動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

広告の中で「色」が重要視される理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

色には、人の心に働きかける力があります。

 

例えば、コカ・コーラならメインカラーとして「赤」を使用しており、CM等の動画の中でも赤を中心に活用しています。これは、視聴者の興奮を煽り、購買意欲をかき立てることを狙ったものです。この様に実際の企業も、色がもたらす効果を元に戦略を立てています。その効果についてお伝えしたいと思います。

 

―――――――――――――――――――――――――――――

1.現在の世間の色への認識

2.色彩心理学とは

3.動画マーケティングで色彩を考える理由

4.最後に

―――――――――――――――――――――――――――――

 

1.現在の世間の色への認識

企業のロゴ等を見ていると、その企業のイメージカラーが分かります。

 

参考映像1)【コカ・コーラ】ウィンター「リボンボトル」篇 30秒Coca-Cola

このコカ・コーラのCMでは、コカ・コーラのイメージカラーである赤が反映されています。赤い服と白いひげのサンタクロースも、コカ・コーラの広告で起用されたのがきっかけで、世界にこのサンタクロース像が広まりました。この動画では、画面自体に赤っぽい色のフィルターが掛けられているので、自然とコカ・コーラのイメージカラーである赤を目が認識してしまいます。

 

参考映像2)いいなCM イエローハット「Yellow Generation」篇

イエローハットの場合は、企業名にも色が入っていることから、イメージカラーが分かりやすく、CMでも黄色をふんだんに使っています。

 

上のCMの様に、広告には企業のイメージカラーが色濃く出されています。しかし、皆さんはイメージカラーを認識した後、その色の意味について考えた事はあるでしょうか?

 

2.色彩心理学

色が使われることには、意味があります。

 

以下でそれぞれの色が見ている人に与えるイメージや効果について、お伝えします。

①「暖色」

・赤

 情熱・興奮・欲望を刺激する効果があります。「今すぐ」という緊急性を演出して消費者の衝動買いを誘発し、食欲をそそる効果もあります。なので、食品の販売促進や、スーパーやデパートの「安売りセール」の文字の背景に赤が使われるのも、これらの効果が理由です。

・オレンジ

楽天的で活気溢れるイメージを視聴者に与えます。こちらも赤色と同様、衝動買いの誘発や食欲をそそる効果が期待されます。

・黄

自然光に近い色で、喜び・希望・社交的というイメージを視聴者に与え、楽しく明るい気分にさせる効果があります。その他にも、注意を喚起する効果もあり、信号にも使われています。

 

②「中性色」

・紫

高貴さ・優雅さ・知性の高さといったイメージを視聴者に与えることが出来ます。

・緑

健康・繁栄のイメージがあります。安心感が求められる食品・健康関連の商品・サービスのPRに向いています。

 

③「寒色」

・青

信頼感・安心感のあるイメージを視聴者に与えます。金融・法律関連等の業種PRに向いています。一方で、欲求を抑える効果もあるので、食欲を煽る必要のある食品の広告にはあまり向きません。

 

④「白黒」

・白

清潔さや空間を広く見せることが出来ます。

・黒

力強さや高級感、洗練されたイメージを伝えます。

 

この様に、それぞれの色に特徴があり、色によって伝えられるものも異なります。商品の分野によって、お客様の購買意欲を下げてしまう可能性がある色もあるので、注意が必要です。

 

3.動画マーケティングで色彩を考える理由

動画マーケティングの目的は、最終的に動画の視聴者を自社の商品やサービスの購買や問い合わせに繋げることが目的です。時間の短い動画で、いかに視聴者の購買意欲をかき立てられるかは、活用出来るものを効果的に使用出来たかどうかに懸かっています。

人間の目の視覚情報のうち、80%以上が「色彩の情報」と言われています。つまり、視聴者のほとんどが色に影響を受けているということです。短い時間の中で、効率的にお客様を獲得するためには、配色にまでこだわる必要があります。

 

4.最後に

ここまで、色の持つ意味についてご説明してきました。しかし、この色彩心理学を活用する際、注意しなければならないことがあります。それは、お客様のターゲットの中に外国の方がいるかどうかということです。日本では、この意味でも、海外では違う意味で使われている色もあります。なので、動画等の広告で色の使い方を考える際は、伝えたいこととターゲットに合った色を活用すると、顧客獲得に繋がるのではないでしょうか。

 

参考資料

※日本コカ・コーラHP 「コカ・コーラにまつわる話 サンタクロースとコカ・コーラ」

http://www.cocacola.co.jp/history_/story/santa

※Video Tech Online 「色彩心理学を動画マーケティングに活かすコツ!CVR向上に効果的な色は?」

https://90seconds.jp/videotechonline/marketing/what-is-the-effective-color-for-increasing-cvr/

※MARULOGまるログ 「色の機能とは?デザインにおける色の役割」

http://www.marukin-ad.co.jp/marulog/?p=334

 

 

 

 

 

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ