動画制作・動画マーケティングで費用対効果をあげるノウハウや
事例をお届けするニュースメディア

電車内CM、トレインチャンネルのメリットとは?



このエントリーをはてなブックマークに追加

商品やサービスを紹介する媒体として、電車内CMを検討している企業の広告担当者もいるのではないでしょうか。電車内CMは、乗客に商品やサービスを認知してもらう手段として活用できます。マーケティング戦略として有効的に活用するためには、適切な活用方法やメリットを把握しておくことが大切です。

この記事では、電車内CMのメリットや種類、活用事例などを詳しく紹介します。

 

電車内CMのメリットとは?

まず、電車内CMを流すことでどのようなメリットがあるのか説明していきます。

スマホ検索などの行動につなげやすい

電車に乗っている人は、乗車中にスマホを利用していることが多いため、電車CMを視聴したことをきっかけとして検索などの行動につなげやすいといえます。また、なんとなく目に入った電車CMを最後まで見てしまうケースも多いのではないでしょうか。目に入った電車内CMを視聴して、興味が湧いた人はスマホがあればすぐに商品やサービスを検索することが可能です。

検索して商品やサービスの詳細を知ってもらうことで、購入につなげられます。

効率よく宣伝し認知度を高められる

電車内CMは、広告を掲載する路線を選ぶことができるため、ターゲットに合わせて効率よく宣伝をすることができます。例えば、英会話教室の宣伝をしたい場合は、英会話教室のある沿線やビジネスマンや大学生がよく利用する沿線に広告を配信する方法をとることができます。

また、通勤や通学において、ほぼ毎日電車を利用する人も多いため、継続的に電車CMを流すことで乗客の記憶にも残りやすくなるでしょう。

 

電車内CMの種類と特徴

電車内CMの種類と特徴

電車内CMといってもさまざまな種類があり、目的に合わせて使い分ける必要があります。そのため、種類とそれぞれの特徴を理解しておきましょう。今回は、主要な3種類の電車内CMと特徴をご紹介します。

トレインチャンネル

トレインチャンネルとは、首都圏のJR主要9路線のエリアで、電車内のドア上に表示されるCMのことです。トレインチャンネルは、通常の広告のほかにも天気予報やニュースなどのコンテンツと連動した設定もあるため、高い視聴率を期待できます。

例えば、天気予報が見たいと考えている人に対しても、コンテンツを連動させることで自然な形で商品やサービスを紹介することが可能です。トレインチャンネルは最大25分に1回、ロール形式で放映される形になります。

まど上チャンネル

まど上チャンネルとは、JR山手線E235系のまど上ポスター部分に設置されているCMのことです。まど上部分にはサイネージが3画面設置されており、3画面同じクリエイティブにしたり、3画面を利用して広告を連動させたりすることができます。3画面のサイネージを上手く活用することで高い視聴率を狙えます。

まど上チャンネルは最大20分に1回、ロール形式で放映されることが特徴です。

サイドチャンネル

サイドチャンネルとは、JR山手線E235系の車両の連結部分の上に設定された車両ビジョンで、視認性の高い媒体になります。トレインチャンネルなどは少し顔を見上げないといけない位置にありますが、サイドチャンネルは比較的目に触れやすい位置に設置されているといえます。

また、1週間1面終日貸し切りとなっており、他のコンテンツは放映されないため、乗客に認知されやすいことがメリットです。

 

電車内CMの予算と活用事例

電車内CMの予算と活用事例

電車内CMを流すにあたって気になるのはコストではないでしょうか。ここでは、電車内CMの予算と活用事例も合わせて紹介します。

予算

トレインチャンネルの予算は、路線によって異なりますが約20万円〜約400万円になります。1回の放映秒数は15秒です。まど上チャンネルの予算は、1週間で約120万円になります。放映秒数はトレインチャンネルと同じく15秒です。最後に、サイドチャンネルの予算は、1週間で約100万円になります。放映秒数は未定となり、申し込み内容によって異なります

活用事例

電車内CMの活用事例として、外務省の「鷹の爪団の行け!ODAマン」では、アニメーションで魅力的なキャラクターを採用しています。そのため、広告ではなくアニメを見ている感覚で視聴できることがポイントです。

ほかにも、「ODAマン」などといったキャラクター設定を明確にすることで、難解な内容もわかりやすく楽しく伝えています。また、4種類の動画を用意し、それぞれ異なったアプローチをして視聴者の興味を引く工夫をしています。

事例:【サービス紹介】「鷹の爪団の行け!ODAマン」

 

電車内CMは動画の質が鍵!効果の高い制作をしよう

電車内CMは、ターゲットに合わせて沿線も選べるため効率よく商品やサービスを紹介することができます。しかし、費用面においては比較的高い傾向にあるため、予算を考慮しておく必要があります。電車内CMでかかるコスト以上の結果を得るためにも、クオリティの高い動画を制作することも大切です。

動画の制作においては、是非プルークスにご相談ください。

site-like-box

この記事が気に入ったら
「いいね」しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ち資料

動画制作・動画マーケティングの基礎知識
詳しく見る
運営会社の動画マーケティングサービス資料
詳しく見る
導入事例インタビュー集 -vol.1-
詳しく見る
instagram広告運用ポイント
詳しく見る

運営会社提供サービス

動画制作・動画マーケティングに特化した(株)プルークスが運営

大企業からベンチャー企業まで動画制作・動画マーケティング支援企業「プルークス」が運営。過去1500本・500社以上もの動画制作・動画広告運用、などを通じて獲得した、成果の出るノウハウを公開しております。

この記事の後によく読まれている記事

ページトップへ