文字のみの資料やパワーポイントスライドだけでは伝えきれないというニーズと、ここ最近の動画市場の拡大もあり、IRに映像を活用する会社も増えてまいりました。

 

今回は初めてIR動画を制作される方にも、何回か制作したがマンネリ化しており新しいエッセンスを取り入れたいという方にも必見のIR映像制作のコツをご紹介いたします。

 

2、IR活動の実態調査からみる課題感

では具体的な映像テイストを見ていく前に、IR活動の実態調査からみる課題感を見ていきましょう。

 

第1位「財務状況に現れにくい企業価値の説明」

株主や投資家は、IR情報を見て投資をするかどうか決めるので、

この方々に必要な情報を的確に伝える必要があります。

 

必要な情報とは、まずは財務情報、これまでの活動成果、そして市場の可能性や今後の経営方針です。

 

ここでいう「財務状況に現れにくい企業価値の説明」とは、市場の可能性や今後の経営方針と言えるかもしれません。

 

財務情報をいじることを出来ませんが、特に市場の可能性や今後の経営方針に関しては、魅せ方によって、株主、投資家の捉え方も大きく変わります。

 

第2位「個人投資家向けIRの充実」

株式市場において、機関投資家が大きな力を持っていることは言うまでもないですが、個人投資家や海外投資家も重要な役割を占めます。

 

日本の株式市場における、海外投資家の割合は6割とデータもあるので、見過ごすわけにはいきません。

 

映像の活用としては、個人にも分かりやすいような工夫や外国語テロップを入れるといったことも必要になってきます。

 

また、第3位にもラインクインしている通り、IR情報を見る場所の工夫ということで、WEBによる開示の充実も、企業にとって必要不可欠な手法となっています。

 

3、IR動画の魅せ方

では、どういった魅せ方をすべきなのか。

今回は初めて制作をされる方向けのオーソドックスな表現方法、

そして、実態調査でも第1位だった「財務状況に現れにくい企業価値の説明」の表現方法について見ていきましょう。

 

①オーソドックスver.

こちらはオーソドックスな魅せ方です。

パワーポイントスライド等をご提出いただいて、制作会社でスライドデザインで動きを加える作業です。シンプルな構成で、リーズナブルに制作することが可能です。

 

参考映像)GMOインターネット

 

②プレゼンテーションver.

こちらもオーソドックスですが、人が登場しプレゼンテーションを実施する映像です。

以下の動画のように、株主総会の様子をダイジェストで編集する際は良い手法です。

 

参考映像)エプコ

 

また、こちらはIR映像ではないですが、プレゼンテーションver.の魅せ方として、

プレゼンターと背景にCG加工でIR情報を展開していくやり方も良いかもしれません。

 

参考映像)IG証券

 

③企業価値の説明ver.

「財務状況に現れにくい企業価値の説明」をどのように表現するか。

 

結論から言うと、必要性を喚起する表現をします。

サービス紹介映像でもよく用いられる手法ですが、

客観的事実を提示して、受け手に確かにいいね!と思っていくただくコンテンツになります。

 

参考映像のキャプチャを見ながら解説していきます。

 

駐車場の上部の遊びの空間に、空中店舗を作るという事業を紹介するにあたって、この市場はどういった状況なのか、伸びしろはあるのか、といった、必要性を喚起する映像が展開されていきます。

 

不良債権対策として、コインパーキングが広がった背景、

そして、今ではコンビニの数に匹敵することを演出します。

s_図1

s_2

そして、この空中店舗のステークホルダーへのメリットを訴求し、

確かにこれいいね!と思っていただく演出が続きます。

s_3

 

参考映像)フィルカンパニー

 

4、まとめ

収益性も社会貢献性もある事業でも、魅せ方次第で変わります。

初めてはオーソドックスver.からでも良いですし、

株主、投資家の目線に立って魅力的なIR映像を手がけられるのも良いかもしれません。

 

参考

※1 グロービス経営大学院 「MBA用語集」

http://gms.globis.co.jp/dic/00261.php

 

※2 一般社団法人日本IR協議会 「IR活動の実態調査」

https://www.jira.or.jp/file/topics_file1_27.pdf

 

※3 日本経済新聞 「外国人投資家、日本の株式市場のシェア6割」

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD1308B_U4A610C1NN1000/

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ