動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

【動アカ編集部×レアジョブ】企業ビジョンの発信にレアジョブ社が動画を選んだ理由とは。



このエントリーをはてなブックマークに追加

企業ブランディングにあたり、自社が展開しているサービスの先にあるビジョンをステークホルダーに共有したいのに、言葉だけだとうまく伝わらない。そういったお悩みを持っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

今回は動アカ編集部がレアジョブ社にお伺いし、企業ビジョンをステークホルダーに伝えるツールとして動画を活用した際のお話をインタビューしてきました。

 

株式会社レアジョブについて

株式会社レアジョブ様は「Chances for everyone,everywhere.」をグループビジョンに掲げ、グローバルに人々が活躍する基盤を作ることを目指していらっしゃいます。今回レアジョブ社では、今後目指している世界観を伝えるビジョン動画を制作されました。

レアジョブ英会話_プルークス

 

事業広報から企業広報への転換期に動画を制作

− まずは、貴社の概要とサービスについて教えてください。

当社は創業12年となるオンライン英会話サービスをメイン事業とした企業です。
個人・法人・学校ともにサービスを展開しており、完全成果保証型のレッスンなどの提供や、今後はこれまでのデータを活用し、個別最適化された学習の提案をすることで、「誰しもが英語を話せるようになる」サービスの提供を目指しています。

− 今回は広報部にて動画をご担当されたとのことでしたが、どういったきっかけで制作されたのでしょうか。

当社の目指す世界観を正確にステークホルダーに伝えていこうと考えたときに、動画制作を考えました。
当社には「オンライン英会話を提供している会社」というイメージが根付いています。それは間違いではないのですが、あくまでもサービスミッション「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」ための手段の一つですし、グループビジョンである「Chances for everyone,everywhere.」という世界を実現するための手段の一つでもあります。
オンライン英会話以外のサービス展開、さらに従来の英語教育事業だけでなく、今後、人材育成や採用の領域などの新たな事業展開も考えている中、ステークホルダの方々とギャップを埋める必要があります。そのために企業広報に専念することを決め、その一つのツールとして動画を選びました。

プルークス_レアジョブ_動画アカデミー

− そうだったのですね。動画というツールを使おうと思われたのはなぜですか。

言葉や文章だけだと掲げている世界観の共通イメージを持てないと感じたからです。
先日中期経営計画を発表し、「グローバルに人々が活躍する基盤を作る」という新たな方針を伝えたのですが、その話を聞いて思い描く世界観は人によって様々。より具体的に伝えるためには、実際にその世界観を描いた動画を視聴してもらうことが一番だと考えました。動画には抽象度を高いものを具体化し、視聴者を共感させる効果があると考えています。

 

携わるプランナーと撮影監督の重要性

− 文章で掲げているビジョンを動画にするのはかなり難しいと思いますが、どのような工程で動画イメージをすり合わせたのでしょうか。

当社内でも共通認識を改めて設定をするのはとても苦労しましたが、最終的には何を伝えたいかのメッセージやコンセプト、内容を統一し、表現に関してはプロにお任せする形にしました。具体的には、私たちの伝えたいメッセージをプランナーの方にお伝えし、絵コンテと参考動画を出してもらいました。それがあるおかげで社内でも一気に議論が進めやすくなりましたね。
以前、プランナーの方を挟まずクリエイターと直接マッチングするサービスを活用し動画制作をしたことがあったのですが、今回はそれだととても難しかったと思います。こちらが言葉にできていない部分も汲み取ってきちんと動画に落とし込んでくれるプランナーの方の役割はとても重要だと感じました。

− 実際の撮影にも立ち会っていただいたとのことですが、いかがでしたか。

こんなにこだわって撮影してくれるのかと感動しました。何名かのカメラマンと一緒に仕事をしたことはあったのですが、ここまでこだわっていたのは初めてです。
特に今回はキャストの方に英語を話してもらったので、英語を話す日本人が、どれくらいのレベルで英語を話すべきか決めるのが難しかったのです。そのため様々なパターンを試しつつ何カットも撮影し、その都度確認できたのがよかったですね。

 

動画を通じてステークホルダーに伝わった世界観

− 完成した動画の反響はいかがでしたか。

代表や役員が会社について語る際に動画を流しているのですが、視聴した方の中で「レアジョブさんが実現したいと言っていた世界のイメージが湧きました」というお声をくださった方がいらっしゃいました。
今回の動画は幅広く拡散するというよりは、当社のことをもっと知りたい、理解したいと思ってくださるステークホルダーに対して考えを伝えることが目的だったので、本当にこの一言に尽きると私自身も感じています。
また、社内でも上映会行ったのですがとても評判がよかったです。動画を制作することで、改めて社内でも共通認識を持つことができました。当社を応援してくださっているユーザーさん・求職者の方々、さらには海外の今後パートナーになりうる企業の方々にも視聴してもらいたいと考えています。

プルークス_レアジョブ_動画アカデミー

− 最後に、これからの動画活用に関しての思いがあれば教えてください。

動画は文字だけだと伝えきれない温度感を伝えることができ、視聴者に共感を与えられると感じています。
たとえば、当社サービスは学校現場にも多く導入いただいているのですが、授業で小学生が一斉に40人程度で、オンラインで一生懸命外国人講師と会話している様子を見ると、鳥肌が立ちます。この体験が、この子たちの今後の人生を変えるのかもしれない、と思うとすごく熱い気持ちになるんです。
そのように、教育という事業の特性上、「この場の空気を伝えたい!」と思うシーンは沢山あるのですが、実際に場を共有してみないと温度感を伝えるのは難しいです。文章や写真だけでなく、そこに動画をうまく活用することで、ステークホルダーの方々にも一つ一つの事象における「空気感」や「温度感」を伝えられたらと思います。

− インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 

編集部より

ビジョンを動画にすることで、目指す世界観をステークホルダーと共有するきっかけができたレアジョブ社。技術力がコモディティ化しつつある今、企業が語る文化やビジョンは誰にも真似できるものではありません。文章や写真だけでは伝わりづらい企業ビジョンの発信と動画は相性が良く、今後主流となっていくと改めて感じられました。

こういったビジョン動画にご興味がありましたら、是非動画アカデミー運営会社であるプルークスにお気軽にご連絡ください。

プルークス お問い合わせ

プルークス 制作実績一覧

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ