動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【編集部注目の業界ニュース】クリエイティブを投資する集団が誕生!他3ニュースをピックアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ピックアップしたニュースは4つ。
今週は夏季休暇に入る企業も多いですが、先週の動画マーケティング業界ニュースを振り返ります。

8/5(月):Filmarksが映画・映像メディアを中心とした動画アドネットワークを開始

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」を運営する株式会社つみきは、映画・映像メディアを中心とした動画アドネットワーク「ByPlay Ad Network」を発表しました。

一般的な動画アドネットワークはアドネットワークの運営主体が広告商品を販売しますが、「ByPlay Ad Network」では広告商品の販売をパートナーの各媒体社が行います。媒体社自身が販売することで媒体社の既存商品と組み合わせたり、媒体社が保有するオーディエンスセグメントを利用することが可能です。

提携媒体は以下の通り。

映画ナタリー(https://natalie.mu/eiga : 株式会社ナターシャ)
THE RIVER (https://theriver.jp/ : 株式会社riverch)
ciatr (https://ciatr.jp/ : 株式会社viviane)
シネマトゥデイ(https://www.cinematoday.jp/ : 株式会社シネマトゥデイ)
TSUTAYA(https://tsutaya.tsite.jp/ : 株式会社TSUTAYA)
ぴあ(https://lp.p.pia.jp/ : ぴあ株式会社)
Filmarks(https://filmarks.com/ : 株式会社つみき)
Movie Walker( https://movie.walkerplus.com/ : 株式会社ムービーウォーカー)
メイジャー(https://www.major-j.com/ : 株式会社メイジャー)

ByPlay Ad Network 独自開発の広告プレイヤーのポイントは以下の通り。

広告領域50%以上表示で再生。
1秒以上再生で再生数としてカウント。
Better Ads Standards ガイドライン 準拠。
VASTの各指標によるレポート可能。
媒体横断のフリークエンシーコントロール。
媒体横断のセグメント配信。
媒体社毎にデザイン最適化。
独自広告フォーマット追加予定。

販売に関しては8月中旬を目処に各パートナーの媒体社から案内があるとのこと。実際の広告の配信は9月初旬となる見込みです。

プレスリリース全文はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000183.000008641.html

8/6(火):動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」でインタラクティブ動画の展開が可能に

株式会社Jストリームは、動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」でインタラクティブ動画「Tou#cheee」の展開が可能となりました。

J-Stream Equipmediaは、延べ1,500アカウント以上の利用実績がある、国内最大級の企業向け動画配信プラットフォームです。企業活動におけるさまざまな動画配信に必要となる機能を、オールインワンで提供します。今回EquipmediaとTou#cheeeが連携したことで、Equipmediaをプラットフォームとして利用したまま、インタラクティブ動画の配信も可能となります。

プレスリリース全文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000041716.html

 

インタラクティブ動画について知りたい方はこちらの記事をご覧ください
今、流行りのインタラクティブ動画とは?メリットや実際のサービスを紹介!

8/7(水):スタートアップ企業にクリエイティブを投資する新会社設立

クリエイター・事業家・投資家が手を組み、世界を変える可能性を秘めたスタートアップ企業に対して、クリエイティブ・マーケティングの知見を「投資」しビジネスにおける成長をサポートする合同会社NEWSが設立されました。

設立のきっかけとなったのは、「何のためにつくるのか」を重視したいという、企業のために働くクリエイターの多くが今抱えている課題意識。クリエイティブやマーケティングのプロフェッショナルとして、異なる分野で取り組んできた梅田哲矢氏、高木新平氏、佐々木芳幸氏の3名を共同代表に、各分野のプロフェッショナル総勢11名で構成されています。

NEWSが作るのは、クリエイティブ版のベンチャーキャピタル。
クリエイティブ・マーケティングの知見を「投資」するCREATIVE CAPITALという事業モデルを採り、提供するクリエイティブに対してのリターンをキャッシュではなく、将来の成長から得ます。このモデルによって、最前線の現場で活躍しているマーケター・クリエイターとスタートアップ企業というこれまで実現が難しかったタッグが可能となります。

スタートアップの中でも生活を大きく変えうる以下5つのメガトレンドに取り組む企業に集中して投資を実行するとのことです。

プレスリリース全文はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000047665.html

8/7(水):働く人々の魅力を伝える動画制作アプリ「Hinome(ヒノメ)」がリリース

株式会社カイラボは、採用における動画コンテンツ重視の流れを受け、働く人の魅力を伝える動画を簡単にスマホ1台で作れるアプリ「Hinome(ヒノメ)」を開発、リリースしました。

動画テンプレートが用意されているため、社内での動画制作が可能となります。また、無料プランから用意されているとのこと。

プレスリリース全文はこちらから。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000045242.html

 

採用動画に関する調査はこちらから。
学生にとって切っても切り離せないスマートフォンと動画、 就活時の採用動画視聴で6割が志望度アップ

編集部より

昨今、企業にとっての「クリエイティブ」や「デザイン」の重要性に注目が集まっていますね。サービスがコモディティ化する今、企業ごとの想いを伝える1つの手段として今後もますますクリエイティブやデザインの価値は向上すると考えられます。

来週もお楽しみに。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ