動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

病院紹介動画でイメージアップ!利用者に安心と信頼を与える動画制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院紹介動画のポイントとは

近年はホームページなどで紹介動画を公開したり、動画投稿サイトにアップしたりする病院が増えています。紹介動画は、文字や写真では伝えられない情報を伝えることができます。また、明るい雰囲気の紹介動画を提案すれば、大きなイメージアップにつながるでしょう。

「病院のイメージをアップさせたい」、「利用者に安心して利用してもらいたい」、または「利用者の信頼を獲得したい」と考えている方は、ぜひ今回ご紹介する病院紹介動画の制作のポイントを参考に、動画制作に取り組んでみてはいかがでしょうか。

病院紹介動画の効果

音や映像で表現できる動画は見た人の視覚や聴覚に直接訴えかけます。そんな動画を活用して病院などの施設紹介をすることでさまざまな効果を得ることができます。

 

病院の特色や雰囲気などが伝わる

病院は病気やケガをした際に行く場所であり、ネガティブなイメージを持っている方が多いと思います。このようなイメージも、病院内の明るい雰囲気を伝えられる映像を見れば変わるでしょう。

文字や写真だけでは表現しづらい雰囲気を伝えることができるのは動画の大きな強みです。また、病院が力を入れている分野なども動画に盛り込むことができれば、病院全体の特色を全面に押し出すことも可能です。

 

病院が抱える問題点を動画で解消する

病院などの施設には、それぞれが抱える何かしらの問題点が存在するでしょう。例えば「病院の立地が悪くアクセス方法が分かりにくい」、「利用者にとって便利なサービスや取り組みが利用されていない」など。こういう場合は動画で解決できます。

動画内に病院へのルートの説明や最寄り駅の紹介、便利なサービスなど、従来利用者に伝わりにくかった項目を動画で説明することで、よりわかりやすく伝えるだけではなく、効果的にPRをすることもできるでしょう。

 

求職者を獲得できる

求職者に向けた病院紹介動画を制作して、新たな職員を獲得できるでしょう。求職者向けという点を意識して、職員が利用する施設や社員の紹介を動画内のコンテンツに入れて、働きやすさや良い雰囲気を表現できると魅力的な動画に仕上がります。

病院紹介動画の種類

病院紹介動画にはさまざまな効果があると説明しましたが、この効果を最大限に得るために、しっかりと内容を作り込んだ動画制作をする必要があります。ここでは、病院紹介動画で使用される動画の種類をいくつかご紹介します。

 

利用者の声、インタビュー動画

実際に病院を利用している人や働いているスタッフが出演する動画です。感想や意見にリアリティが出るため、動画内容の信頼感が増します。

 

施設の紹介、サービス内容の紹介

施設内の様子や設備、サービス内容を紹介する動画。病院に対する具体的なイメージを膨らませやすいため、利用者が抱く不安を和らげてくれます。

 

病院の歴史や成り立ち、スタッフの紹介

病院が持つ理念や歴史、実績などを紹介する動画はブランディングに効果的です。確かな実績や歴史をしっかりと伝えることで信頼を獲得することができます。

 

施設の利用方法や疑問に答える動画

診療時間や利用方法の説明、利用者が抱いている疑問点を解消する動画です。日頃から質問が多い内容をQ&A方式で紹介しサポート内容を分かりやすく動画で説明すると満足度が高まるでしょう。

 

医師や看護師の1日に密着した動画

実際に働いている医師や看護師の1日に密着した動画は求職者の興味を引きます。また、新人研修の様子などを動画に入れて、働き始めた時の職場環境を具体的にイメージしてもらうことができます。

病院紹介動画を制作する際のポイント

動画の種類を把握したら、次に動画を制作する際のポイントをご紹介します。初めて動画制作を行うという方は、下記のポイントを意識して動画の種類選びに取りかかりましょう。

ターゲットを定めてから動画制作を行う

紹介動画を制作する場合は、初めに誰に向けて作るかを定める必要があります。なぜなら、どのターゲット層に向けるかによって動画の種類やアプローチが大きく変わるからです。

例えば、病院の利用者に向けた動画を制作する場合はサービスの内容や技術、施設の設備などを中心に構成します。これが求職者をターゲットとして定めた動画の場合は労働環境やスタッフの情報などの、働く環境に関する内容のほうが重要です。このようにターゲット層によって求められる情報が違うため、ターゲット層が曖昧なまま動画制作に踏み出すと効果的に情報を伝える動画は作ることができないでしょう。まずは、ターゲットを定めて動画の方向性を決めれば、自ずとどの種類の動画を制作すればよいかが見えてきます。

動画の掲載場所を見極める

動画は制作して終わりではなく、どこかで公開する必要があります。ブランディングが目的なら動画投稿サイトやSNSへの投稿がおすすめです。より多くの人の目にとまる可能性が高まるため、積極的に活用していきましょう。また、病院が抱える問題点を解決するための動画やサポート情報、利用方法や基本情報をまとめた動画は病院のホームページに設置しましょう。利用者の満足度を上げるだけではなく、ホームページ自体の質をアップさせることができます。

参考にしたい病院紹介動画

動画の種類やポイントを押さえて全体的な動画制作の流れをつかんだら、次に動画制作に取りかかりましょう。まず、スムーズに作業を進めるためには完成形をしっかりイメージする必要があります。実際の病院紹介動画をいくつか選びましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

自治医科大学の病院概要

実際の病院内の雰囲気を動画で見せながら、テロップで情報を表示している分かりやすい構成の病院紹介動画です。産休・育休などの労働環境に関する内容もしっかりと説明を入れており、働きやすい職場というイメージを持つことができます

①病院概要~2018看護師編~

 

行徳総合病院の病院紹介

病院で働いているスタッフや院長のインタビューがあり、どんな人が働いている職場なのかが分かる動画です。常に笑顔で患者さんと接することを心掛けている誠実なスタッフが多い病院という印象を受けます。動画全体が明るい雰囲気に仕上がっており病院のイメージアップにつながっています。

[行徳総合病院]病院紹介

 

 

駒込病院紹介動画

病院の成り立ちや力を入れている分野が詳細に紹介されている病院紹介動画です。がん・感染症を中心とした質の高い治療が受けられる病院で、どのような治療・検査をしているのかが分かりやすく動画でまとめられています。施設や入院病棟、売店や食堂の映像もあり、利用しようと思っている人をしっかり獲得できる動画です。

駒込病院紹介動画

 

ポイントや事例を参考にしてイメージアップにつながる動画を作ろう

病院などの地域密着型サービスは、病院紹介を動画で制作することで、利用者から「信頼」と「安心感」を得ることができます。病院全体の雰囲気を明るく表現し、医師や看護師の日頃の働いている様子を動画で見られるようにすることで、良いイメージを持ってもらうことができます。

また、求職者を獲得したい場合も、病院紹介動画は高い効果を発揮します。働きやすい病院ということを全面的に押して求職者にアピールしていきましょう。

紹介動画を制作する際は、今回ご紹介した「紹介動画の種類」と「動画制作する際のポイントを」押さえておけば目的に合った動画を作れます。しかし、テロップを入れるタイミングや画面構成などの映像編集技術に不安がある場合は、動画制作会社に依頼をしてハイクオリティな紹介動画を制作してもらうことを検討してみてはいかがでしょうか。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ