動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

インフォグラフィック動画とは?特徴や作り方から活用事例まで解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを使った動画視聴が増えていることから、動画を使った情報紹介がますます重要になってきています。動画を用いた情報紹介の方法も近年様々な方法が増えてきており、その中の一つで注目されている手法に「インフォグラフィック動画」が存在します。

ここでは情報を短時間で効果的に紹介できるインフォグラフィック動画の特徴や、活用事例をご紹介していきます。

インフォグラフィック動画とは?

インフォグラフィック動画の実例をご紹介する前に、インフォグラフィック動画の意味や特徴を紹介します。

インフォグラフィックの特徴

インフォグラフィックとは、「info(情報)+graphic(画像)」という2つの単語を組み合わせた造語で、数値などのデータを視覚的に表現する方法のことです。グラフやイメージ画像は会議資料などでも効果的に使用されていますが、インフォグラフィックなら一目見て十分な情報を伝えることができます。実際にインフォグラフィックは主に電車の路線図などに使用されていますが、分かりやすく情報を伝えられるメリットを活用して広告のデザインとしても広く使用されています。

インフォグラフィック動画の特徴

前述でインフォグラフィックの説明をしましたが、数値などのデータを視覚的にわかりやすくしてあるインフォグラフィックを映像で表現している形になります。インフォグラフィックだけでも従来の資料などよりは十分わかりやすいのですが、そこに映像という要素を加えることでさらに視聴者の理解を深める効果があります。

インフォグラフィック動画のメリットの詳細はこの後説明しますが、視聴者に対してより理解を促進してほしい場合にインフォグラフィック動画は非常に有効です。

 

インフォグラフィック動画のメリット

前述の通り、インフォグラフィック動画はその名の通りインフォグラフィックの一種で、データを動画形式で紹介したものです。インフォグラフィックムービーやビデオグラフィックスなどと呼ばれることもあります。ここではインフォグラフィック動画のメリットを紹介していきます。

動画にすることでより多くの情報量を提供できる

動画で伝えられる情報量は、文章か静止画だけを使った場合の約5,000倍とされており、1分間の動画に換算すると、なんとWEBサイト3,600ページ相当です。そのため、情報量の多いデータであってもインフォグラフィック動画を活用すれば、簡単かつ短時間で直感的に理解してもらえます。近年スマホの普及により、多くの人々は今までよりも簡単に情報収集ができるようになりました。その一方で、世の中に情報が溢れるようになり、多くの情報からほしい情報を選定し、理解する作業が必要になり、わかりにくくまとめられている情報などは淘汰されるようになってきている側面があります。

人々に対して、正確に情報を伝えたい企業からするとそこのハードルを下げ、正確にかつわかりやすく情報を届けるという意味で非常にインフォグラフィック動画は有効です。

伝えたい印象を調整できる

インフォグラフィック動画は、BGMや特殊効果などの演出を加えることで、印象を大きく変えることができます。例えば、数字だけを羅列したデータは堅苦しい印象を与えがちですが、目に優しい色合いのグラフを使用して、柔らかなイメージで紹介したりスタイリッシュな演出で洗練された印象を与えたりすることも可能です。

届けたいターゲットによって受け入れやすい表現は変わってきます。ターゲットに対して狙い通りの印象を持ってもらう上で、動画を活用することは一定の効果を期待することができるのです。

拡散されやすい

インフォグラフィック動画はよりキャッチーでわかりやすい内容の場合、SNSにより拡散されやすい側面もあります。理由の一つには、ある人が知りたいと思っている情報がインフォグラフィック動画により簡潔にまとめられ、期待に応えられると、自身の考えを発信する上で活用しやすい素材となるためです。

 

インフォグラフィック動画の実践事例

次はインターネット上で公開されているインフォグラフィックを活用した動画をご紹介します。どういった工夫が施されているのか、さっそく見ていきましょう。

2017 zenken infographics movie

このインフォグラフィック動画では、英会話スクールの運営やITコンサルティングで知られる全研本社が作成した動画です。自社の成長戦略について、具体的な数値をあげながら紹介しています。日本へ入国する外国人の増加数や、日本の労働者人口の推移などのデータを紹介しながら、学びと働きの両面を通したビジネスモデルを提示しています。さらに公式サイトと同じ、爽やかなグリーンの配色を採用することで、企業カラーをさりげなく演出することにも成功しています。

インフォグラフィック動画:日本国について2014年データ

インフォグラフィック動画:日本国について2014年データ

こちらは、2014年度の日本の国勢データを紹介している動画です。土地面積や世界遺産登録数を示したデータに富士山、貿易に関するデータにはコンテナを積んだタンカーといったように、関連するイメージ画像を加えて、数値だけでは想像しづらい情報を誰にでも分かりやすく提示しています。さらに、手書きのような柔らかなフォントを使っていることもポイントです。想像しやすく楽しい表現によって、硬い印象になりがちな国勢データを親しみやすいイメージで伝えられています。

2019卒採用 インフォグラフィック

2019卒採用 インフォグラフィック

中古車販売で知られるビッグモーターが公開しているインフォグラフィック動画で、新卒採用に向けた情報を発信しています。強調したい数値やポイントを大きなロゴで表示することで、自社の強みを効果的にアピールしていることが特徴です。さらに数値を見せるだけではなく営業中の店舗の写真や店舗の広さを示したイメージ画像を加えることで、見ている人にとって企業のイメージが伝わりやすい動画に仕上がっています。

あるクルマの一生 -平均で見る日本の自動車

『あるクルマの一生 -平均で見る日本の自動車-』

こちらの動画は、ソニー損保が公開している自動車に関する統計データの紹介動画です。新車を購入する平均年齢や購入金額などのデータをある一台のクルマの一生に例え、ストーリー形式で紹介しています。多くの情報を紹介していますが、走り続けるクルマに感情移入させることで、飽きさせることなく最後まで視聴できるように工夫がされています。

インフォグラフィック動画の作り方のポイント

インフォグラフィック動画を作るときは、いくつかの注意すべきポイントがあります。先ほどご紹介した動画の活用事例も参考にして見ていきましょう。

1,目的とターゲットの整理

インフォグラフィック動画を制作するときにやることとしては、まず目的とターゲットを整理しましょう。「どのようなターゲットに対して、どのような情報を発信したいのか、その情報を発信したことで、視聴者にはどのような行動をとって欲しいのか」といったことを決めることがまずは必要です。

これらを整理しないまま施策を進めると、最終的にどのような効果があったのか分析することも難しいですし、次の施策に結びつけることも難しいです。また、目的やターゲットを明確にすることで、インフォグラフィック動画のコンテンツ内容や活用するグラフ、動画で与える印象なども効果を最大化することができます。

2.データの扱い方

インフォグラフィック動画を活用するためには、データの取捨選択が欠かせません。何を伝えるために、そのデータが必要なのか意識しながら収集しましょう。さらに動画にまとめるためには、取捨選択が必要です。多くの情報を詰め込むと理解しづらくなり視聴時間も長くなってしまうため、視聴者にとって不親切な動画になってしまいます。

そのため、インフォグラフィック動画は短い尺でまとめることが重要です。表示時間の長さにも気をつけながら、無駄なデータを詰め込みすぎないように注意しましょう。

3.視覚的なインパクト

動画を使うメリットは、視覚的なインパクトを与えられることです。グラフだけで内容が伝わるように、シンプルな構成を心掛け、なるべく文章による説明は短く、少なめにまとめます。次に情報の重要さにあわせて、目立つ位置から配置したり、大きく表示したりするなど、視聴者が優先順位をすぐに理解できるようにすることが重要です。

さらに、特殊効果を加えると目を引きつけることができますが、データを強調することが一番の目的であることを忘れてはいけません。数値の読み取りやすさを、常に意識しながら加えていきましょう。

4.視聴する環境

動画による広告は、視聴者にとって見やすいことが重要です。視聴者にとって見づらい動画だと、内容が優れていても、視聴されないままで終わってしまいます。そのため、作成する環境だけではなく、視聴環境にも気を配らなければいけません。

特に近年は、スマートフォンやタブレットで動画を視聴する人が増えていますが、PCの画面にあわせてインフォグラフィック動画を作成すると数値や文字が小さくて読めない可能性があります。インフォグラフィック動画を作成するときは、どの画面でも読み取りやすいように文字の大きさや太さにも気を配りましょう。

5.グラフは数種類使用

インフォグラフィックでは、分かりやすいグラフを選ぶことが重要です。しかし、分かりやすいからと言って同じ種類のグラフばかりを使っていると、見栄えがせず印象に残りにくい動画になってしまいます。

そのため、グラフの種類は、複数に分けて使用しましょう。特にインフォグラフィック動画では、動画としてのメリットを生かして、グラフの伸びる動きを加えると、見栄えがして飽きの来ない仕上がりにすることができます。

インフォグラフィック動画を活用しましょう。

インフォグラフィック動画は、文章では伝えにくい情報でも視覚的に伝えることができます。さらに他の方法ではとっつきにくいと感じる情報でも時系列やストーリーに乗せて伝えられるので、ひとつながりの情報として印象に残りやすくなります。

広報用の資料の作成など注目を集めたいデータを公開するときは、ぜひインフォグラフィック動画を活用しましょう。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ