動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

金融業界で動画マーケティングは有効?海外事例や成功する秘訣を紹介!



このエントリーをはてなブックマークに追加

現在動画を用いたプロモーションを様々な業界か実施している中、国内の金融業界は規制業種という側面もあることから他業界に比べて、動画マーケティングに対しても保守的になりがちな側面があるでしょう。一方でアメリカの金融業界では先進的な動画マーケティングを展開しているケースもあります。

今回は金融業界の特徴と動画マーケティングの事例や成功する秘訣などを解説していきます。是非参考にしてください。

金融業界の特徴

前述した通り、金融業界は規制業種という点で他業種とは少し変わった部分があるのですが、具体的にどのような点が違うのか見ていきましょう。

提供できるサービスに差がつけられない

金融業界は金融商品取引法などの法律などが複数あることで、提供できるサービスの差別化を同業種ですることは他業種と比べると難しい側面があります。例えば、ローンの金利や運用商品の利回りもほとんど同じです。

コンプライアンスの縛りが厳しい

また、金融業界はお金を扱う業種からか他業種以上にコンプライアンスが厳しい傾向があります。例えば、非常に魅力的な訴求文言を打ち出しても、金融庁からの注意があると続けることが難しかったり、ユーザーも他業種以上に厳しい目で訴求内容をチェックしたりとキャッチコピーだけでもハードルが高い業種となります。

アメリカの金融業界での事例

国内では規制やコンプライアンスで高い効果の動画マーケティング事例が少ない状態ですが、一方でマーケティング先進国であるアメリカでは金融業界でも動画マーケティングにより高い効果を出しています。アメリカでは、お金への関心が高い富裕層だけではなく、お金のリテラシーが低い層に対しても動画などを使うことでよりわかりやすく、視覚的に理解できやすい工夫がなされており、結果的にマーケティングROIの向上が見込まれているのです。

これから紹介するアメリカの金融企業はそれぞれ日本の銀行よりも動画マーケティングは進んでいます。YouTube公式チャンネルの登録数も違いますし、配信されている動画ジャンルの幅広さや質、量ともにアメリカの方が進んでいるのです。

ウェルズ・ファーゴ社

Getting Started with Wells Fargo

世界にある企業の中でも時価総額が上位に入るアメリカのウェルズ・ファーゴ社は先進的なマーケティング戦略を実施している企業です。

同社が運営している公式YouTubeチャンネルでは、節約や資産管理・運用、お金とビジネスに関する内容などの様々なジャンルの内容がまとまっており、コンテンツの量と質のどちらも高い水準を誇っています。動画コンテンツの配信を通して、顧客に商品理解を促し、徐々にファンになってもらうことで、長期的なリレーション構築を実施しているのです。

ゴールドマン・サックス社

Culture & Diversity

アメリカのゴールドマン・サックス社も動画マーケティングに力を入れています。同社のCEOであるロイド・ブランクファイン氏の講演を動画で紹介されている内容や、会社にある部門の紹介、商品紹介、インパクト投資など幅広いジャンルの内容をYouTubeの公式チャンネルで配信されています。

金融業界で動画マーケティングをする秘訣は?

国内にある金融業界も今後さらなる発展をする上で、最先端のマーケティング手法を取り込んでいく必要があります。もちろん規制業種という難しいポイントはありますが、その中でどのような点を意識して取り組んでいけば良いのでしょうか?

アメリカなどの成功している事例を参考にする

先ほど紹介した通り、アメリカの金融業界は動画マーケティングが国内の金融業界より進んでいます。この成功している事例を参考にする他ありません。もちろん国によって文化や考え、教養が違う部分はありますが、根本となる考えは近いはずなので、真似できる部分を真似し、その上で日本のオリジナリティを加える・アレンジすることで有効な動画マーケティングを試みましょう。

商品ではなく、体験を意識したコンテンツ

金融業界に限らず、多くの業界でサービス単体ではなく、そのサービスを通した体験に注力したプロモーションをするケースが増えてきています。金融業界は他業界以上に商品・サービスの差別化が難しい業種なので、この体験を意識したコンテンツ作りが非常に重要になるでしょう。

動画を用いたマーケティングを行う上でも、ユーザーが動画を見ることで商品・サービスを利用して、どのような体験ができるかイメージさせ、ワクワクさせることが結果的にコンバージョンへ繋がる可能性を高めます。

まとめ

金融業界はもともと規制業種ということで、イノベーションに対して保守的な傾向がありましたが、近年海外でもどんどん新しい取り組みが進んでおり、国内でも徐々に様々な工夫がなされています。動画マーケティングは今後どの業界でも重要なプロモーション施策の一つになるので、国内の金融業界でも多種多様な工夫をしながら、ぜひ有効活用してください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ