動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

購買意欲を高める商品紹介動画を制作するポイントと事例紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい商品やサービスを販売する際の宣伝手段として多くの会社が行っているのが「商品紹介動画の制作」です。商品の魅力を的確に伝えたり認知度をアップさせたりしたい時は、動画のコンテンツが高い効果を発揮します。
また、ユーザーを引きつける魅力的な商品紹介動画は、購買意欲を高めることもできるでしょう。商品紹介動画を制作しようと考えている場合は、「視聴者を引きつける商品紹介動画制作のコツ」もしっかりおさえることが大切です。

良い商品紹介動画を制作するためには、自社商品を魅力的に見せるためのアイディアが必要です。今回、は様々な会社が制作した魅力的な商品紹介動画をいくつかご紹介するので、ぜひ、参考にしてください。

 

商品紹介動画の利用目的

商品紹介の動画を作成する前に、利用目的をしっかりと理解しておきましょう。そうすることで、動画制作をスムーズに行うことができます。

商品の魅力を的確に伝えるため

商品紹介動画は、映像や音楽を使って商品のイメージを伝えることができるため、商品の魅力を的確に視聴者へと届けることができます。また、大衆向けのテレビCMよりもターゲットを絞りやすく、「信頼」や「安心」といった良いイメージを届けるには非常に効果的です。

商品の認知度をアップさせるため

ストーリー性のある動画やインパクトのある動画の場合、視聴者の興味を引くことができるので、上手くいけば商品の認知度をアップさせることができます。新しく開発した商品や、売上に伸び悩んでいる商品で、活用することができるでしょう。

複雑な機能や仕組みをわかりやすく伝えるため

機能や仕組みが複雑な商品や無形商材も、表現方法が豊富な動画を利用すれば、わかりやすく伝えることができます。現代はモノづくりの技術が発達し、次々に新しい商品が作り出されるようになりました。
その商品の中には簡単に使用できる物から複雑な操作が必要な物までありますが、後者の場合、紙媒体で伝えようとすると膨大な数と量になります。
しかし、動画ならその分の情報量を短縮して、わかりやすく伝えることが可能です。

 

商品紹介動画で得られる3つの効果

商品紹介動画で得られる効果は、以下の3つです。これらの効果を引き出せるように工夫して動画を作ることが大切です。

1.商品の特性をよりわかりやすく伝えることができる

言葉や文章では伝えにくい商品の特性も、動画であればわかりやすく伝えることができます。使用者の目線で撮影を行えば、特性や機能をよりリアルに表現することができるでしょう。

2.視聴者の購買意欲を高めることができる

商品紹介動画に実際に使っているシーンを取り入れれば、視聴者に疑似体験をしてもらうことができます。また、その場合、視聴者のニーズとマッチしていれば、”買いたい”という購買意欲を高めることができるのです。

3.購入前と購入後の期待値のズレを防ぐことができる

商品の使用感や見た目、雰囲気などを動画で伝えることができます。そのため、視聴者の商品に対する理解を深めることが可能です。”購入前は魅力的な商品に見えたのに、買ってみたらそうでもなかった”という状況が防げるため、期待値のズレが起こらなくなります。

 

視聴者を引きつける商品紹介動画制作のポイント

購買意欲を高めるためには、視聴者の興味を引き立てるための工夫が必要です。何の工夫もなしに商品を紹介した動画には、あまり視聴者は興味を持たないでしょう。そこで、動画で視聴者を引きつける3つのポイントをご紹介します。

1.コンセプトを明確化し、届きやすい動画制作を心掛ける

動画制作をする上で、コンセプトの明確化はとても大切です。「誰に」「何を」「どう伝えるか」という内容が決まっていないと、誰に向けた動画なのかという軸がブレてしまい、誰にも響かない動画になってしまいます。
この商品を購入して欲しい、または、興味を持ってくれそうなターゲットの「性別」「年齢」「職業」などの設定をしっかりと定めた上で動画制作に取り組みましょう。

ターゲット層が決まったら、動画を制作する目的を固め、その目的を達成するために有効的な動画はどのような物なのかと考えていきます。このようにコンセプトを定めていくことで、より商品の魅力を表現することができる動画を制作することができます。

2.ストーリー仕立てで視聴者の興味を引く

視聴者に最後まで動画を見てもらうためには、ストーリー性を持たせることが大事です。先の展開が気になる内容の動画にすれば、自然と視聴者は最後まで動画を見てくれるでしょう。また、スキップされる確率が高い冒頭に、視聴者を引きつける演出を置く工夫も意識して行ってみましょう。

3.ロゴやタグラインで宣伝効果をもたらす

動画を最後まで見てくれた視聴者は、少なからず商品や会社に興味を持ってくれた方でしょう。そこで、動画の最後に会社のロゴや印象に残るフレーズを置いて、ブランドイメージや認知度を高める工夫を施しましょう。

 

魅力的な商品紹介動画一覧

ここまで、商品紹介動画の目的や効果、制作時におさえておきたいコツについてご説明しました。次は、様々な会社が制作した、魅力的な商品紹介動画をいくつかご紹介します。アッと驚くアイディアや動画作りの技術が詰まっているので、ぜひ、参考にしてください。

Sansanの名刺交換アプリ

文字だけではイメージしにくい、名刺交換アプリの便利な機能をわかりやすく表現した商品紹介動画です。動画の中ではセリフや文字の説明はなく、名刺交換時の動きを独創的に表現しており、視覚的にも楽しめます。実際にこの動画を公開した後にアプリのダウンロード数が大幅に上昇しており、高い効果を発揮しました。

出典元:Eight: Business Cards 

Dirt Devil-The Exorcist

ダークな雰囲気から始まるこちらの動画は、他にはない面白い発想で数十億円の広告効果を出した商品紹介動画です。「天井に張りついた少女」というホラーな演出を、掃除機の吸引力で表現するというアイディアは多くの人に笑いと驚きを与えました。

出典元:Dirt Devil-The Exorcist 

Nespresso

こちらはアメリカの有名な俳優ジョージ・クルーニーが出演しているコーヒーメーカーの商品紹介動画です。ストーリー性が高く動画の序盤からジョージ・クルーニーが屈強な男二人に連れ去られます。結末が気になる展開運びで視聴者を飽きさせない工夫が施されています。このようにストーリーがしっかりと作り込まれている紹介動画は、商品を前面に出してアピールしても視聴者を不快にさせることなく、最後まで興味を引きつけることができます。

出典元: Nespresso Change Nothing 

Scene

写真アプリの紹介動画です。アニメーションで実際にアプリを使用している状況を表現しており、わかりやすくなっています。この動画を見た人が使ってみた時のイメージもしやすいように工夫されており、便利機能の紹介シーンを見た人は「このアプリを使ってみたい」と思うでしょう。また、動画の全体的な雰囲気もポップで明るく、写真アプリをよく利用する若い女性向けの動画コンセプトになっていることがわかります。

出展元 :Scene<シーン> ありそうでなかった、写真アプリ

 

視聴者の心を掴む商品紹介動画を作ろう

商品紹介動画は、今では視聴者の心を掴み、購買意欲を高めるために欠かせない方法となりました。画像や文章よりも表現力や拡散力があるため、魅力的な商品紹介動画を作ることができれば、会社のイメージアップや信頼感の獲得、高い広告効果を得ることができます。
しかし、視聴者の心を掴む動画を制作するためには、商品紹介動画が持つ効果や、動画を制作する際のポイントをおさえておく必要があります。

今後、自社の商品の魅力を動画で発信していきたいと考えている方は、今回ご紹介したポイントや事例を参考にしながら、動画制作に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ