動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや事例をお届けするニュースメディア

2017年のPC動画広告出稿社数は2,330社、前年比24.4%増という結果に

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今動画広告が企業の施策として注目されている中、ビデオリサーチインタラクティブは1月25日、動画広告の広告統計サービスをもとに、2017年の動画広告出稿状況を発表しました。

なお、同発表は同社が独自基準に基づいて収集・DB化した、PCの動画広告やディスプレイ広告などの広告統計サービス「Web Ads Report Advance」をまとめたものになります。今回の結果は、主に、PCの動画広告やディスプレイ広告などの広告統計サービス「Web Ads Report Advance」をもとにまとめたものです。

 

2017年の1年間にPC動画広告(インストリーム広告)を出稿した広告主数は、2,330社。

2016年の広告主数(1,873社)にくらべ、24.4%増加しています。また、2,330社のうち過半数の1,278社は前年の動画広告の出稿がなく、動画広告出稿に関する広告主の裾野の拡がりが窺える結果となりました。

 

2016年は動画元年ということもあり動画広告が注目はされていたが、業界トップ企業が中心であり、業界2番手・3番手企業は様子見をしている傾向がありました。しかし2017年は本格的に動画広告を実施した企業が増え、このデータからも過半数が前年に動画広告の出稿がなく、新規での出稿もしくは再開したことが伺えます。

動画プランナーである筆者自身もこの感覚は実体験で感じています。
動画広告市場の2018年のテーマは、どれだけ継続して出稿しているか、さらに新規広告主が出稿を決断できるかが2018年の期待すべきテーマでもあります。

 

動画広告出稿社数のシェアは旅行・観光系が最多

 

業種別に2017年の動画広告出稿社数のシェアをみると、“旅行・観光”“レジャー”“官公庁”などを含む「他のサービス」が32%と最も多くを占め、次いで「製造業」25%、「IT業種」12%が続いています。それ以外の業種も含め、前年の傾向と大きな変動は見当たりませんでした。

 

旅行・観光でいうと一時期話題になった自治体PR動画である温泉のプロモーションを思い出しますね。

【おんせん県】「シンフロ」篇 フルバージョン SHINFURO:Synchronized Swimming in Hot Spring
https://www.youtube.com/watch?v=20ZWZJgixtw

 

PCとスマートフォン別のディスプレイ広告データ

また、2017年のPC・スマートフォン別のディスプレイ広告出稿社の業種別シェアとくらべてみると、PC動画広告の方が相対的に「製造業」のシェアが高く、逆に「専門店(小売)」のシェアが低い傾向が見受けられます。動画広告だからこの業界が突出しているという傾向はなく、ディスプレイ広告の広告主とさほど差はありませんでした。また、PCとスマートフォンの差も微々たるものです。

 

 

まとめ

動画広告市場は当初の成長推移通り伸びてきており、それに伴い広告主も2016年から2017年にかけて増加してことが伺えました。
2018年もマーケットは加速しているため、さらなる広告主が増える傾向なのではないでしょうか。

 

参考

・株式会社ビデオリサーチインタラクティブ_プレスリリース
http://www.videoi.co.jp/release/20180125.html

<補足事項>
【図表1】PC動画広告出稿社数の推移  *自社広告除く
【図表2】PC動画広告出稿社の業種別シェア 時系列比較  *自社広告除く
【図表3】PC動画広告出稿社の業種別シェア PC / スマートフォンのディスプレイ広告との比較(2017年)
*自社広告除く

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料ダウンロード

運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
ブランデッドムービー|プルークス
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ