動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

社長のインタビュー動画で採用力UP? 想いが伝わる動画のメリットをご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

IT化が進んだことによって、情報発信の手法も多様化しました。中でも近年特に注目されているのが、動画を活用した情報発信です。テキストや画像とあわせて動画を取り入れるとことで、限られた時間でより多くの情報を伝えることが可能です。

情報発信の一環として、企業の採用活動でも動画が活用されています。中でも社長のインタビュー動画は、企業としての「想い」をわかりやすく伝えることができるため高い効果が期待できます。
そこで今回は、社長のインタビュー動画を導入するメリットや制作時のポイントなどをご紹介します。

 

社長のインタビュー動画を導入するメリットは?

社長のインタビュー動画を導入するメリットは?

動画で発信する情報の内容によって、導入による効果やメリットは異なります。ここでは、社長のインタビュー動画ならではのメリットをいくつかのポイントにわけてご紹介します。

企業のトップとしての想いをストレートに伝えることができる

ビジネスの分野にもよりますが、企業としての目標や方針、未来のビジョンなどを短いテキストや画像のみで伝えることは難しいです。無理にテキストや画像のみのコンテンツで企業をアピールしようとすると、膨大な量になってしまい理解するのに時間がかかるため、最後まで読んでもらえない可能性もあります。

動画であれば、短時間で多くの情報を視聴者に伝えることが可能です。映像や音によって視覚や聴覚に同時に訴えかけることができるため、短期間で情報を伝えることに適しています。そのため、組織のトップとしての熱意や想いをストレートに伝えることができます。

親しみやすさや個性をアピールできる

企業としてのブランディングにおいても、社長のインタビュー動画は効果的です。トップに立つ社長は、その企業の顔にあたるといっても過言ではありません。インタビューによって社長の人柄を見せることで、企業としてのイメージアップをはかることも可能です。

社長の顔が見えるということは視聴者へ「親しみやすさ」や「オープンなイメージ」を与えることができます。つまり社長のインタビュー動画は、企業のブランディングにおいて大きな課題となるイメージアップと視聴者・ユーザーとの信頼関係の両方に対して、効果が見込める手法と言えます。

就活生や志望者に対するアピール

業界を問わず人手不足が大きな問題となりつつある現代において、優秀な人材の採用は企業にとって重要な課題のひとつです。そこで社長のインタビュー動画を採用活動に活用すれば、企業が求める優秀な人材を集めやすくなります。なぜなら、経営のトップである社長が自身の言葉で会社の目指す方向や未来のビジョン、そして必要としている人材を説明することによって、志望者の共感を得やすくなるからです。

動画というとWeb媒体で展開することをイメージする方が多いかもしれませんが、社長のインタビュー動画は会社説明会などにも活用できるツールです。企業の規模によっては会社説明会に社長が出席できないというケースも少なくありません。そこで動画を活用することで、社長が出席できなくても直接志望者にメッセージを送ることができます。また動画を取り入れることで、担当者の話だけでは単調になってしまいがちな説明会にメリハリをつける効果も期待できます。

→採用動画のメリットについて詳しく知りたい方はこちらをクリック
採用動画の効果とは?特徴や制作にかかる費用から企業事例を徹底解説!

 

インタビュー動画の活用事例

すでに多くの企業が、インタビュー動画を活用しています。ここでは、実際の活用事例をピックアップしてご紹介します。

KDDI株式会社様の事例

KDDI 社長メッセージ(2020年度新卒採用)

こちらは通信大手のKDDI株式会社の2020年度の新卒採用動画です。全体の構成としては、企業の魅力をインタビュー形式で伝え、最後には志望者に対するメッセージを伝えるという形で終えています。

4分程度の短い動画ではありますが、テロップなどをうまく駆使してポイントをわかりやすく解説しており、多くの情報を伝えることに成功しています。

エクストリーム様の事例

エクストリーム様 採用インタビュー映像

こちらはオンラインゲームをはじめとした、あらゆるコンテンツ制作を行っているエクストリーム様のご依頼を受けて、プルークスが制作した採用インタビュー動画です。社長のみでなく社員のインタビューも取り入れることによって、最後まで視聴者を飽きさせないように工夫しました。

長尺の動画をそのまま使用するのではなく、細かいカットにわけることによってメッセージ性を高めている点もポイントです。

 

社長インタビュー動画制作のポイントとは?

社長インタビュー動画制作のポイントとは?

上記の通り、社長のインタビュー動画には多くのメリットがあります。とはいえ、具体的にどのように動画を制作すればいいのかわからないという方も多いようです。事実、動画の効果は構成によって大きく変わります。同じ時間の動画であっても、単調な展開や変わり映えのしないシーンの連続で視聴者を退屈させることもあれば、工夫次第では強く興味を惹くことも可能です。

そこで、ここではより高い効果を得るための、社長のインタビュー動画制作のポイントをご紹介します。

シナリオに沿った進行をつくる

インタビューといっても、社長へやみくもに投げかけた質問に回答してもらう、という構成では、企業のブランディングや就活生・志望者へのアピールといった効果は得られません。動画を制作する際は、目的に合わせてあらかじめシナリオをつくっておくことが重要です。例えば企業のブランディングが目的なのであれば、組織の強みや魅力をアピールできる質問と回答を用意しておく必要があります。

加えて、あらかじめシナリオを用意しておけくことで、動画制作をスムーズに進行できるというメリットもあります。早い段階でシナリオや内容に合わせた機材を準備しておけば、撮影中に焦ることがありません。撮影は、社長をはじめ、撮影に関わる多くの人のスケジュールを合わせて行いますので、無駄な撮り直しやリスケジュールなどが起こらないようにしましょう。

インタビュアーの重要性

インタビュアーにこだわることも重要なポイントです。主役はあくまでインタビューされる社長です。だからといって、インタビューをする側の人が誰でもいいわけではありません。シナリオに合わせてうまく進行しながら、社長や企業の魅力を引き出すためにはは、インタビュアーの役割です。

たとえシナリオがあっても、原稿をそのまま読むだけではわざとらしくなる可能性も考えられます。企業のトップである社長という立場であれば、ある程度人前で話をするのに慣れているかもしれません。しかし、インタビューとなれば話は別です。シナリオ通り、かつ自然に話が進むようにするためには「話を引き出す」側のインタビュアーにも、ある程度知識や経験があると安心です。

そもそも社長は忙しく、インタビュー動画に十分な時間を割くことができないというケースも多いでしょう。テンポよく進行するためにも、インタビュアー選びにはこだわることをおすすめします。とはいえ、社内のみで適任を選ぶのは難しいかもしれません。そこで、専門業者などに依頼するのがおすすめです。

プルークスには、企業のブランディングや採用動画制作の経験が豊富なディレクターも多数在籍しています。「インタビュアーの選び方がわからない」「効果的な構成づくりを知りたい」という方や企業様はぜひご相談ください。ご満足いただけるクオリティーの動画制作のお手伝いをいたします。

テロップやインサートカットなどの編集を駆使する

インタビューの様子をただ撮影するだけではなく、編集作業をすることでより内容の伝わりやすい動画に仕上がります。テロップやインサートカットなどを適切に挿入し、「特に伝えたい箇所」や「画のみではわかりづらい箇所」の内容がしっかりと伝わるように意識しましょう。

企業の想いが十分に伝わるよう、はじめから終わりまで視聴者を惹きつけるような編集を心がけることも重要です。単調なシーンが続いたり、逆に過度な編集が重なったりしないよう全体のメリハリをつけ、「視聴者を最後まで飽きさせない動画」を強くイメージして制作しましょう。

→採用動画の制作について詳しく知りたい方はこちらをクリック
採用動画の最適な構成は?目的を意識して動画をプランニングしよう

 

まとめ

まとめ

今回は、社長のインタビュー動画を使用するメリットや制作時のポイントについてご紹介しました。今日では、業種を問わずさまざまな企業が動画を活用した情報発信に取り組んでいます。中でも注目を集めているのが、前述したような社長インタビューを使った採用動画です。

プルークスでは先ほどご紹介した動画以外にも、これまで、社長インタビューを使った採用動画を数多く制作してきました。これから採用動画の導入を検討しているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

→採用動画について詳しく知りたい方はこちらをクリック
人事担当がオススメ!ためになる採用動画記事まとめ

→動画マーケティングのノウハウについて知りたい方はこちらから資料をご覧ください
採用動画ノウハウ

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ