動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

「まだ縦型動画使ってるの?」話題のスクエア動画と動画の尺に迫る!御社の動画は短尺派?長尺派?【プラットフォーム編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年、動画広告界隈でバズったキーワードの1つに「縦型動画」というキーワードがあります。従来、動画は横型が主流でしたが、SnapchatやPeriscopeといった縦型SNSの普及により、その他多くのプラットフォームでも縦型動画が取り入れられてきたのがこれまでの流れです。

縦型動画の利点は、見やすさにあります。SNSやプラットフォームを使用する際、ユーザーはスマホを横向きに持ち帰る必要がなく、片手で視聴が出来、場所を選ばない点が多くのユーザーの支持を得たからです。ただ一方で、埋没感の高さやSNS上で流れる際の全表示には限界がありました。そこで今、注目されているのがスクエア動画です。

 

スクエア動画ってなに?

読んで字のごとく、縦横比が1:1で正方形(スクエア)の動画のことをスクエア動画と言います。既にFacebookやInstagram、LINEなどでも利用が広まっており、レシピやHow to、ニュース動画など比較的短尺で完結する動画が30〜60秒程度の尺感で利用されています。

スクエア動画が今注目されている背景には、3つのポイントがあります。

①縦型動画の利点である片手でそのまま、場所を選ばず快適に視聴ができる
②縦型動画ほど圧迫感がなく、横型動画よりもフィード占有率が高く目立つ
③比較的短尺な動画にすることで、視聴されやすい

上記に挙げたポイントから、様々な用途で今後ますますスクエア動画での動画広告展開が加速していくのではないかと見込まれています。が、その背景にあるのは、「短尺で、内容がコンパクトな動画が良い」という視聴者ニーズです。ここからは動画制作とは切っても切り離せない動画の尺について、見ていきましょう。

 

尺の長さはどうやって決めるべき?

参照元:https://wistia.com/blog/does-length-matter-it-does-for-video-2k12-edition

米wista社が調査した結果では、1分以内の動画が最も高い確率で最後まで視聴されることがわかっており、尺が5分以上ある動画だと5分以内の動画に比べて、冒頭での全体の30%が離脱することがわかっています。

一方で、本動画アカデミーでも紹介した2017年上半期の日本国内Youtube動画広告トップ10 (参照記事:【見始めたら止まらない】2017年上半期、日本国内で話題になったYoutube広告ランキングTop10)では、120秒以上の動画(最長の動画は210秒程度)が全体の50%、30秒程度の動画が20%、30〜120秒内の動画が30%となっており、半数は比較的長尺の動画になっています。

もちろんYoutube広告ランキングTop10に名を連ねる動画は、有名人や著名人の起用や元々のコンテンツの強さがあり、一概にその結果で尺の正否を決めることはできません。そこで、プラットフォーム別の動画尺の調査結果を紹介します。

 

Facebook、Instagram、Twitter、YouTube別の理想的な動画尺

参照元:https://blog.hubspot.com/marketing/how-long-should-a-video-be-on-native-video-platforms#

米HubSpot社の調査委によると、主要なSNSの4つには理想的な動画尺があると示しています。

Facebook 1分

HubSpot社の調査によれば、1分尺ほどの動画が最もエンゲージメントを獲得できたことがわかっています。情報量が多くフィード上でスクロールしやすいFacebookでは、「いいね!」やシェアといった態度変容をするか否か、時間をかけずに判断できる1分程度の尺が好まれる傾向があるようです。

 

Instagram 30

同社調査の中で最も多くコメントを獲得しているInstagram動画の平均は26秒だとのことです。人間の脳の処理速度から言うと、ビジュアルはテキストより6万倍早いと言うことがわかっており、ビジュアルをメインとしたInstagramでは、スクロールのスピードが他のSNSよりも早い傾向がありそうです。

 

Twitter 45

Twitter上で「#VideoOfTheDay(今日の動画)」がつけられた動画の平均は43秒だそうです。もとより短くつぶやく特性を持ったSNSであり、Twitterも45秒程度の動画を推奨しています。

 

YouTube 2

Youtubeで最もエンゲージメントを獲得した動画の尺は2分程度という結果が出ています。上記3つのSNSとは異なり、YouTubeそのものが動画視聴を目的としたプラットフォームであり、視聴者を惹きつける長尺動画であることが重要と言えます。

 

いかがでしたでしょうか。次回は広告の目的別に適した動画の尺について紹介します。

 

参考

最近SNSで目にする「スクエア動画」って何?事例と活用方法を調べてみた
https://movie-factory.info/archives/597

ビデオの長さは重要ですか?
https://wistia.com/blog/does-length-matter-it-does-for-video-2k12-edition

あなたのビデオはどのくらいの長さにする必要がありますか?Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeの理想的な長さ[インフォグラフィック]
https://blog.hubspot.com/marketing/how-long-should-a-video-be-on-native-video-platforms#

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ