動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

パーソナライズド動画とは? 気になるメリットや効果・活用方法をご紹介



このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット環境やスマートフォンなどのデジタル端末の普及によって、動画はますます身近な存在となりつつあります。そのため、今日では業種を問わず動画マーケティングが当たり前に行われるようになっており、中でも近年特に注目を集めているのがパーソナライズド動画です。今回は、パーソナライズド動画とは何か、導入するメリット・具体的な活用方法などについてご紹介します。

 

パーソナライズド動画とは? そのメリットは?

パーソナライズド動画とは? そのメリットは?

動画マーケティングが一般的なものとなったこともあり、パーソナライズド動画という言葉を耳にする機会は増えました。しかし、具体的にはどういった動画なのかわからないという方も多いようです。そこでここでは、パーソナライズド動画とはどういったものなのか、導入にはどんなメリットがあるのかをご紹介します。

→パーソナライズド動画の効果についてより詳しく知りたい方はこちらをクリック
ターゲティングして動画を配信するパーソナライズド動画。1人1人に特別な動画を届ける

パーソナライズド動画とは

パーソナライズド動画とは、それぞれのユーザーの興味や趣味嗜好、購買履歴をはじめとする情報などに沿った内容の動画広告を指します。各ユーザーの置かれている状況や環境に最適な内容で構成されているため、動画を視聴したユーザーは「自分のために作られた動画」という特別感を感じやすく、訴求効果がより高いとされています。

普通の広告であれば目につくことはなくても、ユーザー一人ひとりに合わせたパーソナライズド動画ならこそ強く関心を抱かせることができます。まさに、理想的な「One to Oneマーケティング」の形のひとつです。

パーソナライズド動画のメリットとは?

前述の概要と重なる部分もありますが、パーソナライズド動画にはいくつものメリットがあります。最初に挙げるのは、「ユーザーが興味を抱きやすい情報をピンポイントで提供できる」という点です。それぞれのユーザーの状況や好みを反映したコンテンツとなりますので、すべてのユーザーに同じ動画を提供するマーケティングよりも高い効果を見込めます。

DM(ダイレクトメッセージ)やメールよりもユーザーにより確実に届く

DMやメールなどを使ったマーケティングでもユーザーの好みや状況などを反映することが可能ですが、まずは開封してもらえなければ効果は得られません。それに対して、多くのユーザーが日常的に利用するWebサイトに埋め込まれる広告や、YouTubeなどの動画プラットフォームに挿入される動画広告であれば、ユーザーが能動的に行動を起こさなくても目に留まりやすくなります。さらに、パーソナライズド動画であればユーザーにより有益な情報を提供できるため、広告であることをあまり意識させず最後まで視聴してもらいやすくなるという点もメリットです。

ユーザーが特別感・利便性を感じる

見落としてしまいがちなメリットとして、ユーザーに「おもてなし感」を伝えやすいという点があります。前述したように、自分に必要な情報をピンポイントに提供してもらえると特別感を抱きます。さらに、動画によってはユーザーの会員ステータスやポイントといった情報を表示・反映することも可能ですので「便利な情報ツール」という一面もあります。そのため、一般的な広告よりもユーザーに受け入れられやすいといえます。

 

パーソナライズド動画導入のポイント

パーソナライズド動画導入のポイント

上記の通り、パーソナライズド動画は従来の動画マーケティングにはないメリットをいくつももっています。そのため、これから導入することを検討している方も多いはずです。
ここでは、パーソナライズド動画の導入ポイントをご紹介します。

各ユーザーに適切なメッセージを伝える

パーソナライズド動画の効果を最大限に活かすには、各ユーザーに対して適切なメッセージを伝えることが大切です。一人ひとりに対して異なるコンテンツを提供できたとしても、相手にとって適切なものでなければ意味がありません。

そこで、最初に求められるのが顧客管理です。「ユーザーが求めているものは何なのか」を正しく分析することを目的とした顧客管理を徹底することが重要です。

効果的なパーソナライズド動画提供のために必要な情報としては、自社サイトのどのページにアクセスしているのか、年齢層はどのくらいなのか、どの地域で暮らしているのか、これまでの購買履歴や検索履歴といったものがあります。

ユーザー別に適切なメッセージを伝える工夫をする

顧客管理によってユーザーの属性や趣向などを把握できた場合、続いてポイントとなるのが「どのようなメッセージをどこに差し込むのか」「ユーザーごとにどのようにコンテンツの内容を変えるのか」という点です。メッセージの差し込み方法としてはテキストや音声が挙げられますが、会員ステータスやポイントなど、ユーザー個別の情報を差し込むのであればテキストの方が差し込みやすいです。一方で音声は、パターン化しやすく文字数が少ないユーザーの名前や居住エリアなどを差し込む際に使われることが一般的です。

ユーザーにあわせてシナリオを分岐する

動画を制作する上で、シナリオは重要な要素となります。動画の種類にもよりますが、シナリオがしっかりしていなければ視聴者を惹き付けることはできません。とはいえ、ユーザー一人ひとりにまったく異なったシナリオを用意するのは現実的ではありません。

そこで、基本となるシナリオを組んだ上でユーザーに合わせて分岐させる必要があります。年齢層や性別などに合わせていくつかのシナリオの分岐を用意すれば、よりユーザー個々人への訴求力が高い動画を制作できます。

 

パーソナライズド動画のさらなる活用

パーソナライズド動画は導入するのみでなく、うまく活用していくことでさらに効果を高めることができます。意識すべきなのが、見込み客の育成です。見込み客の商品やサービスへの関心が高まった段階でパーソナライズド動画を視聴してもらうことができれば、ユーザーの購買意欲が高まりやすくなります。

顧客ロイヤリティの向上も、意識する必要があります。たとえば、パーソナライズド動画を用いることで既存ユーザーのリピート率の向上が期待できます。パーソナライズド動画は、営業支援のツールとしても活用できます。例えば実際に面談して営業を行う場合も、事前にパーソナライズド動画を準備しておけば、ユーザーや見込み客の求める情報を素早く提供できます。結果として、商品やサービスの理解促進につながり、購買意欲を引き出せるのです。

→パーソナライズド動画の制作、改善ポイントについて詳しく知りたい方はこちらをクリック
パーソナライズド動画でユーザーの尊厳的欲求を満たす!その事例や制作・改善ポイントを紹介

 

パーソナライズド動画の実例

ここでは、パーソナライズド動画の実例をご紹介します。これから導入を検討している方は参考にしてみてください。

チューリッヒ保険のパーソナライズド動画

チューリッヒ保険:自動車の事故解決までの流れをご案内する「パーソナライズド動画」

こちらは、大手保険会社であるチューリッヒ保険のパーソナライズド動画です。YouTubeを中心に展開されていて、自動車の事故から解決までの流れを紹介する動画となっています。この動画では最初からユーザーの名前を呼びかけることによって、特定の個人に向けた動画であることを打ち出しています。

普通なら飛ばしてしまう動画広告であっても、このように冒頭から呼びかけられると思わず続きが気になってしまうため、高い効果を期待できます。

 

まとめ

動画マーケティングの手法の中でも特に高い注目を集めているのが、パーソナライズド動画です。従来の動画マーケティングとは異なるOne to Oneマーケティングの手法です。

不特定多数に向けた従来のマーケティングと比較すると、ユーザー一人ひとりに対して強く発信したいメッセージを区分して伝えることができるため、より高いマーケティングやブランディング効果を期待することができます。

プルークスでは、各ユーザーにより強く訴えかけることができるパーソナライズド動画を制作いたします。これから導入を検討しているのであれば、ぜひ一度ご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ