動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

2020年東京オリンピックで登場する最新映像テクノロジーとは?



このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年東京オリンピック・パラリンピックが間も無く開催されることにより、国内では益々盛り上がりをみせています。競技を中心に盛り上がっていますが、それ以外の部分でも注目されており、その中の一つに最新の映像テクノロジーが挙げられます。

日本の技術を世界に伝えるためという観点もありますし、多くの国から多くの人々が訪日するため、その際の課題を解決するという観点もあります。今回はこの最新映像テクノロジーに関してご紹介していきます。

 

2020年に注目の最新映像テクノロジー

5G

最近よく耳にすることも多い5Gとは、通信規格の第5世代という意味でもありますが、日本での5Gサービス開始時期は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのタイミングと言われています。

5Gになることで、現在よりもインターネットを高速にかつ大量に活用ができるようになります。具体的には「多数同時接続」「超低遅延」などが可能になる世界観です。オリンピック・パラリンピックでは多くの人々が一つの場所に集まるため、5Gの特性である「高速かつ大容量の通信が可能」が最大限に生かせることが期待されているのです。

来場者の移動や映像を視聴する上でも5Gの技術が活用されるシーンは多いでしょう。例えば、来場している方が生で競技を見ながら、自身が持っているスマホで競技に登場している一人一人の様子を視聴するということも可能です。

8K

NHKは東京オリンピック・パラリンピックの放映で、過去最大規模の8Kライブを実施することを発表しています。8Kとは、映像規格のことを指し、現在は4Kが主流ですが、8Kになることで今以上に解像度が高く、映像でもリアルな体験をできることが予想されます。

すでに8Kでの放映がされる事例は少しずつ発生してきていますが、今回の東京オリンピック・パラリンピックのような注目を集めているタイミングで大体的に行い、映像規格の技術の進化についても知られるきっかけになるでしょう。

VR

会場に足を運んでいない人でもよりリアルな体験をする方法として、VRが活用されることも予想できます。つまり、競技場に入れなくても、VRを活用すれば、競技場の最前列より近くで選手に近い観戦しているような体験をしたりすることも可能です。近年VRの技術も進歩し、今では家庭用でも高クオリティのVRを体験できるようになっているので、東京オリンピック・パラリンピックのタイミングでVR活用がさらに広がる可能性があります。

 

オリンピックで着目される映像テクノロジー


出典元:内閣府

内閣府は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたコンセプトの一つとして、「新・臨場体験映像システム」を発表しています。そして、東京大会での役割として、「大会開催中の観戦者にいっそう大きな驚きと感動を与えるとともに、世界に日本の技術開発力をPRする。」と説明しています。

これらを実現する上での展開イメージは、新型プロジェクションマッピング技術を活用した注目度の高い開会式・閉会式での演出であったり、有機ELインタラクティブシートディスプレイを活用した街の中での高精度なパブリックビューイングであったり、立体映像や床面プロジェクション立体映像のような今までにはないユニークで新しい観戦スタイルなどを紹介しています。

長期スパンとしては、「世界を驚かせる日本発の新たな映像技術を創造し、国内関連産業を活性化する。」と発表しており、その上でも今回の東京オリンピック・パラリンピックは非常に重要な役割を担います。

 

まとめ

間もなく東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。世界に注目されるスポーツのビックイベントで、日本の技術を世界に発信するイベントでもあります。その中で新しい映像技術を目の当たりにすることになりますが、これらの技術は今後我々のビジネスの場面でも活用されるようになるでしょう。

自身のビジネスとどう接続させるのかという観点でもぜひ注目してみてください。もし、動画に関して何かチャレンジしたいことなどありましたら、動画のプロフェッショナルであるプルークスにご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ