動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

動画マーケティング成功の秘訣はこれだ!担当者必見の5つのポイントをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加
動画マーケティング成功の5つのポイントはこれだ!

近年、スマートフォンをはじめとしたモバイル端末の普及や、SNSや動画共有サービスなどの普及により、動画というメディアの利用者数が飛躍的に高まっています。そのため、多くの企業が動画を利用したプロモーション戦略を取っています。

とはいえ、中には「具体的な動画マーケティングの手法についての正解がわからない」「成果を感じられない」といったマーケティング担当者の方も多いと考えられます。そこで今回は、動画マーケティングを成功させるポイントを5つに絞って解説し、動画広告の効果を測定する方法についてもご紹介します。

 

動画マーケティングの概要

動画マーケティングのポイントについて触れる前に、まずは動画マーケティングの概要について整理しておきましょう。動画マーケティングとは、文字通り動画を利用したマーケティング手法のことを指し、サービスの認知度向上や売上増加などを目的として行うマーケティング活動です。動画マーケティングのメリットは情報量の豊富さといわれており、一説によると文章や静止画の数十倍から数千倍にも及ぶ情報を伝達することが可能であるとされています。

また、株式会社サイバーエージェントが2018年に発表した調査結果によると、動画広告の市場規模は2018年度に1843億円へ達し、2022年度には4957億円に達する見込みであることが報告されています。以上のことから、動画マーケティングという手法は見逃せないものになっているといえます。

 

動画マーケティングにおける5つのポイント

動画マーケティングにおける5つのポイント

動画マーケティングについての概要が整理できたところで、続いて動画マーケティングにおける5つのポイントについて解説します。

ターゲットと目的を明確にする

動画マーケティングという手法を実行する上で何よりも重要なことが、ターゲットと目的の明確化です。例えば、目的を売上増加とするのか、認知度向上とするのかで動画で紹介する内容は変わります。また、ターゲットを若年層とするか、シニア層とするかでも大きく内容を変える必要があります。

そのため、ターゲットと目的について事前に明確にしておくことをおすすめします。

ブランドイメージと伝えるメッセージに一貫性を持たせる

ブランドイメージとメッセージに一貫性があるかどうかも、動画マーケティングの成功を大きく左右します。動画マーケティングはまったく新しい手法である、というイメージを持つ方も存在しますが、実際は伝達する方法が変化しただけであり、根幹の目的は他のPR手法と同じです。そのため動画マーケティングを行う際には、他の手法と同じく企業イメージに沿った動画を制作し、伝えるメッセージに乖離が生じないように一貫性を持たせることが成功の秘訣となります。

予算の設定

「現在は動画広告が主流だから、大きな予算を割こう」とやみくもに予算を取っても、動画マーケティングが成功するとは限りません。あくまでも目的に沿った適切な予算を設定することが重要です。伝えたい内容やターゲットとするユーザーの規模に沿った予算配分を行い、他のマーケティング手法とのバランスを取りながら運用しましょう。

チャネルごとにターゲットと動画を最適化する

動画を出稿するチャネルによって、適切な内容やターゲットは異なります。例えば、YouTubeに出稿できる動画広告は5秒から15秒程度と短いため、伝えたいメッセージを絞り簡潔にまとめる必要があります。各チャネルの特性を考慮し、ターゲットや動画内容を最適化していくことが必要です。

PDCAサイクルを展開させる

PDCAサイクルとは、「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)」の4要素を循環的に実施し、継続的に改善していく手法のことを指します。アルゴリズムやトレンドが目まぐるしく変化する動画マーケティングでは、PDCAサイクルを展開し続けることが特に重要といえます。

 

動画マーケティングの効果の測定方法

動画マーケティングの効果の測定方法

動画マーケティングの効果を定量的に測定するには、以下の方法が有効です。

動画のパフォーマンスをステータスごとに確認する

動画の総再生数や動画のリンク先のクリック率、コンバージョン率や離脱率など、さまざまなステータスを集計することが有効です。特に、動画の再生完了率や平均視聴時間など、動画ならではの指標に注視することで、データに基づいた改善点を明確化することが可能です。

分析ツールを活用する

動画のパフォーマンスを総合的に評価するためには、効果測定のためのツールを活用することも有効です。例えば、YouTube専用の分析ツールである「YouTube Analytics」では上記で述べた動画の再生時間などのスコアやユーザーの傾向を計測することができます。

 

さらに動画マーケティングのノウハウについて知りたい方は必見!

今回は動画マーケティングを成功させるためのポイントや手法についてご紹介しました。「動画マーケティングのノウハウをもっと知りたい!」
という方には、以下の関連記事をおすすめします。

HHH戦略を使って動画マーケティング効果を活用した事例はこちら
HHH戦略を駆使して動画マーケティングを効果的に!活用事例を紹介

動画マーケティングの基礎を知りたい方はこちら
【保存版】初心者もこれで完璧!動画マーケティングの基礎知識

費用対効果の良い動画マーケティングの手段はこちら
最適な動画マーケティングとは? 対象別に見た費用対効果良い手段5選

 

まとめ

まとめ

動画マーケティングを成功させるには、まずターゲットと目的を明確にし、メッセージに一貫性を持たせることから始め、その後プロジェクトにかける予算配分を動画のパフォーマンスを考慮しつつ調整していくことがポイントとなります。特に重要なのが、スタートとなる企画の立案とPDCAサイクルを熟慮した運用です。

企業向けの動画マーケティングサービスを専門とするプルークスでは、動画の企画から具体的な運用までを幅広くサポートしています。動画マーケティングの手法にお悩みの方は、多数の実績を誇るプルークスまで、ぜひ一度お問い合わせください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ