動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

日本のシニアは動画ネイティブ!?動画広告成功の鍵はシニアにあり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます、本年も動画アカデミーをよろしくお願いいたします。多くの企業が仕事始めを迎え、読者の皆様も気持ちを新たに業務に取り組まれているのではないでしょうか。2017年は動画広告において元年を終え、拡大の時期となりました。新しい動画広告フォーマットや動画配信メディアが数多く生まれ、2018年はいよいよその真価が問われようとしています。

 

オンライン動画といえば、その視聴デバイスやメディア、プラットフフォームの特性から若年層がフォーカスされがちですが、実はシニア層にも着実に裾野が広がっていることにお気づきでしょうか。今回は、日本のシニア層の現状や効果事例を交えながら、シニア層に効果的な動画広告事例を紹介していきます。

 

日本のシニアは動画ネイティブ!?

平成28年の総務省の調査によると、Youtube等の動画共有サービスの利用率は50代で70%以上、60代でも約60%という数値が出ており、これはアメリカやイギリスといった世界の先進国の同年代と比較して、高い数値になっています。

出典:総務省

また、ニールセンの2014年調査によればデバイス別のインターネット利用者数の推移を見ていくと、PCは年々減少傾向にあるのに対し、スマートフォンは年々増加傾向にあることがわかりました。同調査では、スマホの保有率に関するデータも公開している中で、10〜60代において最も保有率を伸ばしているのが50代の15%アップ、次に伸ばしているのが40代の11%アップと他の年代に比べて大きな差が生まれています。

出典:ニールセン

一般的にはテレビを視聴するイメージの強いシニア層も、日本国内でのモバイルブロードバンド普及率の高さや鉄道での移動の多さが、すきま時間で視聴されるオンライン動画の特性と合致し、高いオンライン動画利用率を生み出していると考えられます。

さらに、IMJモバイルによる「シニアのインターネット利用に関する調査」によれば、シニア層のインターネット利用頻度は70%が1日2回1時間以上使用し、インターネットでの商品購入率は90%、年間利用総額10万円以上が35%を占めるという結果も出ています。

 

海外でのシニア向け動画マーケティング事例

ここからは実際に海外で取り組まれている、シニア層をターゲットとした動画マーケティング事例を2つ紹介します。

①メルセデスベンツUSA

出典:https://youtu.be/BvHFM8c7cPM

同社のスポーツカーであるMercedes-AMGの50周年記念動画広告を「ノーカントリー」などで知られる有名映画監督コーエン兄弟によって制作をしました。

内容は1969年の映画「イージー・ライダー」のオマージュ作品で、アメリカのベビーブーマー世代(戦後〜1960年代後半生まれ)を対象に、昔のようにはうまくはいかない日常をコミカルに描くことで、Youtubeでは330万回以上の再生回数を記録しています。

 

②ユニリーバ「Devo」

出典;https://youtu.be/-owM4crSd4Q

現在、アパレルや化粧品などの女性向け市場において、年齢に対するアプローチが大きく変化しています。ハイブランドからファストファッションまで様々なブランドが加齢を否定するのではなく、「美しい老い」を肯定するメッセージを動画広告で訴求しています。動画アカデミーでも昨年注目動画として、日本ロレアルやSK-Ⅱのアンチエイジング動画を取り上げました。

参考:【動画は女性の時代】日本ロレアルの動画“Love your age”が100万回再生を突破!アラサー女性を中心にポジティブな意識変容を獲得

参考:【注目動画PickUp】SK-Ⅱのweb動画「期限なんてない#changedestiny」が全世界で6,600万回、日本で800万回再生を突破

 

その先駆けとも言えるユニリーバの「Devo」は、2004年に「Dove Campaign for Real Beauty」を打ち出した結果、10年間で売上を25億ドル(約2800億円)から40億ドル(約4400億円)へと大きく成長させました。2017年もさまざまな年齢、人種、体型の一般女性を採用したクリエイティブでキャンペーンを展開し、多くの動画が数百万から数千万回視聴されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。動画マーケティング、スマホというと若年層ばかりにフォーカスが当たってしまいがちですが、シニア層にも多くの可能性があります。クリエイティブの面では、文字を大きくするなど若年層とは異なる配慮が必要な一方で、視聴者を「高齢者」扱いするのではなくポジティブで前向きなメッセージを打ち出すことで、新たな可能性が見つかるかもしれません。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ