動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

集客力アップ!広告費用をおさえた美容室紹介の動画の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室紹介動画で集客力アップ

美容室の広告を出す際は、店舗を利用してもらうために、集客に繋げられるような内容にしたいでしょう。広告の中でもダイレクトに美容室の情報を顧客に伝えてくれる動画広告の制作方法さえ知っていれば、他の広告費用を抑えることができます。最低限の広告費用で、競合他社の美容室が制作した動画広告に差をつけるテクニックをご紹介します。

高い広告費用はもう必要ない

美容室のオーナーが頭を悩ます問題が「集客」です。どんなに技術力が高くても、顧客を集められなければ意味がありません。かといって、高い広告費用を使って宣伝したらいいというわけでもありません。

多くの顧客が注目するのは、美容師の技術力もありますが、どちらかと言えば、その美容室との相性が合うかどうかという点です。美容室のオーナーが考えがちな「高い技術力=経営の成功」が必ずしも当てはまるわけではないことを理解する必要があります。

また、美容室はひと昔までチラシ広告やテレビCMを使った宣伝広告が一般的だったため、どうしても高い広告費用が必要でした。しかし、開業したばかりの美容室は資金に余裕がないため、あまり広告にお金をかけられないでしょう。

そこで、費用をほとんど使わずに美容室をアピールする方法として、インターネットを活用することをおすすめします。インターネットを使った集客方法はたくさんあるため、顧客の年齢層や興味に合わせたやり方で美容室をPRしてみましょう。

 

【ネットを使った集客方法】

・ホームページを作成する

・ブログで顧客との距離を縮める

・ポータルサイトに掲載する

・インスタグラムやツイッターといったSNSを利用する

 

なかでも、動画広告は集客効果が高く、顧客は「この美容室に行ってみよう!」という心理が働きやすくなります。動画広告が効果的な理由は、文章や写真だけでは伝えにくい部分カバーできるのと、動画に慣れ親しんでいる方が多いということが挙げられます。どのように美容室を宣伝するか悩んでいる方は、動画広告を活用してみてはいかがでしょうか。

動画でアピールするメリット

インターネットでの動画広告が注目されるようになった主な理由としては、以下の点が挙げられます。

 

【動画が注目される理由】

・動画視聴をするユーザーがテレビからネットにシフトしている

・動画視聴サイトのサービス拡大

・スマホの普及率が年々増加している

 

インターネット動画に触れる機会が増えたため、文章や画像よりも印象に残りやすい動画の方が広告として活用するメリットが大きいと言えます。そのため、美容室をどのようにPRしたいかを考えたとき、ほとんどの方が最初に思いつくのは「動画広告」でしょう。インターネットの普及が加速している現代では、テレビや雑誌・チラシよりも、動画が最も身近な存在になっています。また、動画広告はほかの広告よりも宣伝効果が高く、ユーザーの興味を引きつける力があるため、認知度を上げるために最適な方法と言えるでしょう。宣伝用の動画を1つ制作しておけば、いろんなシーンで活用することができるため、とても便利です。

 

【動画の活用シーン】

・店舗またはサービス紹介

・ブランディング効果

・美容師の中途採用・新卒採用

 

実際に、動画広告を見て行動心理が働いた経験があるという方は、半数以上いるという調査データも報告されています。その結果からも、動画広告が与える影響は大きいと言えるでしょう。

顧客の行動心理を動かす動画制作のコツ

今まで動画制作の経験がなくても、コツを押さえておけば、見た人にインパクトを与えて相手の行動心理を動かせるようになります。制作する前にそれらのコツを押さえておくと、訴求や動画制作の流れがブレる心配もありません。

 

お店のコンセプトをまとめる

美容室を経営するにあたっては、必ずコンセプトを設けているはずです。ターゲットとなる顧客の性別、年齢層、収入などといった具体的なイメージがあれば、そこに向けて動画制作を進めることができます。ターゲットのイメージをより具体的にまとめておくと、動画制作の軸もブレにくくなります。

 

動画の活用目的を明確にする

美容室が新しい顧客の獲得を目的としている場合、ターゲットとなる顧客の年齢層に合わせて、相手のメリットになるポイントをアピールする動画を制作します。

店内の様子をそのまま動画にする、美容師の技術力や強みをアピールするといった訴求方法を変えるだけでも、動画内容のイメージが大きく変わるでしょう。動画を使用したコンテンツの事例はたくさんあるため、他の美容室ではどんな動画を配信しているのか事前にチェックしてみてください。

 

どのような動画の流れにするのか決める

お店のコンセプトやターゲットがある程度決まったら、どんな動画の流れにするのかを決めましょう。美容室の場合、いろんなシーンを動画に盛り込むことができます。

 

【動画制作に活用できるシーン】

・美容師によるヘアカットシーン

・顧客の接待シーン

・店内の雰囲気

・オーナー、従業員、顧客のインタビュー

 

これらを上手く組み合わせて、ターゲットとなる顧客が好みそうな映像やBGMにのせて仕上げていきましょう。

 

ターゲット層が多く集まる場所を探す

動画は制作内容はもちろん、ターゲットとなる顧客が集まりやすい場所に配信することも大切です。20代~30代をターゲットにしている場合、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用している確率が高いと考えられます。制作した動画を適切な場所に配信することで、自然とターゲットの目にとまり、再生回数も増えやすくなります。

紹介するサービス内容を最小限に絞る

美容室の紹介動画を制作するにあたっては、どうしてもいろんな情報を盛り込みがちになります。あまりにも紹介するサービスが多いと、美容室の売りがわからなくなって、逆に利用してもらえなくなる可能性が高まります。

お客さんにこれだけは知ってほしいというサービスがある場合、それだけにフォーカスした動画を制作しましょう。動画で紹介するサービス内容を絞り込むことで、美容室が力を入れている技術やサービス内容などを具体的に知ってもらうことができます。

リアルな動画には宣伝力がある

顧客が美容師に求めているのは、「自分が求めているヘアカットをしてくれるのか」どうかです。それを確かめてもらうには、実際に顧客のヘアカットをしている動画を見せましょう。いろんなパターンのヘアカット動画を紹介することで、動画を見ている顧客にヘアカット後の自分の姿をイメージしてもらうことができます。

★ロングからミディアムにスタイルチェンジ‼️ Japanese haircut【CIRCUS byBEAUTRIUM 表参道店】 木暮博志 ビュートリアム ヘアーカット – YouTube

 

 

海外の美容室が配信している動画も、海外ならではの発想や視点で制作を行っているため、とても参考になります。

パリのサロン«Jean Louis Déforges»でヘアカット – YouTube

店舗で撮影した動画は、技術力を鮮明に伝えることができるため大きなPRになります。他の美容室の動画をそのまま真似するのではなく、ご自身の美容室のオリジナリティを加えて、独自の動画広告を制作してみましょう。

完成動画を実際に公開してみよう!

制作した動画で実際に集客効果があるのかどうかを確かめるために、ネット上に公開してみましょう。再生回数や「いいね」の数をチェックしてみると、どれぐらいの人に興味をもってもらえたかということがすぐにわかります。さらに、その動画を見て実際に美容室に足を運んでくれた顧客の数が多ければ、「動画広告の効果はあった」と判断することができます。

いくつかのパターンで動画を制作しておけば、顧客の数だけではなく、どんな動画なら集客効果があるのかという点を見極めることができますよ。様々なパターンの動画を制作して、多くの人に美容室を利用してもらえるようにアピールしましょう。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ