動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

働き方改革を推進するために必要な動画技術とは?導入事例と合わせて解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革という労働環境を変えるための改善活動が世の中で推進されていますが、うまくいっているのでしょうか?働き方改革の現状と課題、そして企業レベルで実行していくために必要な動画の技術に関して今回は紹介していきます。ぜひ働き方改革を進める上での参考にしてください。

働き方改革とは?

日本政府は企業における労働環境の改善を推進するため、2016年9月に「働き方改革実現推進室」を設置しました。

働き方改革において主に改善すべきとしている内容は「長時間労働の是正」と「雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保」としており、その他にも「柔軟な働き方がしやすい環境整備」や「病気の治療と仕事の両立」など、より日本国民が今の世の中で働きやすくなるための検討・施策を行っています。

そもそも働き方改革が生まれた背景としては、少子高齢化の影響で日本の人口そして、労働人口が今後さらに減っていく状況が予想されており、国力を保つためにも近い未来の労働環境を整える必要があるためになります。


出典: 働き方改革の背景に関する参考資料

人口が減っていくことが予想される中で、今までは認められていなかった多様な働き方を推進していくことで必要な労働人口を確保する施策を実行しようとされています。

また、日本の労働環境で問題とされていることの一つに長時間労働による過労死などがあり、実際にヨーロッパ諸国と比較しても労働時間は長くなっています。働き方改革では、労働人口の確保と長時間労働の是正が主な改善内容となっています。

働き方改革の現状と課題は?

働き方改革の現状

働き方改革の推進が国の大きな課題の一つとなっており、プレミアムフライデーやテレワーク、ノー残業デーなど様々な施策が実行されています。

しかし、実際の労働環境はどうなっているのでしょうか?サイボウズ株式会社はプレミアムフライデーが開始してから約1年後のタイミングで、男女500名に調査を実施しました。


サイボウズ株式会社

表の通り、現状としてはまだ効率が上がっていないと感じる割合が7割を超えており、残業が別の日に発生しているケースも3割を超えている状況で、まだまだ働き方が改善しているとは言えない現状です。

働き方改革の課題

プレミアムフライデーやノー残業デーの施策がうまくいっていない理由としては、なぜなのかサイボウズ株式会社は「働き方改革実践ブック」でこのように記載しています。

ただし、企業は経済活動を通じて利益を生み出すことが目的の1つであり、たとえ働き方を変えたとしても、これまでの仕事量が大きく変わるわけではありません。残業を 減らす代わりに目標数字を下方修正するなんてことは、 現実的には起こりにくいでしょう。また、長時間労働を是正 するために数多く人材を採用する、つまり固定費を大きく増やすほど経営的に余裕がある企業は少ないはずで、例えば子育て・介護と仕事を両立させるために仕事をシェアしようとしても、結局誰かのところにしわ寄せがきてしまうのが現実です。
引用:サイボウズ株式会社「働き方改革実践ブック」

それでは、企業レベルでこの働き方改革に向き合う際に必要とされることは何なのでしょうか。今より効率的に働ける環境を作り、多様な働き方を認めることで、誰かにしわ寄せがいくのではなく、誰もが働きやすい環境にしていくべきです。

多様な働き方を進める上では制度を整えるだけではなく、新しい技術を取り入れることで今までは出来なかったことを可能にすることも手段の一つです。今回はその技術の面を動画という切り口で紹介していきます。

働き方改革の課題を解決する方法は?

テレワーク促進のためのweb会議

従来の企業は社内で働くことが大前提となっていました。しかし、働き方改革の推進によりテレワークのようなインターネットなどを通して時間や場所に関係なく柔軟に働ける業務形態が徐々に認められるようになってきています。

このことにより、様々な理由で会社への出勤が難しい方たちが自宅や近所でも働けることが可能になっています。しかし、このテレワークという遠隔での労働を進める上でも勤め先の企業はそのような業務形態が受け入れるための労働環境を整備する必要があります。

出典元:株式会社ブイキューブ

株式会社ブイキューブが提供する「V-CUBE ミーティング」はクラウド上でweb会議ができるサービスとして提供されています。他にも近年多くのweb会議サービスはリリースされており、遠隔地で働く方と社内で働く人とのコミュニケーションを助ける手段の一つとして利用されています。

このサービスを導入している例としては、東日本旅客鉄道株式会社が利用しており、社員約6万人が誰でも使用でき、テレワーク推進の目的として利用されています。

社員教育を効率的に実施するためのeラーニング

社員の教育といえば、先輩社員が後輩社員をマンツーマンで指導する形や新入社員に対しては一定の期間を確保して、指導する社員がビジネスマナーから働く上での心構えなど幅広い内容を直接指導することが一般的かと思われます。

もちろんこのような指導の形もあるべき姿ですが、指導内容によっては毎回先輩社員が時間を取らずに伝える方法もあるかと思います。

出典:株式会社プロシーズ

株式会社プロシーズは各企業のオリジナル教材を開発しており、様々な企業が研修などで伝える内容を動画上で学べるサービスを提供しています。

事例としては、株式会社日本旅行も導入しており、先輩社員の個々にある営業ノウハウや旅行業務の知識をeランニングの動画を用いて研修に利用されています。

まとめ

働き方改革が推進されている世の中で各企業も労働環境をどう改善していくべきか検討する必要があります。その一つの手段として今回紹介したような新しい技術を用いることも必要になってきます。是非働き方改革の一つの手段として検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ