動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

感動するウェディングムービーを制作するポイントは?事例と合わせて紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加

人生において重要なイベントの一つである結婚式。この結婚式の場の提供から式の運営などを提供するブライダル業界の一つの業務として式で活用する動画や式中の様子を撮影する動画などの制作をする業務があります。近年結婚式も多様化されてきたことで、結婚式を開く人々の求める動画のニーズも多様化されています。

本記事ではどのような動画があり、高い品質にするために必要なことは何か紹介します。ぜひ動画制作に携わっている方は参考にしてください。

 

そもそも結婚式で動画を制作する意味は?

結婚式において動画はどのような役割を担っているのでしょうか?新郎新婦にとって結婚式は人生で非常に重要なイベントの一つです。結婚を親族や親しい知人と共に祝う場であるので、ただ式を遂行するのではなく、感動や感謝などを伝えられる場にしたいという想いがあるでしょう。もしくは、参加されている方全員が楽しめる場にしたいという想いもあるかもしれません。その際にそのような想いを伝える手段として動画は重要な役割となっています。

動画は画像やスライドショーと違い、一つのコンテンツで多くの情報を観ている方に提供することができます。つまり、感動を生み出しやすく、感謝を伝えやすいコンテンツになっているのです。

 

結婚式で利用する動画は?

オープニングムービー

結婚式の披露宴で新郎新婦の入場前に流す動画がオープニングムービーです。ここでの役割としては、式に参加していただいたことへの感謝と、披露宴開始を伝える役割となっています。

披露宴開始の動画になるので、感動的なコンテンツよりは、ワクワクさせるような演出にするケースが多いです。例えば、結婚式の準備中の写真や動画映像などを活用してメイキング風な演出にしたり、少し凝った動画にすることで笑いの要素を含めた演出にしたりするなどです。

プロフィールムービー

新郎新婦の紹介、そしてそれぞれの生い立ちから出会いを紹介する動画がプロフィールムービーです。式場によってまちまちですが、新郎新婦のお色直しで中座しているタイミングで流れるケースも多くあります。

内容としては、上述の通り新郎新婦の生い立ちやなりそめが中心になるのですが、結婚式に参加されている方と一緒に写っている写真を利用すると、より皆さんで楽しめる演出になるため、多くの写真を利用されることが多いです。

エンディングムービー

新郎新婦が退場し、お見送りの準備をしている間に流れる動画がエンディングムービーです。結婚式に参加された方の名前をエンドロールで流しながら、結婚式当日の様子を流す構成が一般的となっています。

 

良い動画を制作する上でのポイントは?

各動画のコンセプトを明確にする

重要なポイントの一つは動画のコンセプトを明確にすることです。結婚式に参加される方は年齢や性別、そして属性なども異なる様々なかたが参加されています。そのような場なのでコンセプトが明確になっていない動画だと、動画を見えている方もどのような反応をして良いのかわからなくなり、戸惑ってしまう可能性があります。

動画で伝えたいことは感動なのか、笑いなのかなど明確にするような演出を心がけましょう。

効果的なBGMや写真素材を選ぶ

動画を演出する上でBGMや写真素材は非常に重要な要素となります。例えば感動的な演出をしたい場合はそれに沿ったBGMにした方が動画を見ている方に共感されやすくなりますし、ストーリーが伝わるような写真素材を利用した方が見ている方の印象に残りやすくなります。その動画で演出したい内容に沿って、BGMや写真素材を選ぶと良いでしょう。

また、参加されている層は幅広いので、どの層にも受け入れやすいBGMや写真素材を選ぶのが良いです。BGMに関しては、利用する曲に著作権使用料を支払う必要がありますので、注意してください。

 

最近のブライダル動画事例は?

笑いの要素を入れたオープニング動画

【ドラゴンクエスト風】結婚式オープニングムービー

こちらの動画はオープニングムービーとして活用され、多くの人が知っているゲームタイトルの雰囲気を活用した演出となっています。内容としては新郎新婦の出会いから、その後の軌跡を辿り、最終的には結婚式を挙げる構成となっています。BGMも幅広く認知されている音楽を活用することで、動画を見ている方も非常に興味を惹く内容となっています。

綺麗な演出のプロフィールムービー

結婚式プロフィールムービー 【Takuya x Mizuho】

こちらの動画は映像と画像をうまく組み合わせて綺麗な演出となっているプロフィールムービーとなっています。内容としては、現在の新郎新婦の様子を動画で撮影し、過去の写真をストーリーに合わせて交互に出している演出となっています。

感動的なエンディングムービー

結婚式を映画にする 当日編集エンドロール cinematic-days

こちらの動画は当日の結婚式の様子を撮影し、即時編集した上で、流している内容となります。映画のようなクオリティーと落ち着いて感動的なBGMと一緒に、結婚式を振り返られる内容となっています。

まとめ

結婚式という人生において重要なイベントで動画は非常に大切な役割を担っています。結婚式に参加されているかた、そして新郎新婦にとって素敵な1日にするためにも高いクオリティの動画演出をすることは重要なポイントとなります。

高品質の動画を制作したいということは、制作会社に依頼することも一つの手段です。興味がある方はぜひプルークスにご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ