動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

絶大な訴求力!アンビエント広告の魅力と海外のプロモーション5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミやSNSでも話題に!?アンビエント広告の概要やメリット、事例のご紹介

自社のブランドイメージや商品、サービスの訴求を行う手段のひとつに、「アンビエント広告」があります。アビエント広告は周囲の環境に溶け込むように工夫された広告のことで、多大なインパクトと意外性から海外を含めて多くのプロモーションに活用されています。今回は、口コミやSNSで話題になることが多いアンビエント広告の概要やメリット、話題になった事例をご紹介します。

 

話題性の塊「アンビエント広告」とは?

アンビエント(ambient)は「周囲の」「環境の」といった意味の言葉です。ここから派生し、アンビエント広告は「周囲の環境に溶け込んだ広告」を指します。ベンチや道路、エスカレーター、駅や公園などのように、もともと街中にあるものやスペースを広告として活用して通行人の注目を集めることを目的とします。例えばスイスのマクドナルドは、横断歩道の白線を黄色に塗ってマックフライポテトに見立てたアンビエント広告を期間限定で打ち出しました。実はこの時期、チューリッヒではお祭りが開催されており、店舗周辺の屋台にお客さんを奪われないようにするため、遊び心のある大胆な広告を展開したのです。

McDonald: Pedestrian crossing

引用:McDonald’s: Pedestrian crossing – Creative Criminals

また従来の広告媒体であっても、斬新で奇抜な使い方をしているものはアンビエント広告として扱われます。下記は、ドイツのレストランがプロモーションのために設置した街頭広告です。水槽の中に生きた魚を泳がせることで食材の新鮮さをアピールしており、かつ水槽の中に設置されたお皿とカトラリーがレストランを強く印象づけています。

バス待合所の広告に“生きた魚”を起用

引用:バス待合所の広告に“生きた魚”を起用 | AdGang

この他、動画を組み合わせてWebサイトに誘導するアンビエント広告が増えており、広告を目にしたユーザーによってSNSなどにも拡散されるようになっています。このようにアンビエント広告は、従来の広告媒体を使わずにプロモーションを行ったり、従来の広告を一風変わったものに仕上げたりと、工夫次第で多くの人の興味や関心を引きつける将来性のある広告といえるのです。

 

脅威の拡散力!アンビエント広告のメリット

アンビエント広告のメリットは主に、「展開する場所や媒体を問わない」「SNSなどで拡散されやすい」の2点です。

展開する場所や媒体を問わない

広告媒体ではないもの、スペースを広告として活用するアンビエント広告は展開する場所や媒体を選ばず、公園のベンチや住宅の壁、バスの車内、トイレなど、アイデア次第でどこでも広告になり得ます。日常的に目にしているものが広告になるため、目にする人に大きなインパクトを与えられる他、工夫次第では従来の広告よりも低予算でブランド、商品、サービスなどを強烈にアピールできます。

SNSなどで拡散されやすい

アンビエント広告はSNSなどで拡散されやすく、実際に生で広告を見ていない人にも商品やサービスの魅力を伝えることが可能です。普段見慣れたものから生まれる“あっ”と驚く意外性は、年齢や性別に関係なく見る人に驚きと感動を与え、また「共有したい」「教えてあげたい」という気持ちを喚起させるからです。特におしゃれでかっこいいもの、面白いアイデアを盛り込んだものは、口コミやSNSだけでなくメディアに掲載されたりする可能性もあります。その結果、より多くの人に周知できます。このように拡散力に優れたアンビエント広告は、費用対効果が期待できる広告のひとつともいえるのです。

 

秀逸なコラボ!デジタルサイネージ×アンビエント広告5選

上記でも述べたように、近年は動画を使ったアンビエント広告が増えています。その手段としては、「デジタルサイネージ」を使った広告が主流です。デジタルサイネージは店頭や屋外、公共機関などで利用されている情報発信メディアです。カメラやセンサーで周囲の情報を得て映像を変化させるため、その場の環境に合わせた情報を効果的に伝えられます。周囲の動きに合わせて表示する内容を変える広告は、見る人に新鮮な疑似体験を与えられるため、アビエント広告とも相性が抜群といえるのです。以下では、デジタルサイネージとアビエント広告を組み合わせた広告動画を5つご紹介します。

地下鉄の強風を活かした「Apotek」の広告

スウェーデンの美容ブランド「Apotek」が地下鉄に設置した広告です。デジタルサイネージには髪の長い女性が映し出されており、電車の振動をセンサーが感知すると女性の髪がまるで電車がホームに入ってきたときに起こる風で乱れたように見える仕組みになっています。地下鉄の環境をうまく利用し、「Apotekの製品なら風で乱れてもすぐにまとまる」「弾むような美しい髪を手に入れられる」ということをアピールしています。

Apotek: Make your hair come alive

バスの待ち時間を活用した「Walkers」の広告

イギリスのお菓子メーカー「Walkers」は、バス停にデジタルサイネージを搭載した自動販売機を設置し、新商品のサンプリング配布とツイートの拡散キャンペーンを行いました。デジタルサイネージに表示された男性が挨拶をしたり、追い払うような仕草をしたりとバスを待っている人に向けてアクションを起こすのですが、その映像はまるで本当にその場にいるかのようにリアル。

こちらを見て「ツイートしたら無料でお菓子をあげるよ」と書かれたメッセージカードを掲げる男性はお茶目で、見る人の動きに合わせて表示内容を変えるインタラクティブな映像は多くの人に驚きと楽しさを与えました。

Walkers Crisps put Gary Lineker inside a Twitter Vending Machine

エレベーターを恐怖の空間に変えた「LG」の広告

モニターやスマートフォンなどを取り扱う総合家電メーカー「LG」が、ディスプレイの鮮明で滑らかな画質をアピールするためにエレベーター内で実施した広告です。エレベーターの床に敷き詰められたディスプレイには実際の床の映像が映し出され、利用者が乗り込んでエレベーターが動き始めると次々と床が抜け落ちる映像に切り替わるという仕組みです。もちろん映像なので下に落ちることはありませんが、利用者のリアクションからは本物と信じてしまうほどにディスプレイの画質が良いことが伝わります。

So Real it’s Scary

AR技術を盛り込んだ「Pepsi」の広告

世界的飲料メーカー「Pepsi」が打ち出した、新商品「Pepsi Max」の広告です。「砂糖不使用なのに従来のペプシそのまま」という驚きの商品をPRするためにバス停を設置し、バス停側面のガラスに驚愕の映像が流れるドッキリを敢行しました。ガラスには隕石が落ちたり、UFOが飛来したり、トラがバス停に向かって突進したりする映像が流れ、居合わせた人はさまざまな反応を見せます。

リアルタイムの風景との違和感をなくすために、ガラスにあらかじめ撮影した周囲の映像を映し出すという徹底ぶり。ガラスの裏にはPepsi Maxの広告文が掲載されており、映像に驚いてバス停を飛び出した人がガラスの裏を見て商品PRだと気付くユニークな仕掛けになっています。

Unbelievable Bus Shelter | Pepsi Max. Unbelievable

映画CMと携帯電話を連動させた「Volkswagen」の広告

自動車メーカー「Volkswagen(フォルクスワーゲン)」が香港の映画館で行った啓蒙キャンペーンの広告動画です。携帯電話の使用による交通事故の発生を防ぐため、映画館で流れるCMを利用して注意を促しました。スクリーンには車内から見たフロントガラス越しの映像が流れており、一台の車が道路を走っています。タイミングを見計らい、キャンペーンの主催者が映画館内にいる観客に一斉メールを送信。メッセージを確認しようと観客が目線をスクリーンから外した瞬間、急ブレーキの音とともにスクリーン内の車が事故を起こします。

砕けたフロントガラスの映像を見て唖然とする観客に向けて、「運転中はよそ見をしないように」と注意喚起のメッセージが流れるという内容です。CMという従来の広告媒体を斬新な形で利用し、映画館のスクリーンと携帯電話の音を連動させて“ながら運転”の危険性を再認識させた画期的なプロモーションとなりました。

Volkswagen: Eyes on the road

デジタルサイネージについてはこちらの記事もご覧ください

デジタルサイネージの面白い事例10選!|プルークス動画アカデミー

 

日常生活に溶け込むアンビエント広告

アンビエント広告は見る人に大きなインパクトを与えられるため、商品やサービスの訴求、ブランドイメージの確率などに役立ちます。どのような広告を打ち出すかを考える際は、従来の機能を維持でき、かつユニークなアプローチができるPR方法を考えることが大切です。設置する場所や広告の展示方法によっては物理的なリスクが起きる危険もあるため、細心の注意を払いましょう。自社のブランドイメージ、商品、サービスの訴求方法にお悩みの方は、ぜひ上記を参考にしてみてください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ