動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

TrueViewインストリーム広告クリエイティブのコツ!事例とあわせて解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeの広告フォーマットはTrueViewとパンバーの2つに大別されます。今回はTrueViewの中でもインストリームと呼ばれる広告フォーマットで広告を出稿する際に押さえておきたいクリエイティブのコツを解説していきますので、ぜひ役に立ててください。

広告主としてYouTubeの広告フォーマットを理解する

新たな広告出稿先として拡大を続けるYouTube。Webに携わるマーケターであればどのようなフォーマットがあるのかをしっかりと把握しておきたいところです。まずは、クリエイティブのコツに入る前に動画広告フォーマットとそれぞれの特徴を簡単に解説します。

YouTubeの動画広告フォーマットは大きく2つ

ずばり

  • TrueView広告
  • バンパー広告

の2つです。

TrueView広告には「インストリーム広告」と「ディスカバリー広告」の2つのフォーマットがあるのですが、今回は「インストリーム広告」に絞りたいと思います。

次に、それぞれの特徴について、簡単に解説していきます。

 

TrueViewインストリーム広告の特徴

TrueViewインストリーム広告の概要としては、

表示方法:動画再生前に表示がされる
仕組み:5秒間はユーザーは広告をスキップすることができない
課金:ユーザーが動画を30秒間視聴するか、30 秒経過する前に動画を操作した場合のみ

となっています。
魅力的なポイントはその課金方法です。課金方法が「表示回数」ではなく、「興味を持ってくれたユーザーに対してのみ」の課金となります。
したがって、認知やブランディングだけではなく、コンバージョンを目的とした広告フォーマットとしても優れています。

バンパー広告の特徴

バンパー広告の概要としては、

表示方法:動画再生前・中・後に6秒未満の動画が表示されます
仕組み:ユーザーは広告をスキップすることができない
課金:インプレッション単価(CPM)に基づき、動画が1,000回表示されるたびに課金

となっています。
魅力的なポイントはその仕組みです。「ユーザーは広告をスキップすることができない」と、広告にしては視認させる強制力が非常に強いです。
しかし、表示回数に基づく課金であるため、コンバージョンというよりは認知やブランディングを目的とした際に、効果を発揮します。

TrueViewインストリーム広告のクリエイティブのコツ

TrueViewインストリーム広告とバンパー広告の特徴を理解していただいた上で、今回はTrueViewインストリーム広告のクリエイティブ作成のコツを解説します。

前提として理解しておくべきこと

そもそも、広告出稿先であるYouTubeは「動画視聴プラットフォーム」であり、ユーザー自体は決して広告を見に来ているのではなく、自分の視聴したい動画があるので、YouTubeに来ています。

したがって、「自社の広告に無関心である」という状態からのスタートであり、その中でいかに「興味を持ってもらうか」「アクションを起こしてもらうか」がポイントとなります。

まさにクリエイティブの腕の見せ所です。

最初の5秒間を突破するには

上述の通り、TrueViewインストリーム広告では、最初の5秒間はスキップをすることができません。換言すればこの5秒間が「ユーザーに視聴してもらえるか・もらえないか」の分水嶺となります。

そういった意味で、この5秒間のゴールは「スキップされないこと」であり、もちろん全体構成の中でバランスを取りながらではありますが、ゴールを踏まえた内容にしましょう。

具体的には、

  • 広告色を無くすこと
  • 「驚き」の要素を含めること
  • 「自分ごと」に思わせること

です。

特に3点目の「自分ごと」に思わせること、に関しては、例えば「共感系」「あるある系」などのクリエイティブが有効です。

例えば、以下の動画はまさにこれらの3点を意識した動画となっています。


フコク生命様/ちょうどいい関係

まず、「広告色を無くす」という点では、最初の5秒で一切フコク生命様の商品内容に触れていません。
次に、「驚きの要素を含める」という点では、「僕らは都合のいい言葉に逃げていた」というキャッチと深刻さを感じる音楽を合わせることで、「いきなり何だろう」「どういうことだろう」という驚きを与えます。最後に、「自分ごとに思わせる」という点では「先輩 深いっすね〜」と、後輩であれば、恐らく意味なく口にしたことが多いであろう言葉を持ってくることで、「共感」や「あるある」を演出しています。

以上の工夫を交えることで、最初の5秒間でいかにスキップをされないか、ということを意識しました。

最後まで視聴してもらうためには

最初の5秒間を突破した後は、「動画を最後まで視聴してもらう」ということがゴールになります。動画を最後まで視聴してもらえる=動画内容、ひいては自社商品・サービスに興味を持ってもらえた、と考えることができるためです。

それでは、具体的にどういったポイントを踏まえれば良いかというと、

  • 3秒〜5秒の間隔で、連続的に視聴欲求を確保すること
  • 広告色を最低限に控えること

です。

「3秒〜5秒の間隔で、連続的に視聴欲求を確保する」とは、最初の5秒間と同様「驚き」や「自分ごと」といった要素を連続的に散りばめることで、ユーザーの離脱を防ぐということです。ザイアンス効果、卑近な言葉に換言すれば単純接触効果と同じ話で、「接触する回数が多ければ多いほど」、今回であれば、「共感するポイントが多ければ多いほど」、動画に対してユーザーは無意識に親近感を得ます。

そして、「広告色を最低限に控える」という点に関しては、最初の5秒を突破したからといって、自社の商品・サービスをガンガン押し出して良い道理はありません。

以上、YouTubeの動画広告フォーマットの中でもTrueViewインストリーム広告のコツを解説しました。コツとして解説した「最初の5秒をどのように突破するか」「動画を最後まで視聴してもらうには」といった点は、まず専門家に意見を求めてみても良いかもしれません。
ぜひ素敵なクリエイティブを作成し、ユーザーを惹きつけてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ