動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

あのWebCMのタイポグラフィは?タイポグラフィが映えるWebCM7選

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画の出来栄えとしてタイポグラフィが大きな役割の一部を担っています。今回はそもそもタイポグラフィとか何かの解説と合わせて、具体的なWebCMを元にタイポグラフィがどのように活用されているのかを見ていきたいと思います。

 

タイポグラフィとは

デザイナーでないと聞き馴染みが薄いかもしれないタイポグラフィに関して、まずは説明していきたいと思います。タイポグラフィの役割としては大まかに以下の2つがあります。

・文字としての体裁を整えること
・文字をデザイン要素の一部とみなすこと

したがって、例え自分がデザイナーでなくともタイポグラフィを意識しており、例えばパワーポインントでプレゼンテーション資料を作成時の「文字の大きさ」や「文字の行間」「文字の色や太さ」などもタイポグラフィの一部です。

特にCMなどにおいては短い時間で情報をユーザーに伝達し、理解、そして行動を促進させることがポイントとなりますので、タイポグラフィは重要なファクターとなっています。今回はそんなタイポグラフィに関して実例をもとに解説をしていきたいと思います。

 

流行りのタイポグラフィを利用したWebCM

それでは、早速WebCMを実例としていくつか紹介をしていきたいと思います。中には既にみなさんが視聴したことがあるものがあるかもしれません。

PARCO

【3.16オープン編】変わる、はじまり。2019.3.16錦糸町PARCOグランドオープン – YouTube

動画自体はモンタージュ調で構成されており、PARCOの過去の姿を時間軸と合わせて演出するような内容となっています。また、時間軸の中で感じる「過去」と2019年という「現在」においても同じタイポグラフィで表現がなされているものの、違和感無く「古いけど、新しい」そんな印象を与えるような作りになっています。

JR東日本

【JR東日本】『さあ、いっしょに未来へ走りましょう。』篇(30秒) – YouTube

動画そのものが絵画のようであり、人の温かみを感じるとともに、そのデザイン性の高さに目をみはるものがあるのではないでしょうか。また、タイポグラフィの観点では動画内部は手書きのような表現を行い、最後の締めの部分では「企業」としてメッセージを押し出しているような使い分けを行なっています。

TOYOTA

【マークX】THANK YOU! MARK X – YouTube

タイポグラフィをメインとして動画を見せつつ、シネマインパクトのような動画を展開しています。また、疾走感のあるBGMとタイポグラフィの展開がマッチをしており、非常に見ていて心地が良いものとなっています。また、今回はMARK Xに関する動画であり、MARK Xそのものが持っているブランドやイメージをしっかりとタイポグラフィにも関連付けています。

トヨタ マークX | トヨタ自動車WEBサイト

ハワイ州観光局

ハワイ州観光局プロモーション「発見ハワイ」 – YouTube

こちらもモンタージュで動画が展開されており、タイポグラフィを中心に内容が展開されています。日本人にとって「ハワイと言えば…」というとたくさんのことが思いつくかと思いますが、動画内部でも「ハワイの魅力がたくさんある」ことをモンタージュで様々な見せ方をして押し出しているような内容になっています。

ボートレース平和島

ボートレース平和島オリジナル キネティック・タイポグラフィCM – YouTube

背景色が青でシンプルにタイポグラフィだけで表現がされており、あとはナレーションだけという非常に珍しいスタイルです。特徴的なポイントとしては、ナレーションの口調に合わせてタイポグラフィの色や出現する速度などが変化していることであり、会話がまさに視覚化されているような印象を受けます。

Apple

Appleのビッグニュースを108秒で ー Apple – YouTube

Appleの商品発表会を毎年楽しみにしている方も多いのでは無いでしょうか。この動画は商品発表会後に公開された動画であり、発表会を見た人はもちろん、見ることができなかった人に対してもまるでリアルタイムで見ているかのようなワクワク感があります。そのワクワク感はAppleの製品力はもちろんのこと、動画のタイポグラフィのテンポの良さが引き立てています。

LIXIL

【商品紹介】LIXIL様_LIXILフェンスAA紹介映像 on Vimeo

最後の実例としては、プルークスが製作したLIXILのフェンスAAという商品の紹介動画です。フェンスAAは木の本来の素材としての良さを活かした製品であり、「いかに素材感を伝えるか」という点において、タイポグラフィに関しても、まさに木目調のような形で表現をしています。商品そのものだけではなく、文字としても「木」のように見せることで、より商品の良さが伝わるような工夫をしている動画となっています。

 

動画マーケティングとタイポグラフィ

以上、いくつかの事例を元にタイポグラフィをいくつか見てきました。改めて、動画そのもののクオリティの一部としてタイポグラフィは大きな役割を果たしており、タイポグラフィの出来栄え次第で、ユーザーの理解度が大きく変わってしまうといっても過言ではありません。

一方で、タイポグラフィが重要だと分かったものの、実際にそれを動画へと落とし込むことは非常に難しい仕事です。プルークスでは過去様々な動画制作実績がありますので、動画制作の際にはぜひお気軽にご相談ください。

動画制作・映像制作なら株式会社プルークスへ

参考
site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ