動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

企業向けの研修・教育マニュアル動画で意識すべき、反転授業と動画活用の組み合わ方!

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも反転授業とは何か

まずは、そもそも反転授業とは何かを解説していきます。

 

反転授業とは,授業と宿題(課題)の役割を「反転」させる授業形態のことを指す。通常は授業中に生徒へ講義を行い知識を伝達し,授業外で既習内容の復習を行い,学んだ知識の定着を促す。これに対し,反転授業では自宅で講義ビデオなどのデジタル教材を使って学び,授業に先立って知識の習得を済ませる。そして教室では講義の代わりに,学んだ知識の確認やディスカッション,問題解決学習などの協同学習により,学んだ知識を「使うことで学ぶ」活動を行う。このような授業形態を導入することで,生徒の学習意欲を向上させて知識の定着を促し,落ちこぼれを防ぐなどの効果が期待されている。※1

 

この反転授業はビジネスシーンでも活用されています。

例えば新入社員研修。

入社前にビジネスマナーや社内のノウハウをインプットしておくことによって入社後に即戦力として活躍してもらうことが目的となります。

 

なぜ反転学習が必要なのか

なぜ反転授業が必要なのかについてですが、結論、学習効果が向上するからです。

反転授業を行うことによって、学習効果が向上する理由を箇条書きで上げていくと次のようになります。

 

講義の時間を「実践」に時間 使うことができる。

従来の教育では講義の時間は「学習」が大半を占めていました。

しかし、この手法ですと、実践を自宅等で行うことになり、実戦でつまづいた際に指導してくれる人物がいません。

 

課題を事前に明確にすることができる

「学習」を自宅等で行うことによって自分の課題を明確にでき、講義の場で実践を行いつつ、指導者から指導を受けることができます。

 

時間の削減

直接会わずに研修を行うことが可能なために研修にかかる時間や移動時間が削減できます。

 

場所に制限されない

視聴者がどこにいても研修が可能なため、研修を受ける人間が遠方にいても研修を受けることができます。

また、都合上研修会に参加できない場合も動画であれば問題ありません。

 

何度でも研修を受けられる

自分が復習したい点を何度でも確認できるので、より知識を深めることが可能です。

また、再度確認したい点だけを改めて視聴することもできます。

 

コストの削減

研修にかかる費用(交通費や宿泊費等)を削減することがです。

 

反転授業で活用されている研修動画事例

参考1)

 

この映像はドラマ風の映像に仕上げることによって視聴者に飽きさせないように作られています。

また、この映像で最も訴求したい3点をかばんに例えることによって、訴求ポイントが視聴者の印象に残りやすい映像になっています。

2

 

参考2)

こちらはアルバイトの研修用映像です。

1日の流れをフェーズごとに分けて映像にしており、実際にやるべきことをポイントごとにまとめています。

また、実車に加えてグラフィックも挿入し、重要なを強調することによってわかりやすい映像になっています。

 

参考3)日通グループ

クイズ形式に進めていくことによって受動的ではなく能動的に映像を見てもらうように作られています。また、アニメーションを使用することによって視聴者に親しみやすい印象を与えています。

 

反転授業用動画のポイント

教育映像のポイントとしては講義内容すべてを1本の動画にするのではなく、細かく分けて制作することがポイントとなり、尺としては長くても10分以内が望ましいです。

いわゆる「マイクロラーニング」と呼ばれる手法です。この手法が用いられる理由としては上記で紹介した「②場所に制限されない」が大きく関わってきます。

 

反転授業を受ける場所が家であるとは限りません。例えば電車内スマートフォンやタブレットを活用して授業を受けることもあるはずです。そのため、隙間時間で視聴し終えることができる尺にすることが重要です。※2

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

反転授業とは授業と宿題の役割を反転させることを指しており、集合研修を実演メインの場にするために「学習」は集団研修以外の場で行うことを言います。

実際に反転授業を導入したことによって、成績が向上している例も見受けられます。

 

しかし、動画を自主的に見てもらえないために家族のサポートが必要というデメリットが存在しているのも確かです。今後はこのようなデメリットをどのように解決していくかが重要になってくるはずです。

 

参考

※1 科学技術振興機構 反転授業 ICTによる教育改革の進展
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_677/_html/-char/ja/

※2 オビニオンズ 反転学習モデル導入のメリットとマイクロラーニングの活用
https://www.cicombrains.com/opinions/04/04-160805.html

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ