動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【編集部注目の業界ニュース】ミレニアル世代の習慣実態調査など4つのニュースをピックアップ!



このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ピックアップしたニュースは4つ。
動画マーケティング業界のニュースを振り返ります。

9/30(月):民放公式テレビポータルサイト「TVer」等の広告マーケットプレイスを共同開発

株式会社フリークアウトは、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)と提携し、フリークアウトが提供している媒体社向けプロダクト「Red for Publishers」を用いて、民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」及び各放送局が運営する動画配信サービス等のプレミアムな広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレイス「TVer PMP(Private Marketplace)」を共同で開発、国内外のDSPへ向けた提供を開始しました。

「TVer PMP」は、放送局により厳しく管理・作成された優良なTV番組コンテンツを視聴中に掲載されるインストリーム動画広告であることから、従来のデジタル広告市場が抱えるブランドセーフティーやビューアビリティの課題を解決することが可能です。また、放送と同様のフォーマットでCMが挿入されるため、他のインストリーム動画広告と比較して、非常に高い完全再生率(2019年5月実績:93.6%、在京5社平均)(*5) を持つのが特徴です。

プレスリリース全文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000100.000006798.html

 

10/1(火):格安・大量動画制作サービス「ムビラボ」がゲンダイエージェンシーと業務提携

動画制作のプラットフォーム「ムビラボ」を運営する株式会社フラッグシップオーケストラは、チラシなど紙媒体からネットを活用したプロモーションまで様々な広告プランをトータルプロデュースしているゲンダイエージェンシー株式会社と業務提携を実施、第一弾として、フラッグシップオーケストラの主力製品である「動画」とゲンダイエージェンシーの強みである「エリアマーケティング」を融合し、ポスティングしていたチラシを動画でユーザーにお届けできる「ムビラク」の提供を10月1日より開始しました。

ムビラクは、折込チラシの印刷や制作、販促を行う業者様・代理店様向けの動画制作サービスです。チラシデータをそのまま活用し、1本7万円(税抜)から、フラッグシップオーケストラが動画広告を制作、更にその後のマーケティング、運用等はゲンダイエージェンシーが管理することで、ワンストップで制作、配信、運用、分析まで行うことを可能にしたサービスです。

プレスリリース全文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000022200.html

 

10/1(火):フラーがミレニアル世代の習慣実態調査を実施

フラー株式会社は、新たな「ヒット習慣」を生み出すことを目的として活動する博報堂のヒット習慣メーカーズの協力で「アプリ利用データを元にしたミレニアル世代の習慣実態調査」を実施しました。

調査結果

ミレニアル世代は習慣的に利用しているアプリの利用傾向によって、特徴の異なる6つの習慣クラスターが存在することが分かった。

  1. 「動画習慣」ミレニアルズ(590人)
    Youtubeやniconico動画、テレビ局のアプリなどを習慣的に利用するクラスター
  2. 「マンガ習慣」ミレニアルズ(331人)
    LINEマンガやピッコマ、マンガワンなどのマンガ系アプリを習慣的に利用するクラスター。
  3. 「自己マネジメント習慣」ミレニアルズ(478人)
    Yahoo!カレンダーや家計簿マネーフォワード ME、dジョブ スマホワークなど仕事や家計を管理するアプリを習慣的に利用するクラスター。
  4. 「気分転換習慣」ミレニアルズ(353人)
    壁紙きせかえ系アプリなどを習慣的に利用するクラスター。
  5. 「ソーシャル習慣」ミレニアルズ(470人)
    PIXIVアプリやAmebaブログアプリなどを習慣的に利用するクラスター。
  6. 「ゲーム習慣」ミレニアルズ(343人)
    ディズニーツムツムやモンスターストライクなどのゲーム系アプリを習慣的に利用するクラ
    スター。

プレスリリース全文はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000163.000005362.html

 

ミレニアル世代に関する記事はこちらから
SNOWやYoutuberが当たり前!そんなミレニアル世代に見られる動画広告とは。

 

10/1(火):mark&earth株式会社、「不動産×広告」動画広告配信サービス開始に向けてエレベータかご内へのデジタルサイネージ設置開始。

mark&earth株式会社は、2019年10月1日(火)、動画広告配信サービス開始に向けて、エレベータかご内へデジタルサイネージを設置開始しました。

最初の導入として東京都23区内に1箇所と大阪府へ1箇所の設置を済ましており、まずは年内を目処に東京都内23区1,000箇所の導入を目指します。さらに、国内に設置されているエレベータの約8割を占めるメーカー系メンテナンスの市場から展開し、2020年度には10,000台の設置を目指し、全国展開と事業拡大に向けて10月1日より活動を開始しました。

プレスリリース全文はこちらから
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000049045.html

 

デジタルサイネージに関する記事はこちらから
デジタルサイネージ動画の作り方とは?メリットや使用事例もご紹介

 

編集部より

月初は、業務提携の新しいニュースが多く配信されますね。
来週もお楽しみに。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ